Category

2017.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

10/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

リゲルグもゲルググ・ゲルググJベースなら 登場時期は早かったのかどうかだが
10-04 09:24

ゲルググJベースの リゲルグをざっと書いたが ズサのブースターを装備し 一部の装甲が軽量化されている訳だが 肩部はリゲルグの物に ゲルググJに似たスラスターや ディテールを入れたが http://t.co/WOxYlUps2M
10-04 10:52

Gディフェンサーには コアブースターと同様に 恐らくジェネレーターは有るだろうが ズサのブースターには有るのかどうかだが
10-04 12:48

リゲルグの装甲は ガンダリウムでは無いが チタニウム・コンポジットであるし ゲルググJベースの物は元機体の装甲強化を考慮すると マシンガン程度は耐えられる可能性も有るのかだが
10-04 13:52

◆即決◆変わり袖◆ 等身大 鎧兜 甲冑 http://t.co/tlxcQsoykw この袖は 江戸期の物なのかだが
10-04 14:25

http://t.co/MljR587q74
10-04 16:29

具足を二重に着る 二領具足等と言われる者も居るが 草摺の位置の違う具足を装備して 雑兵物語で良く攻撃されると言う 草摺の隙間を鉄板札で防護と言う様な事は有り得たのかだが
10-04 18:39

http://t.co/RCDSQ3VltL >紺糸威当世具足  佩楯には妙に多数の紋(枝菊)が 入る訳だが
10-04 18:58

https://t.co/qw9vyDRH0H 左の続きだが 絵の様な位置に草摺の有る具足を 重ねて着れば 草摺の隙間は埋まるかも知れぬが 左の具足は草摺の位置が 違っていたかも知れぬが http://t.co/B0jJTvYW20
10-04 19:06

左の腹巻の 草摺の配置は現実に有る様だし 緑色の部分は装備されない例も有るが 此れを胴丸形式の胴の下に装備すれば 草摺の隙間は埋まるかも知れぬが http://t.co/HBWkspc6m8
10-04 20:57

右の大鎧の草摺の隙間を 下に装備する左の腹巻・胴丸の草摺で埋める事は可能かも知れぬし 太平記に鎧を重ねて着ている者も出ているが こうした構成には成って居たのかどうかだが http://t.co/hkatymFChr
10-04 21:06

http://t.co/5Bool486ao >武蔵守高師直の家来、野木与一兵衛入道頼玄と言う、 胴丸の鎧の上から伏縄目威し(斜線文様や波形に染めた革で威したもの)の大鎧をぴっちりと身に付け、  等と有るから 胴丸の上に大鎧を装備していたのかだが
10-04 21:30

https://t.co/iNQVoMVKJy 左の続きだが 鎌倉期の胴丸は 室町期に腹巻と呼ばれている物だから 草摺7-8間の 此れを装備し 結果草摺の隙間は埋まったと言う事なのかだが 草摺の隙間を埋める意図は有ったのかだが
10-04 21:32

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9544-cb0cb11e