Category

2017.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/pGxuOL1Wpx 左の相馬義胤の具足は 只の朱塗りでは無い様に見えるが 銀白檀或いは金白檀塗なのかどうかだが
11-03 11:36

自分を倒しても長期的には平和等訪れず 逆に大戦争を招く可能性も有る言う相手に そんな事はどうでも良く 只お前が気に食わない或いは戦うに値する強い奴だから倒すと言う様な 主人公も居ただろうか
11-03 11:42

迦楼羅面等の変則な面頬は 江戸期の芸術作品であり 戦国期には無いと言う意見も有ったが 刀剣春秋 甲冑面もののふの仮装に 桃山期や室町期の 獅子口総面・翁面・皺面・大黒面・蓬莱総面・迦楼羅総面等が有るし こうした変則な面も 漫画の様に戦国期に有ったと言う事なのかだが
11-03 14:49

宮帯出版社 甲冑面 もののふの仮装 引用4 https://t.co/TO0raX0r1a 此れは室町期の獅子口総面だが こうした視界の悪そうな桃山・室町期の面は複数有るから 実戦使用されていた可能性も有るのかだが
11-03 14:53

永禄22年製等と言う彫り物の有る 鼻の有る烈勢面頬も有るが 永禄は22年迄は無いし 果たして本物なのかだが 永禄12年の間違いか 天正年間の間違いの可能性も有るのかだが
11-03 15:14

https://t.co/W7vTuknnfV https://t.co/fO7srLRXQi 左の二人武者絵・後三年合戦絵詞の恐らく歩兵の鎧の胸部には 大型の板金らしき物が有るが 騎馬武者はこうした物は装備したのかだが
11-03 16:14

https://t.co/fO7srLRXQi 左の後三年合戦絵詞の恐らく歩兵の鎧は 模本の胴部は一枚板的にも見えるが 原本ではどうなのかだが 一体的な板金だとすると此れが太平記に出てくる金胴の可能性も有るのかだが
11-03 16:33

●五枚胴●江戸時代●等身大●鎧兜甲冑武具具足の部品 https://t.co/iy4f7XQjmY 胴の下端部が伸びているのは 西欧甲冑の影響なのかだが こうした物は戦国期には有るのかだが
11-03 17:30

https://t.co/KwU4vuE3Qe 左の平治物語絵巻 信西巻の中央付近に 前半部しか無く草摺も無い鎧を装備している歩兵が居るが この鎧は腹当なのかどうかだが
11-03 18:54

宮帯出版社 甲冑面 もののふの仮装 引用32 https://t.co/vgRLaod5J7 此れは室町初期の総面と言うし 14-15世紀に有った可能性も有るのかだが 太平記時代には果たして有るのかだが
11-03 20:09

一度勝つ事等 永遠に勝ち続ける事以外勝利とは見做さぬ物にしてみれば 無に等しい事であると言う事なのかだが
11-03 20:27

宮帯出版社 甲冑面 もののふの仮装 引用33 https://t.co/cLa7t2fpHG 左の単純な隆武面は室町期の物と言うが 此れが14世紀から使用されていた可能性は有るのかだが
11-03 20:56

雄山閣 日本甲冑の基礎知識に拠れば 天正二年(1574年)に既に雪下胴(五枚胴)が存在している様だし 桶側胴も同時期に無いのかだが 元亀3年(1572年)の三方ヶ原合戦時に仏胴が存在すると有るから 桶側胴が此れより前に有る可能性も有るのかだが
11-03 22:09

https://t.co/AVQUknDUxB 左の続きだが https://t.co/jXiDMK14Bo 早ければ1558年に南蛮兜を模したかも知れぬ桃形兜が有るなら 同時期に南蛮胴を模した桶側胴や仏胴 或いは和製南蛮胴・南蛮兜迄が存在する可能性も有る訳だろうか
11-03 22:16

https://t.co/AVQUknDUxB 左の続きだが https://t.co/YfY7ZK6p2Q 左の1584年迄に有る龍造寺隆信の桶側胴も 同様の物が同時期に存在した可能性も有るのかだが
11-03 22:36

https://t.co/74RaERzTkC >国宝 辟邪絵 神虫  この虫はモンスター的だが 中国の同様の物を模した物なのかどうかだが
11-03 23:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9919-82860390