Category

2017.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

11/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

三方ヶ原合戦時の1572年に既に仏胴は有ると書いたが 長篠合戦時の1575年では 桶側胴・仏胴は何処迄普及していたのかだが 雑魚兵から構造の単純な此れが装備された説も有るが 騎馬武者の装備率は果たしてどうなのかだが
11-04 11:24

https://t.co/4yDPcilZs2 左の続きだが https://t.co/0KkeEm0Lfh 長篠合戦時迄の真田信綱の仏胴も有る様だし 此れは本物の可能性も有るだろうが 此れは腹部は完全な一枚板では無いが 同時期に一枚板の物も存在した可能性も有るのかだが
11-04 11:29

江戸期の荷馬は小型化されていたと言うが 馬足軽の馬も同程度のサイズなのかだが 肩高130㎝は無いと言う事なのかだが
11-04 11:47

https://t.co/OloqQUOkaz 左の陣羽織は真田信綱の物では無いと言う事なのかだが 単純な構造であるから 長篠合戦時の物の可能性も有るのかだが
11-04 11:50

https://t.co/1HO6qO1hm7 左は江戸中期的なデザインにも見えるが 使用された跡が有ると言うから 関ヶ原等の実戦で使用された可能性も有るのかだが
11-04 12:24

https://t.co/0TTvgrqOdM この天正期の籠手の鉄板は薄いが固く弾性が有ると言うから 以前紹介した薄いトッパイ形兜の様に焼きが入っている可能性も有るのかだが
11-04 12:32

甲冑ブーム - 戦国情景 - Yahoo!ブログ https://t.co/RQxNZdCH1y 現代作の赤い牛頭形兜は https://t.co/ySIgDAMM0p 左の津軽屏風に有る似た牛頭形兜を模しているのかだが 此れは関ヶ原合戦に現実に有ったと言う事なのかだが
11-04 16:42

https://t.co/6vd2e6cbnq 左側の鎧の胴は 銀の上に透明な漆を塗った 銀白檀塗りと言う事なのかだが 良く見ると漆の下の銀や下の黒漆迄が露出しているが 銀では無く防錆用の錫を塗ったタイプも有る様だが 此れはどうなのかだが
11-04 16:47

https://t.co/4EfQlVNpUi 左恩続きだが 津軽屏風の牛頭形兜は https://t.co/Nxf5GqAGSt 左の牛頭形兜と ほぼ同一の物の可能性も有るのかだが 此れに似た獣等の巨大な頭の付いた兜も 実戦使用されていた可能性も有るのかだが
11-04 16:56

https://t.co/8dQLXNHOgH 左の続きだが https://t.co/tZQ2jPX2wY 左の鹿・熊・獅子・鬼・龍・天狗等の巨大な顔の付いた兜も 戦国期に実戦使用されていた可能性も有るのかだが 左より単純な形状の物だった可能性も有るのかだが
11-04 17:13

常山紀談では関が原合戦時 溜塗の桶側胴を島左近が装備していると言うが 現代剣道の胴で https://t.co/5opk3Bm3mS 左の溜塗の物が有るが この色で良いのかだが 黒漆の上に透明な漆(完全な透明では無く茶色が入るが)を 塗った物なのかだが
11-04 20:14

素掛威と言うのは登場時期は不明と言うが https://t.co/7V0HVl7aMr 左の永禄期の兜のシコロは素掛威であるし 1570年或いは1558年にも存在した可能性は有るのかだが 姉川合戦時には有ったと言う事なのかだが
11-04 22:01

永禄期(1558-1570年)の板金製の固定された傘シコロ(二枚型)が有る桃形兜・阿古陀形兜が有るが 此れは鉄板札の固定される桶側胴や仏胴が 同時期に存在した影響と言う可能性も有るのかだが 1558年に果たして有るのかだが
11-04 22:38

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9920-93b40a97