Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

忍者は鎖帷子を装備して居ない等と言う意見も有るが 格子鎖なら重量は4kgの足軽胴よりは 可成り軽減出来るのでは無いのかだが
01-04 07:44

鎌倉後期の春日権現験記絵では 行軍時の騎馬武者の兜を歩兵が被っているが 戦国期にはどうだったのかだが
01-04 08:06

西欧にも格子鎖に似た リングが4cm等と大きなリングメイルが有るが 此れは何処迄 使用されたのかだが
01-04 10:23

忍者も全身に格子鎖等は有るのかだが 此れより重量の有る忍具足は潜入用には 使用しなかったと言う事では無いのかだが
01-04 10:28

http://t.co/unhchilyT0 http://t.co/bqWo4y42E6 左の忍者用具足も 最大でも足軽胴程度の重量なのかだが カルタ金が多用されているのは 重量軽減と動作性を考慮した故と言う事なのかだが
01-04 10:34

忍者も戦場では馬に乗らなかったから 足軽胴程度の重量の忍具足を使用したと言う可能性も有るのかだが 戦場以外では忍具足では無く 軽い格子鎖の鎧等を使用していた可能性も有るのかだが
01-04 10:41

大日本絵画 日本甲冑史 引用51 http://t.co/s3369VWt6v 島原の乱図屏風では 満智羅を具足の上に着ていると有るが http://t.co/CW7dEYsK0H 左を見る限り此れは前が開いているから 短い陣羽織の可能性も有るのかだが
01-04 12:27

https://t.co/mTTE2Sh0hk 左の続きだが 島原の乱図屏風は19世紀の作であるから 戦国期に同様の物が有ったかは 不明である訳だろうか
01-04 12:31

対手裏剣の戦闘訓練を受けた忍者なら 矢を回避したり叩き落とす事も 可能なのかどうかだが 通常の武士も新田義貞等を見る限り 矢を落とす事はある程度は 可能なのかどうかだが
01-04 12:56

忍者も忍者刀の鞘が尖っているなら 二刀流もこなせたのかだが 苦無を使用した二刀流も 有るのかどうかだが
01-04 13:45

http://t.co/dKPJyOqsiW >それ以前は手裏剣と言うと一般的にも棒手裏剣を指し、特に忍者の武器というイメージは無かった。徳川慶喜など手裏剣の稽古をおこなっており、武士階級の武術である。 有名な『万川海集』にも手裏剣の記述は無い。
01-04 15:51

https://t.co/tqUpv8lYN5 左の続きだが とは言え武士等の手裏剣等の飛び道具に対抗する為の技術は 忍者は備えていた可能性も有る訳だろうし 忍者に手裏剣術は必須では無いが 此れを使える忍者も幾らかは居たと言う可能性も有る訳だろうか
01-04 15:52

http://t.co/BksUscgm5f http://t.co/soXxIA2k9e 忍者も左の様な忍び鎌の分銅で相手を拘束して倒すと言うのは 可能なのかどうかだが より大きな鎖鎌を使用する事も有る様だが 此れ等は何処迄携帯して居たのかだが
01-04 16:20

http://t.co/EuLsT5yQtH http://t.co/I5zYEGDDRe 北斎や国芳の忍者は直刀は装備していないが  刀の背面への装備や黒い服はリアルなのかどうかだが
01-04 16:48

http://t.co/daSKAnxUed 鎖帷子らしき物を着ている歌川国貞の忍者も有るが 実際此処迄全身に鎖は有ったのかだが 黒い忍者服の内側が赤いのは何故なのかだが
01-04 17:00

http://t.co/8Zdx1iHnXA 左の国貞の忍者の服の構造が良く分からないが 通常の服の下に 黒い忍者服が有るのかだが
01-04 17:07

黒服に刀を背負い 鎖帷子を着ている忍者のイメージは 明治に作られたのでは無く こうした絵が既に存在した幕末には 有ったと言う事なのかどうかだが
01-04 18:05

https://t.co/KD4qQehOZL 左の続きだが 手裏剣や忍者刀を使用する忍者と言うのは 明治以降の物と言う事なのかだが
01-04 18:15

https://t.co/OMYRGl92eA 太陽南極に発見された巨大な黒い「穴」 - 矢張り今年は何か起きそうだ(@w荒  http://t.co/IVqXCMLTUb 2013年にも更に巨大なコロナホールが生じたが 特段大きな影響は無かった訳だろうか
01-04 18:46

http://t.co/ag5vSuPVw9 >寛政期の甲賀古士らによる訴願により世間に広まった忍者像は、出版文化の高まりとともに独り歩きしてゆく。 読本には忍者が好まれ「児来也説話」の児来也、「列戦功記」の飛加藤、「絵本太閤記」の石川五右衛門などが有名[12]。
01-04 19:22

https://t.co/PdkdOZaxvm 左の続きだが 寛政期に甲賀武士が広めた忍者像は 正確な可能性は有るのかどうかだが
01-04 19:25

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9275-1026944a