Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

http://t.co/qStN7ZBpEQ 板額御前も吾妻鑑だと腹巻を着ている描写が有るが 此れは高位の騎馬武者が装備している物では無いから 大鎧を装備していた可能性も有るのかだが
05-28 13:02

https://t.co/T1X8Y7Scxh 左の続きだが 板額御前も188cm有ると言う記述も有るが そうで無いとすると 体力的な問題で 軽量な腹巻を選んだ可能性も有るのかだが
05-28 13:29

黒揚羽のデザインを入れた 戦国時代の女騎馬武者をやや書き直したが 馬鎧の上に装備する虎皮をマルタタイガーの物としたが 此れは灰色のタイプだが 青とは別に存在するのかどうかだが http://t.co/LqgOD3ZWB4
05-28 13:41

総螺鈿散し槍の長柄 長槍 本歌 10尺 注:地域限定発送 http://t.co/endVqIYmxu 螺鈿が全面に有る 騎馬武者用の標準的な槍より長い 全長3mの槍の柄等も有るが 此れは実戦用では無いと言う事なのかだが
05-28 14:43

http://t.co/qh3OSgAKTW >900匁筒で口径85mm、総重量80kgという途轍もない大筒、銘「谷神」と名付けられたものが伝わっている。  此れは手持ちも可能と言う事なのかだが
05-28 18:07

https://t.co/ejfosiuKAp 左の続きだが https://t.co/kmhaesmUUm >関流一貫目大筒(口径8.5cm・全長140cm) 此れは手持ちも可能の様だが 重量は100kg有る可能性も有るのかだが
05-28 18:09

http://t.co/5HPibovW5q 左の大筒は 一貫目程度なのかどうかだが
05-28 18:31

http://t.co/JS7QOfJDXP >また原材料の違い(石火矢は銅、大筒は鉄)で比較的安価に製造できるが、鍛造技術の限界により大口径のものは製造できず、当時は一貫目が限界とされる。  芝辻砲は一貫目よりやや大きいが 手持ち大筒も此の程度が限界と言う事なのかだが
05-28 18:37

第十二回土浦藩関流古式砲術公開演武 https://t.co/nsfEDMzpOv 此れの一番最後に発射されたのが 900匁筒・谷神の可能性も有るだろうか
05-28 18:57

宇宙用ファッティーのカタパルトランチャーはストロングバックスの装甲では 恐らく止まらないだろうが 後に地上用ファッティーやチャビーが投入された後は此れのガトリング砲・マシンガンが防げる故にストロングバックスが投入された可能性は有るだろうが
05-28 20:17

ファッティーの装甲強化タイプは地上用ファッティーが出る以前にも 存在していたと言う事なのかだが
05-28 20:17

装甲100mmのストロングバックス等は存在しないと言う記述も有るが コクピットの正面の一部だけを100mmとした物なら 存在しないのかどうかだが 此れでもカタパルトランチャーやハンディーロケットガンは止まるのかどうかだが
05-28 20:20

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9420-f6b22ee7