Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

▲▽額当 鉢金 鉄、革、布 江戸時代 9.5×19×8cm▲▽ http://t.co/Ufz2KiL7gP 布で包まれた 額当て等も有るのかだが
03-11 12:33

江戸期 甲冑 鎧 具足 二枚胴  http://t.co/bJWT16gCHr 此れの首部が凹んで居るのは 何故なのかだが
03-11 12:38

大幅値下げ骨董 槍(長さ18,7センチ)登録証付き http://t.co/kHL4n96L8l 樋が妙に下部に有る様に見える 槍の穂である訳だろうか
03-11 12:44

戦国期の本多忠勝が使用している様な 小札が固定されて居ない伊予札甲冑は鉄砲の防弾は考慮して居るのかだろうし 装甲の薄さと動作性を重視している可能性も有るのかだが 構造上足軽胴よりは動き易いが重量はやや重い可能性も有るのかだが
03-11 13:50

https://t.co/BhEbY81wJC 左の続きだが 伊予札より防御力の高い最上胴でも動作性は十分と言う事は無いのかどうかだが 胸取胴や段替胴でも動作性は十分な物は無いのかだが
03-11 13:52

プレートアーマー時代の騎士も動作性や軽量性を重視してか ブリガンダインを使用している例も有る様だが 16世紀に有る最上胴の様な構造の動作性の高いプレートアーマーを使用した方が 良かった言う事は無いのかだが
03-11 14:00

起倒流 http://t.co/4xIS7YjLpr >甲冑を実際に身に着けて行なう組討の形が五つあり、相手を組み敷き短刀で首を取る形や組み敷かれた時に短刀で反撃する方法の伝承もあった   組み敷かれた時に短刀で反撃と言うのは 西欧の甲冑柔術には無かったと言う事だっただろうか
03-11 15:51

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9342-2c50323d