Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

マクロス30だと大気圏内で 宇宙用スーパーパックを使用しているが 空気抵抗以上の推力は有ると言う事なのかだが
05-15 08:44

小田原征伐の際 騎馬武者比率の多い北条軍八万が 第二次ウィーン包囲の様に 騎馬武者で20万の豊臣軍に奇襲攻撃を掛ければ 勝算は有ったのかどうかだが
05-15 14:09

小田原征伐で 北条側に第二次ウィーン包囲時のフサリアが3000居たとしても 豊臣本隊への奇襲等は 山への布陣等を考えると 果たして可能だったのかどうかだが
05-15 14:25

http://t.co/vk62JmLimh >朝鮮侵攻で明の将軍が特に脅威を感じていたのは 鉄砲の輪番撃ちと騎馬突撃による遊撃ですよ >経略復国要編で、下手に深入りすれば鉄砲の輪番射撃と騎兵の遊撃で撤退も覚束なくなる とあったそうだよ
05-15 15:46

https://t.co/cwbdTa0xoK 左の続きだが 騎馬突撃による遊撃と言うのも 騎兵単体の突撃なのかどうかだが 撤退も覚束なくなると言うから 銃撃後明軍が敗走した後の 騎馬武者に依る乗馬追撃の事なのかも知れぬが
05-15 15:48

http://t.co/vk62JmLimh >常山紀談ではあるけど、加藤清正は騎馬武者に50cmほどの馬上筒を持たせ、 馬上で発泡してから槍を入れたとあるね   此れも追撃戦時の話なのか どうかだが
05-15 15:55

17世紀のパイク兵が サイズが必ずしも合わないパイクマン鎧を勝手に脱いだと言うのは 足軽胴と異なり腹を帯で締める訳には行かないから 肩に荷重が掛かった故の物の可能性も有るのかだが
05-15 15:58

http://t.co/2lz4vkqfyT >甲陽軍鑑品十四 丘陵地で開けていない長篠では騎兵隊を突撃為せ無かった、とある 要するに、それ以外の殆どの戦で騎馬突撃させてるって事だね   と有るが 乗馬突撃は敵が射撃で潰走した後の事の可能性も有るのかだが
05-15 16:16

長篠も射撃戦では信長軍が土塁で優位に立ち 部分的に此れに敗北したとしても地形の障害で 武田軍騎馬武者の追撃は困難だったと言う事なのかどうかだが
05-15 16:21

http://t.co/vk62JmLimh >甲陽軍鑑 「自分は小脇差で有利に戦ったという経験のある者は小脇差を好むし、 刀でしばしば勝負に勝った者は大刀を好むものだ。   と有るが 槍や刀に対して小脇差を主武器として戦った例も有ると言う事なのかどうかだが
05-15 16:49

備単位以下での敵の追撃は恐らく無いだろうが 後退時は士気が低下して居れば 備単位では必ずしも無いと言う事だろうか
05-15 17:03

http://t.co/vk62Jn2TKR >北条の岩付衆みたいに侍かき集めて備の半数が騎馬隊という強力な臨時編成部隊作ったり 長久手の徳川にすぐ援軍にいけるように足軽も馬に乗せた機動部隊作ったりした例はあるが   この種の部隊は 余り多くは無いと言う事なのかどうかだが
05-15 17:12

追撃は備の士大将が勝手に行える物なのかだろうし 総大将の判断を得る必要が 有ったと言う事なのかだが
05-15 17:15

http://t.co/2lz4vkqfyT >129.5 新田義貞の鎌倉攻め戦死者とともに出土した128頭の平均、大きいもので140cm   此れには駄馬或いは 下位の騎兵の馬も含まれている可能性も有るのかだが
05-15 17:51

http://t.co/XkWib6lf0I 此れも伊達政宗の具足なのかだが 左の籠手が総鎖なのは 槍を構えた際に前面に出るからなのかどうかだが 同様の構造の籠手は他に有るのかどうかだが
05-15 19:13

http://t.co/2lz4vkqfyT >名和弓雄氏が武蔵御嶽神社の赤糸威大鎧を調査したときの話書いてるが 背中側なんか全部鉄札で驚いたと   皮の方が矢に対する防御力は上かも知れぬが 母衣を使う事で 背面の矢に対する防御力を増していた可能性も有るのかだが
05-15 20:22

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9407-7f05b8ff