Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

12/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

Plated boots https://t.co/6zoz5ZsE61 モンゴルのこうした鉄小札の入るブーツも 鉄小札甲冑を着た指揮官兵だけの装備なのかだが 金や宋の兵は此れを装備したのかだが
12-04 11:32

Duplex bulletproof armour | Royal Armouries https://t.co/cq0323GVOH 佐竹義宣の30kgの二重胸甲は一枚板の西欧鎧より耐弾性は低い等と言う意見も有ったが 果たしてどうなのかだが
12-04 11:53

https://t.co/e9UkIGnaIt 左の様な物は忍者用の防弾着と言う意見も有るが 一般用の防弾着或いは攻城戦用に通常の具足の上に装備される 仕寄胴の可能性も有るのかだが
12-04 12:00

Italian anime cuirass mid-16th century and later https://t.co/tqzYGeyzjz グリフィスの黄金時代編の甲冑の様に タセットが胸甲の下から出ている様な鎧も現実に有る訳だろうが 数は余り無いのかだが
12-04 12:22

Lamellar helmet of the type Niederstotzingen https://t.co/YCyK8dNmJW ドイツにもモンゴル的な兜が伝わっており 日本にも此れは有るが こうした物は日本では対矢の為に鉄板を厚く出来ないと言う理由で 廃れたのかだが
12-04 14:39

Byzantine armors https://t.co/knzbMH12Nn この種のビザンチンのラメラー鎧には 札の間に隙間が有るのかだが
12-04 14:44

https://t.co/3SXCC8esdt https://t.co/vuXWeX8ROs この種のラメラー鎧は日本の本小札鎧と違い 札が二重でない部分が出来るし 大きさは雑魚兵の伊予札鎧程では無いとしてもこの部分に矢が命中すれば 薄い鉄板では致命傷共成り得るのかだが
12-04 14:55

https://t.co/vcVXVvcmQy 此れはナポレオン時代の攻城戦用甲冑の様だが ベルセルクの鷹の団の甲冑に肩部や胴部が似ているし 此れを参考として書かれたのかだが
12-04 15:09

伊予札です。 https://t.co/ymrub9HhhD 三目札型の伊予札等も関ヶ原以降には有るのかだが 前田利家の古そうな具足に此れが使われていると言う事は 通常の三目札の影響で 関ヶ原以前にも存在した可能性も有るのかだが
12-04 15:15

最後に勝てぬ者は所詮敗者だ等と有るが 最後の勝者等が存在せぬとすれば 事実上敗者しか存在せぬと言う事なのかどうかだが 最後の勝者が居ないと言う証明も ゲーデルの不完全性定理が有る故に無いと言う事だろうか
12-04 16:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9945-554b4e7e