Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

pixivに投稿しました 騎馬武者(大釘) デザイン画1 #pixiv http://t.co/zSwSxtNWSh 大釘のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を こちらにもULしたが
01-22 10:53

http://t.co/6tBhIJl4HF >真柄 直隆 >文献によると、体格は身長2メートルを超え、体重250キログラムに達したという[4]。  等と有るが 此れでは馬には 乗れたのかだが 輿に乗って移動した可能性も有るのかだが
01-22 13:22

http://t.co/6tBhIJl4HF >五尺三寸(約175センチ)もの太刀「太郎太刀」を振り回して戦ったという[2]。 此れは騎馬武者の槍に対抗出来る長さなのかだろうし 220cmの可能性も有るのかだが
01-22 13:24

http://t.co/sTJQcyE1zk >なお別の説では、七尺八寸 (約2メートル40センチ)と言うどこぞの「竜殺し」な太刀であったとも言われている。 等と有るが 刃長220cmでも 270cmの槍と同程度の間合いと言う事なのかだが
01-22 13:28

http://t.co/YpPQoSDl5S >足利義昭が朝倉義景を頼って一乗谷に来た際に、御前で二本の大太刀を軽々と持ち上げた上、頭上で十数回振り回したとされている。  とは言え戦場では大太刀の二刀流は して居たのかどうかだが
01-22 13:30

http://t.co/viZSXNvFsJ 左の太郎太刀と言う説も有る刃長221cmの大太刀も 騎馬武者の270cmの槍に対抗可能な長さかも知れぬし 実戦を想定した物である可能性も有る訳だろうか
01-22 13:41

http://t.co/YpPQoSDl5S >朝倉家の所領には昔から「越前長物」と呼ばれる大太刀の遣い手が多く養われており、真柄直隆もその指揮官の一人だったのではないでしょうか。  等と有るが 此れは歩兵では無く騎馬武者の精鋭部隊である可能性も有るのかだが
01-22 13:42

刃長175cmの大太刀も 槍の構え方に拠っては騎馬武者の270cmの槍に対抗可能かも知れぬが 戦国期の正しい構えと言うのは不明である訳だが
01-22 14:11

http://t.co/G13kNNqNj5 左を見ると槍も半分程度しか腕の前に出ていない訳だろうし 大太刀も135cm有れば2.7mの槍に対抗出来る可能性も有るのかだが 柄の持ち方や重量の問題で槍の速度に対抗出来ぬ可能性も有るのかだが
01-22 16:09

http://t.co/TkHMRf7S1b 左の黒田屏風を見ると 槍は半分よりやや多い程度 腕の前に出ている様な気もするが 此れは正しい構えなのかどうかだが
01-22 16:25

http://t.co/cPbLLljf1J 長谷堂合戦図屏風だと 槍は腕の前に半分程度 出ている物が多いが 金棒は腕の後ろに有る部分は可成り短いが 大太刀も同様の握りの可能性も有るのかだが
01-22 16:32

http://t.co/G13kNNqNj5 左に有る槍を可成り短く持つ構えも http://t.co/xT5MIe73ut ほぼ同様の物が黒田屏風に有るが 此れは多用されたのかどうかだが
01-22 16:42

http://t.co/rZt8uMH18X 17世紀の正忍記に 黒い忍者服の記述は一応有る様だが 形状は現在流布れている忍者服と 同様の物なのかどうかだが
01-22 18:08

http://t.co/WYiXmBVUMO ギャンの流体パルスアクセラレーターは フィールドモーターのマグネットコーティングに 対抗出来る程の物だったのかだが 流体パルスシステムはネオジオンMSでも使われていたと言う可能性も有る様だから 対抗可能だった可能性も有るのかだが
01-22 21:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9293-94c9b5d0