fc2ブログ

Category

2023.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

MS用火炎放射器は グフ戦術強攻型と マーチンハガーのザク2の物しか無いのかだが
03-24 07:42

http://t.co/sGyep6XoLy 工兵使用のザク2も 火炎放射器が装備されている訳だろうか
03-24 07:44

http://t.co/sGyep6XoLy 工兵使用ザク2の足に 線の様なマーキングが有るが 此れは迷彩なのかだが http://t.co/HaR941eMar 雨の様な縦線の有る歩兵用迷彩なら 現実に有る訳だろうか
03-24 08:15

日本の槍も小札鎧相手には鎧の上から突いていた可能性も有るのかだが 薄い足軽胴や騎馬武者の草摺・佩楯に対しても同様の可能性は無いのかだが 管槍や大身槍は騎馬武者の厚目の胸甲に対しても突いていた可能性も有るのかだが
03-24 09:39

http://t.co/YeC5JvBHyV 左の島津豊久の鎧には槍の跡が有るが 隙間を狙った物が外れた訳では無く 小札部分を狙って突いた物と言う事だろうか (丁番が無い所を見ると此れは最上胴では無く 小札を使用した胴丸である訳だろうか)
03-24 09:59

http://t.co/SIevgp3jId 左の槍の様に太刀打の長さが茎の2.5倍程度有る槍も有るが 太刀打の茎の無い部分の打撃力はどうなのかだが
03-24 10:07

●善●時代・鉄地黒漆塗鎖籠手・佩楯・二具 http://t.co/9DvnLA87Tx 裏籠手は下腕部の後部だけ 総鎖が有る見ないタイプだが 前部を総鎖とした方が防御力は向上しないのかだが 其の場合の動作性はどうなのかだが
03-24 10:19

PMCの兵・兵器も通常の軍で禁止されている 派手なパーソナルマーク等は 無い可能性も有るのかだが
03-24 10:55

http://t.co/JZaJDtN4AR デスメッセンジャーは小説では チェーンソーを使用した様だが 此れのイラストや模型作例は 有るのかどうかだが
03-24 11:14

http://t.co/DbhFYfFW7z 左の改造されたデスメッセンジャーのジオラマの地面には チェーンソーが有るが 此れは通常のデスメッセンジャーの物と同じ物なのかだが
03-24 11:40

砂漠仕様のスタンディングトータスを ざっと書いたが HRAT-30 ハンディロケットガンを手持ち装備とし アイアンマン2のショルダーキャンを一門装備 スタンディングトータス カルビン・ウォーカ機のガトリング砲も 左だけ装備したが http://t.co/EpPYJybK3z
03-24 14:21

https://t.co/S0KCnqBbrS 左の続きだが 格闘戦用兵装は 左腕はトロピカルサルタンの大型の腕に クローを装備した物 コサックドッグの斧 デスメッセンジャーに有るチェーンソーの小型化した物も 腕等に装備するが
03-24 14:23

https://t.co/I8Knyl0opN 左の続きだが 胸部にはトータスSTCの増加装甲を装備するが 塗装は本隊は虎縞迷彩だが 赤い部分は血をマーキングしているが 本物の血も茶色い部分には有ると言う事だが 赤い斑点はキルマークである訳だが
03-24 14:27

https://t.co/oIoaOqaPFA 左の続きだが 頭部に有るシャークマウスは 血が垂れている物だが この種のマーキングは何処かに有っただろうが 血の垂れている文字或いは数字も 入れるかも知れぬが
03-24 14:29

http://t.co/BANaAEjREW >HRAT-30 ハンディロケットガン トータス系ATの専用武装で、装弾数22発×2(1本の発射筒に2発装填されている)。  此れは公式設定なのかだが この様な構造だと基本的に発車時の反動は有ると言う事なのかだが
03-24 14:35

http://t.co/0GwajuLHax  小型運動エネルギーミサイル CKEMも 歩兵が単独で運ぶには重いかも知れぬが パワードスーツならどうなのかだが 今後出て来るミサイル防護システムを果たして 破れるのかどうかだが
03-24 16:33

スコープドッグレッドショルダーカスタムのミサイルやガトリング砲・ソリッドシューターは ターボカスタムの物とは違うが スコープドッグの正式強化パーツでは無い可能性も有るのかだが
03-24 21:50

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9355-b6ebe636