FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

http://t.co/Nfm0Ooksrv >アメリカのM1840騎兵サーベルは"Old Wristbreaker"(古い手首破壊者)として悪名高い。 その中途半端の反りは馬の上で使えば片手持ちの突きに適さず、振り斬るの性能にもいまひとつ。戦闘の時よく使い手の手首を捻挫する。
05-29 07:51

https://t.co/aNF85iGEmZ 左の続きだが >その一方、中東、インドと一部の中央ヨーロッパの騎兵たちは反り強くの片手持ち曲刀使用していた。 馬上合戦用の日本太刀と同じように、それは馬の力使えての振り斬るに適するだから。
05-29 07:53

https://t.co/tmHOuUqN2F 左の続きだが 等と有るが打刀は走らせた馬の上で使用する物では無いと言う事だろうし 突きは動画を見ると問題は無い様にも見えるが 反りの大きい打刀出現前の太刀なら 走らせた馬の上でも斬る攻撃は可能と言う事だろうか
05-29 07:54

http://t.co/6BfULFrKxM 組討有りの脇差・短刀を使用する小具足術と言うのは 刀の扱いは小太刀術と比べてどうなのかだが 小具足術の組討は長い得物を使う物より 上と言う事なのかだが
05-29 07:56

初出ー不動明王迦楼羅焔前立ー甲冑具足鎧兜迦楼羅鳥 http://t.co/EdWwj1NJcL 不動明王の背後に有る 迦楼羅焔のみの前立等も有るのかだが 江戸期の物なのかどうかだが
05-29 09:32

http://t.co/9FtJbomKVP http://t.co/9FtJbomKVP 石突に家紋が有る様に見えるが 果たしてどうなのかだが
05-29 09:40

B03313 木製 銅製胴金 鉄製石突 黒塗千段太刀打 槍拵 柄 武具 http://t.co/TRJ6iagQdS 此れは槍印を付ける印付鐶が 通常と異なり 蕪巻の上部に有る様に見えるが
05-29 09:46

http://t.co/oCtEuabFRi 左の人が構えている大筒も 一貫目程度の物なのかどうかだが
05-29 10:13

http://t.co/J4Q7udLQMa >これは慶長15年(1610年)に製造された、日本で最長・最大の火縄銃で、世界一でもあると言われているもの。 >( 火縄銃の長さ 3m 重さ 135,75kg 玉の重さ 187,6g )
05-29 10:33

https://t.co/b4dEwodC8O 左の続きだが 此れは50匁筒だろうが 砲身が異様に長いと言う事だろうが 重量を考えると基本的に土俵に置いて使用したと言う事なのかだが
05-29 10:34

pixivに投稿しました 女騎馬武者(黒揚羽) デザイン画1 #pixiv http://t.co/RAd3FfDTsK 黒揚羽のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者をこちらにもULしたが 配色がやや 単調と成って居るだろうか
05-29 11:21

https://t.co/ng3dij6XzH https://t.co/BCOO6xfRA0 https://t.co/HUUlcTSBaq 上を見る限り打刀も両手・片手突きで手首を痛めている様には見えないが 果たしてどうなのかだが
05-29 12:17

http://t.co/Yge1ZXKNY2 >当身に用いられる部分は、頭(額、頭頂部、後頭部)、肩、肘、手、尻、腰、膝、足などである。後述するが、刃物ではない道具で当てることも当身と言った。   等と有るが 具足相手に此れが全て使われたのかどうかだが
05-29 14:10

http://t.co/QibuKougyJ>南北朝時代において、刀の刃をあえて傷つけ、のこぎりのようにしていた武士の話が残っています。刃に傷をつけると敵の鎧に引っかかり、衝撃が逃げにくくなるからです。  この様な事は何処迄行われたのかだが 薙刀や菊池槍ではどうなのだろうか
05-29 14:43

http://t.co/QibuKougyJ >大阪の陣では素肌武者(真っ裸ではなく、鎧を着てない者のこと)とよばれる連中が徳川秀忠を狙って突っこんできたところを剣豪である柳生宗矩が即座に七人まで斬って捨てたとあります。  この素肌武者と言うのは 装甲の無い足軽なのかどうかだが
05-29 14:44

http://t.co/UyPLFUtFZr >技術的特徴として、技は鎧組討で用いるための投げ技が中心である。  合戦図に投げ技が書かれている物は 何故か無い様に見えるが
05-29 15:50

敵騎馬武者の追撃或いは騎馬での逃走時には戦国期でも 内藤正成の様な騎乗弓は有用かも知れぬが 大概は連射困難な馬上筒しか装備は無いと言う事なのかだが
05-29 17:33

http://t.co/FuvdN8W9uK >内藤 正成 「金ヶ崎の戦い」 ではしんがりを務め、なんと3本の矢で、敵兵6人を射倒している。 弓の腕前を試すべく、楯を持って出てきた敵兵を、四十軒(約70メートル)離れた場所から楯ごと射抜いたという逸話もある。
05-29 17:58

https://t.co/y6RqeYQW2D 左の続きだが 6匁筒でも70mで垣盾を貫通は出来るのかだが 源為朝と比べ腕力はどうなのかだが
05-29 18:01

強弓でもベーカーライフルの様に500m先の敵を狙撃するのは困難だろうが 火縄銃では200m程度の狙撃が限界かも知れぬが 此れは弓と比べどうなのかだが
05-29 18:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9421-a28a6431