Category

2017.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

古代ローマの記録抹殺刑は全てのローマ人に及んだと言うが 元老院への反逆の罪等で 一族が皆殺しと成り記録を抹殺された例等と言うのは 有るのかだが
03-07 08:44

https://t.co/9Bh19IIisp ギリシャのアルテミス神殿に放火した市民 ヘロストラトスは記録抹殺系に処されたが 彼の名前を口にした市民迄死刑とされたと言うが 同様の例は他に有るのかどうかだが 此れを記録した同時代の歴史家は 何故か死刑に成っていない訳だが
03-07 09:17

敵の悪魔的なロボットより 更に残虐な力で此れに勝利した等とは 一般には発表し難いと言う面も有るだろうから 此れに敗北していた慈悲や友愛等の力で動く神の様なロボットが 公式には勝利した等とされる可能性も有るのかだが 似た様な話は有っただろうか
03-07 10:48

他の宇宙のビッグフリーズから この宇宙に逃げてくる知的生物も居るかも知れぬが 彼等がこの宇宙の者と争う可能性は 彼等の規模が大きければ高まると言う事なのかだが 極めて同時多数にそうした勢力が 複数この宇宙に逃げて来たら 住む場所を巡って全宇宙規模の戦争が起きる可能性も有るのかだが
03-07 11:32

進化した精神力で動くロボットは リミッターを解除した場合 イデオンの様に銀河系はおろか 銀河団レベルの物迄破壊し兼ねぬ物の可能性も有るなら リミッターを解除した此れは 銀河団の無いボイドで戦うと言う様な事も起こり得るのかだが
03-07 11:45

人は慈悲・友愛では 真の深層では繋がれず 残虐性のみが真の深層で繋がる事が出来る等と言う意見も有っただろうか 此れは科学的に正しいのかどうかだが
03-07 14:24

死んだ主人公が 科学技術等で 記憶を可成り失ったが蘇る等と言う話も良く有るだろうが 主人公は過去に生きている・過去に拘りの有る人間では無く 只人の殺し方さえ覚えていれば良い等と言う様な者なら 記憶が可成り消えたとしても 殺人技術の記憶が有れば 何共思わぬと言う可能性も有るのかだが
03-07 15:45

https://t.co/7Cnpx3ucJt 宇宙最大規模の銀河フィラメント・ヘルクレス座・かんむり座グレートウォールの中心部辺りが 宇宙最強の知的生物の根拠地である可能性も有るのかだが
03-07 17:34

https://t.co/YkGG6GMQ5t 左の続きだが 宇宙の正確な構造探査は未だ終わっておらず 大規模構造の正確な位置は不明と言う事なら 未だ此処に最強宇宙人が居るとは 名言出来ないと言う事だろうか
03-07 17:59

地球人市民の虐殺をして精神エネルギーを高揚させている 宇宙人等のパイロットに対して はしっこい雑魚共を一々潰すのも面倒等として そうした事には価値を感じない主人公と言うのも 良く居るだろうし 弱い者と戦うのはつまらないし面倒だと言う向きも 多い訳だろうか
03-07 18:41

https://t.co/EYm5HQjiuK 左の続きだが 主人公も自分が強敵と戦えない状況なら 目の前で地球人市民が大量虐殺されても 彼に取り雑魚である市民が 一方的にやられる所を見るのも退屈等して 寝ると言う様な物も有っただろうか
03-07 18:48

https://t.co/9rRmfkCMvz 左の続きだが ベルセルクのガッツも確か一話では 市民等の弱い雑魚が幾ら死んでも興味は無いと言う人格だったが 何故か此れは話を一般向けとする為か 変化している訳だろうか
03-07 18:55

https://t.co/4eRA15jRrf とは言え主人公も 地球人を守れと命令されれば 此れに反すれば精神力で動くロボットを取り上げられて 強敵と戦えなく成るから 仕方なく虐殺されている地球人を防護と言う様な物も 多い訳だろうか
03-07 19:14

敵を憎んでいるから捕虜を殺すのでは無く 只管理が面倒だと言う理由で 始末する者も現実に居るのかだが 敵を憎むにも値しない様な屑と見て 一々憎む事もしないが うるさいので戦うと言う様な向きも漫画等では多いのかだが
03-07 20:16

宇宙に妙な物ばかり作る 創造主をとんでも無い 底無しの変態等と言う主人公も居たかも知れぬが 変な物は悪魔が作ったと見る宗教者も居るだろうが 全てをそう見るのには 無理が有る可能性も有るのかだが
03-07 23:17

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9691-c32e4d6d