Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Nmh1mOM7iO ドレベルの潜水艇は 古代でも作れるのかだが 酸素発生装置は果たして 作れるのかどうかだが
03-11 08:21

古代エジプト絵画では リビアの人間は白く書かれているが リビアの緯度を考えると エジプト人と同程度の肌の色と言う可能性も有るだろうし エジプト人も可成り白い者が 大砂嵐の様に居たと言う事なのかだが 絵のエジプト人が皆赤い肌なのは 理想に過ぎないと言う事なのかだが
03-11 09:04

大砲が無い古代の様な状況でも フス派の戦車の様な物は無力化出来るのかだが 象を使うと言う手も有るだろうが 象が先に無力化される危険も有るのかだが https://t.co/m37Cl4Nsp4 左のダヴィンチの戦車の様な物で突入し パワーで崩す等と言うのは出来るのかだが
03-11 09:55

https://t.co/zfofFLgMVd レンズは古代エジプト時代から有るが 潜水艦に装備する潜望鏡は 1620年のドレベルの潜水艇には有ったのかどうかだが
03-11 11:30

異能生存体・旧劣等種をK’の様にクローン化等して大量生産 此れを大量にネクスタントにして キリコを総攻撃すれば 此れを倒せぬ迄も 手傷を負わせて可成り長期に渡って行動不能とは 出来るかも知れぬが
03-11 12:12

ATも真後ろは対ATライフルを遠距離でも貫通出来る可能性も有るのかだが 正面は相当に近距離では無いと 貫通しないのかだが 側面も至近距離とは言わぬ迄も 可成り接近しないと無理なのかだが
03-11 12:14

ワイズマン・マーティアルと ワイズマンと敵対している融機人の戦いと言うのも 作られ得るのかだが 主人公は旧劣等種・異能生存体の自分達の遺伝子を奪い キリコを攻撃する為に利用しようと言うマーティアルと戦うが 此れに融機人が正体を隠して協力と言う様な物も 有り得るのかだが
03-11 13:24

https://t.co/8dMCHHgvCC 左の続きだが 一番人格者等と思っていた味方が 実はそうでは無く 後で裏切ると言うのも 漫画等では良く有るが 主人公の側に付いていた者が同様の形で 後で融機人と言う事が発覚する前後に裏切ると言うのも 有り得るのかだが
03-11 13:28

【室町美術】武具 朱塗鉄地面頬 甲冑 具足 江戸期 希少 https://t.co/uChUHqbiM3 此れは下の歯列だけ何故か牙が有るが 何かデザイン上の意図は有るのかだが
03-11 14:12

【彩葉】 古き時代 蒔絵 金彩家紋入 薙刀 外装のみ 177cm hE3 https://t.co/3marsMSuOB 千段巻部だけ家紋の入る 薙刀の拵も有るのかだが
03-11 14:54

槍 無名 白鞘    短刀 縁頭 https://t.co/yPOUwUzTSn ケラ首に赤漆の有る 短穂槍迄有るのかだが
03-11 15:33

https://t.co/91fPbUu0t1 左の続きだが メロウリンクや漫画CRIMSON EYESで 其の様な裏切りが有っただろうが そう言う敵に対して味方の者が TV版での終盤のキリコの様に融機人側に付いたと見せ掛け 後で報復も兼ねて 裏切ると言うのも有り得るだろうか
03-11 16:16

武具? 薙刀? 越前織田村 植坂善兵衛・・・ 古物 古民具? https://t.co/HAldO2d5oe 此れは果たして 薙刀なのかだが 実戦を想定した物では 恐らく無いだろうか
03-11 16:32

精神エネルギーで動く イデオンの様なロボット兵器が イデオンの様に全宇宙を破壊するが このエネルギーの一部が裸の特異点を通って 別の次元迄破壊すると言う様な可能性も有るのかだが
03-11 18:00

https://t.co/nAWhbH67ob 左の続きだが 味方が他次元に非難後 裸の特異点を事象の地平面内部に入れる等して封鎖 リミッターを解除した精神エネルギーを使用するロボットが 敵と共に宇宙を1つ破壊と言う方向も有るのかだが
03-11 18:19

古代や中世の兵が大量のハンググライダーの様な物で 敵本隊を急襲 敵の弓の射程外から火炎瓶や 弓を投射して 大将を討ち取ると言う様な事は 何処迄可能なのかだが まともなハンググライダーが出来たのは 可成り最近の事の様だが
03-11 19:25

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9695-b9fdf0ce