FC2ブログ

Category

2020.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @kerpanen: 日本の在来馬は小さくて役立たずだった説が未だに流布されている。が、それは戦国時代の武士が小柄だったので弱かった、と言うのと同じ。例え現存の在来馬で実証実験をしても、当時の頑強な軍馬とは根本的に違う。紅葉台木曽馬牧場では在来馬を当時の軍馬に倣って育て日…
05-28 10:03

木曽馬も西欧の体重600kgの馬よりは衝撃力は低いが 馬が暴れる事に依り人馬にダメージを与える例も多いと言う事なのかだが 武士の体力と言うのも 戦国期の板金的胴の背中は盛り上がっているが 背中に筋肉が多い事を此れは意味しているのかだが
05-28 10:06

https://t.co/D496yLcb1a >「なぜ、女性が1俵運べるか?」その秘密は、お米と伝統食中心の食生活にあるようです。この人たちが筋肉むきむきのマッチョではなく、体の芯が強いのだそうです。
05-28 10:12

>人力車夫を2人雇って3週間彼らの食生活を調査しました。肉類などの高タンパク・高脂質のいわゆる彼らの理想とする食事を摂らせながら体重80キロの人を乗せて、毎日40kmを走らせたところ、3日目で疲労が激しくなり、
05-28 10:13

>元の食事である米・大麦・イモ類・栗・百合根など(高炭水化物・低タンパク・低脂質)に戻して欲しいという事で普段通りの食事に戻すとまた元気に走れるようになるという結果がでました。
05-28 10:14

https://t.co/uJe8g3o0YC >おそらく、パプアニューギニア高地人の腸内では尿素分解細菌やアンモニア利用細菌により、アミノ酸の合成がなされ、これが永年の低タンパクへの適応として促進されているものと思われる。   此れと同様の菌が 戦国期の日本人にも有るのかどうかだが
05-28 10:41

https://t.co/n39LcA2abi >馬のスピードは見る見るうちにあがり、ふたりの距離はまたたく間に縮まった。次の瞬間、冷静に間合いを計っていたロバートは急に向きを変えた。その右手が鋭く空を切ったかと思うと、斧は騎士の脳天に突き刺さっていた。まさに必殺の一撃だった。
05-28 11:33

バノックバーンの戦いのロバート・ブルースの一騎打ちだと ブルースの斧は馬を全速で走らせて振るわれているのかだが 通常の剣をコートオブプレート等には馬の力を利用して叩きつけていたのかだが 斧・ハンマー・ファルシオン・フレイルは可也振っていた可能性も有るのかどうかだが
05-28 11:35

https://t.co/zrXWDVSBgH こうした形で 馬を走らせながら斧を振るっていたのかだが
05-28 11:41

装甲の無い雑魚歩兵や軽騎兵相手なら 通常の剣も馬の速度を生かしつつ振るっていたと言う事なのかだが 装甲の無い馬を狙う例も有ったのかだが
05-28 11:45

続きを読む

05/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

陶片から伊万里の流通を探る – 中南米からアフリカまで https://t.co/EmuMPLHCg0
05-27 09:36

https://t.co/t33HYdP7R1 >ある本の中に金生山の赤鉄鉱を使って鉄を造り、 刀を鍛錬し南宮大社(岐阜県不破郡垂井) に奉納されたことを知ったからです。  美濃刀のこの種の鉄鉱石利用率は 高いのかどうかだが
05-27 11:13

https://t.co/Gcv4xu9hRO >このころ金生山の東に広がる池田町や神戸町は、安八磨郡湯沐邑(ゆのむら)とよばれる大海人皇子の直轄領でした。短期間に 3000 人もの軍勢を整えられたのは、金生山の赤鉄鉱を用いて武器の製造や備蓄がなされていたからではないかというのです。
05-27 11:15

>さらに、金生山の山中からは多くの鉱滓が見つかっているのです。これが作られた時代は定かではありませんが、製鉄を行った形跡は確かに見られるのです。   戦国時代に此れが利用された形跡は 果たして有るのかだが 鉄鉱石はWW2時点でも 残っていたと言う事だろうか
05-27 11:17

https://t.co/DywKlY5fZH >製鉄原料の解明にあたり,試料として,金生山産の山砂鉄,金生山産の赤鉄鉱,室町時代末期の赤坂千手院の手による脇差(銘・濃州赤坂住千手院作)があります。これらの試料を蛍光X線分析やX線回析などの科学分析にかけることにより,
05-27 11:31

>赤坂千手院が使用していた製鉄原料が金生山産のものを使用していたのか,または,山砂鉄なのか赤鉄鉱なのかが解明する可能性があり,今後の分析結果に期待されます。この分析結果は見ないが 室町末期の赤坂住千手院の刀には 金生山の赤鉄鉱が可也利用されている可能性も有るのかだが
05-27 11:32

https://t.co/rMG3vTWD5X >所謂、関出身の初・二代の兼元は良質の赤鉄鋼を需めて赤坂の地へと出向して制作し、二代の後年、永正二十年頃に望郷の地である関へと来郷したとの説である。  此れが事実なら 兼元の刀は赤鉄鉱の比率が可也高い可能性も有るのかだが
05-27 12:12

https://t.co/kD8cnw360P >また、たたら製鉄において古来から砂鉄と並ぶ重要な原料である餅鉄を使用しています。この餅鉄は砂鉄よりも不純物が少なく良質ですが、硬く加工がしにくいのと鉄に精製することが難しいため現在では使用している刀工は数名のみです。
05-27 12:35

https://t.co/2HCsc46Lz3 餅鉄も東北に多いと言うなら 東北の刀は此れが多く含まれると言う事なのかだが
05-27 12:37

https://t.co/PBS74Cz4EG >たた ら製 鉄 で 造 っ た和鉄 は ,表面 が FeO や 黒 錆び (Fe304 ) で覆 わ れ る こ とで 錆び は ほ とん ど進行 しな い 。    砂鉄利用の鉄製品が錆難いと言うのも 日本で此れが多用された理由と言う可能性も有るのかだが
05-27 12:55

続きを読む

05/26のツイートまとめ 

boukenkyuu

この種の浸透勁は MMA等では利用されるのかだが https://t.co/M6w39bMBT5 WBC・IBF世界ライトヘビー級統一王者アルツール・ベテルビエフがワンインチパンチを放っているが 相手をロープ際に追い詰めての接近戦では有用なのかどうかだが https://t.co/FstjFsLADd
05-26 08:53

https://t.co/WbZKzyMOoM 左の平治物語絵巻・六波羅合戦巻の場面では 背後から奇襲を受けて緊急的に片手抜刀しているのかだが
05-26 11:15

こうした状況では短刀を素早く抜いた方が良いのかだが 一人に馬の尻繋を持たれているし この手を狙えないなら馬を急旋回させて手を離させるか 馬に後ろを蹴らせる或いは馬の頭を叩いて脱出等と言う例も有るのかだが https://t.co/nO9vxD9whx
05-26 11:26

此れも無理なら態と落馬して 2名に同時に攻撃されるのを避ける方向も有るのかだが
05-26 11:27

兜を掴まれている状況では 即座に鎧の隙間を攻撃される危険も有るだろうし もう一人も直ぐ攻撃して来るなら 落馬して逃げる以外選択肢は無い可能性も有るのかだが
05-26 11:32

平治物語絵巻・六波羅合戦では刀を抜かずにいきなり短刀で勝負しようとしている例も有るが 戦国期でも槍勝負が終わって乱戦に成った後は 刀では無くいきなり短刀・脇差で勝負した例も 組討が得意な者では有るのかどうかだが 通常は刀では勝てないと見た場合に 短刀組討は行われるのかだが
05-26 11:44

刀が折れたり落とされた場合に 短刀組討に移行する例も多いのかどうかだが
05-26 11:45

RT @shouseikan: 馬上で太刀を扱った時代は、片手が常識だったと思います。中子が反っている太刀が、残っているのは、その一つの証しだと思いますが。 https://t.co/5C6E3Dlpjm
05-26 11:58

https://t.co/kapVJxmqYz 刀を利用しての騎乗戦が描かれる平治物語絵巻・六波羅合戦巻では 馬上の刀は両手打が多いが 馬の速度を生かしての一撃離脱の場合は 片手打が基本と言う事なのかだが
05-26 12:03

RT @inuchochin: 正確には「江戸時代後期〜幕末明治に寝技が一部地方の他流試合で使われるようになるまで、寝技が無い方が普通だった」と思います。寝技の有無は流派というより地方だと思います。讃岐や山陽の流派だと幕末明治頃には比較的寝技的な技法があったみたいてすが、…
05-26 13:01

続きを読む

05/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/BHcMFbpTWd 此れは桃山期の物なのかだが 被弾した跡が修理されているとすると 試し撃ちの跡では無く実戦傷と言う事なのかだが
05-25 09:31

脇差 真剣 無銘 登録証付 全長40.5cm 鉄鞘 変わり拵え 菱角形鐔 鉄製柄 鮫革巻 反りが深い 武具 骨董品 刀装具 笄  https://t.co/mJT7FG4Yzy この鉄製の鞘は 刀を受ける事は考慮しているのかどうかだが
05-25 11:14

富田流の車だと 小太刀の鞘で刀を受けるが 鉄製の鞘で無いと大太刀を受けた場合 小太刀が折れる危険も有るのかだが https://t.co/CCvsci7qN0
05-25 11:41

鬼包丁的な小太刀なら 大太刀をまともに受けても折れない可能性は有るのかどうかだが
05-25 11:45

https://t.co/izssfh3yqz 二天記には富田勢源と佐々木小次郎が 小太刀と大太刀で稽古をしていたと有るが 木刀では無いとすると 小太刀は大太刀を受けられる厚い物が使われていたのかだが
05-25 11:53

RT @ikedanob: 「ファクターX」については、きょう配信したブロマガに書きました。自粛もマスクも関係なく、たぶん自然免疫に関係がある。 https://t.co/zU80b7E71V
05-25 13:41

MAAだと後ろ回し蹴りの後に 肘打ちが命中した例は有っただろうが 連続攻撃をしている例は余り無いと言う事なのかだが https://t.co/TC3XyZhyLd
05-25 13:46

https://t.co/fX82i30cnf 命中後に逆方向に回転して 裏拳を放つ様な例も有るのかだが
05-25 13:50

https://t.co/qmRZoY8abX 通常の回転蹴りの後に 回転肘打ちが入る例も有る訳だろうか
05-25 13:56

https://t.co/XtvEroEovM 回転肘打ちに対して 回転肘打ちでカウンターを出す様な例も有るのかだが
05-25 14:00

続きを読む

05/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @takahaki23: NY州の5/5新規感染者数2000人、10日間感染能力もつとすると2万人、同州人口2000万人だから、1/1000くらいにはなるはず。他の国の感染率とか考えると1/7500はありうる数字なのかも。やってきた地域と当時の当地の感染率を組み合わせ…
05-24 15:26

蟷螂手も 硬い部分を撃たなければ突き指の危険は低いのかだが 指を取られてやられた例は何処迄有るのかだが https://t.co/Y76D60ksQ0
05-24 17:26

動いている手足のツボを突くと成ると 可也訓練が必要と成ると言う事なのかだが
05-24 17:30

ガードは指を閉じて 指を取られぬ様に使い ツボを攻撃する瞬間だけ指を出すと言う方向も有るのかどうかだが
05-24 17:34

https://t.co/cseJVPC8xy >でも高手の蟷螂拳はやばいです。相手のツボを確実に突いてきますから本気でやり合ったら大怪我をする恐れがあります。実際には相手を怪我させるので人前では決して本気になることはないそうです。   訓練された者なら手足のツボ迄 正確に突くと言う事なのかだが
05-24 17:42