Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

平三角槍 鞘付き 登録書不要 売り切り http://t.co/nVp8IjGAm2 樋の形状が他の槍とは やや異なる様だが
03-08 08:50

ダル重症だった…MRI検査で判明、最悪の場合は右肘手術も http://t.co/nVg6ZNg4Ce 藤川や和田もオープン戦で肘をやられているし 日本時代よりオープン戦前のトレーニングが 不足している故の可能性も有るのかだが 逆の可能性も有るのかだが
03-08 13:13

http://t.co/Hu4AtSUDYF 柳葉形の槍と言うのも 他に見ないが
03-08 13:46

http://t.co/f27iU04H4r 鳥舌形の槍の穂というのも他に見ないが 鏃形の槍の穂と言うのは 投げるタイプの槍に装備された物だっただろうか
03-08 13:48

http://t.co/IQpEW5eZ2f 枝の細い槍が多いが 強度はどうなのかだが
03-08 13:51

http://t.co/NKRpGyJIGx 毘沙門形槍の実物と言うのも 他に見ない訳だが
03-08 13:52

http://t.co/1ptSbug6Yh 枝が外せる 懸外十文字槍と言うのも がたつく等と言うし 実戦では使用されたのかだが 手違い十文字槍とは 幹と枝が直角に付いている槍と言うが http://t.co/k5bGBV1x2G 片桐且元が此れは 使用したのかどうかだが
03-08 14:57

http://t.co/WCq9TukxBS 穂の直下に鍵が装備出来る槍も有るのかだが 月鎌槍や雁股槍が実戦使用された例は 有るのかどうかだが
03-08 15:41

http://t.co/DnRihPH3Oq 下端が2つに割れている 百足樋も有るのかだが
03-08 15:43

http://t.co/rSVPHRcoH2 12も角が有るけら首や 異様に長いけら首も有るのかだが
03-08 15:45

http://t.co/jv9EemIQlc >大身槍 長船祐定 紀州徳川家に清正の槍として伝えられた。別に250cmの青貝螺鈿の柄が 付属している。  刃長が二尺四寸四分(約73cm)も有る此れを清正が使用したと言う説も有るが 果たしてどうなのかだが
03-08 15:59

大身槍と薙刀の使用率は 戦国時代末期では前者の方が多い可能性も有るのかだが 大身では無い十文字槍や鍵槍の方が 多かったのかどうかだが
03-08 16:26

砂漠用塗装の ジムスナイパーⅡを一部使用した ジムストライカーをざっと書いたが 武器はビルダーズパーツのシステムウェポンからの流用だが カラーは装甲強化型ジム・ジムスナイパーⅡ・レオパルト2A7+を参考としたが http://t.co/y9E57gIcpI
03-08 21:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9339-ff1ab481