Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

12/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

六間突盃形筋兜 http://t.co/j2S29xKMbA 後立は二ノ谷かも知れぬが 前立は何なのだろうか
12-21 07:53

http://t.co/tH25mZs6Nz 左に木製具足が有ったが 厚みは1cm程度なのかどうかだが
12-21 08:28

http://t.co/eWmeiwsskZ 上の腹に弾痕の有る佐竹義宣の具足の胴は30kg有る様だが 4kgの足軽胴が1.4mm程度の装甲なら 1cm以上の装甲が有る可能性も有るのかだが
12-21 13:05

佐竹義宣の30kgの胴も マスケット銃より威力が低い10匁短銃身士筒なら0距離付近でも止まった可能性は有るのかだが マスケット銃とほぼ同等のサイズの10匁狭間筒は 流石に防げるのかどうかだが
12-21 13:17

猪のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者をやや書き直したが 耳の脇立を装備したが 猪の耳に似た脇立は 今の所見ない訳だが http://t.co/1c84Q60K1B
12-21 13:21

http://t.co/jMc4hYxdIL 円盤状の札が多数付いた佩楯は 他に見ない訳だが
12-21 13:52

Kusarigama http://t.co/Spuiil0KYt http://t.co/lCZVGaO6V6 妙に槍部が長い鎖鎌だが 鎖鎌は現代作の物が 多いと言う事だっただろうか
12-21 14:47

Kusarigama http://t.co/nGy0VhGGuu http://t.co/jm9M4Pe7s8 鎌部に樋の入る鎖鎌等も有るのかだが 現代作の可能性は無いのかだが
12-21 14:51

IYOZANE 2 Iron Plates DOU GUSOKU Yoroi (armor) : EDO http://t.co/gdwCkYRLhl http://t.co/1slctkmKaC 甲懸は見ないタイプの 亀甲金と鎖が複合したタイプだが
12-21 15:29

https://t.co/TSESWfJmZQ 左の続きだが 脛当は家地が無く紐が固定されているから 最初から家地の無いタイプの可能性も有るのかだが
12-21 15:30

tanto w/ NBTHK Hozon signed munemitsu double blade  http://t.co/j7a79Ac7Hm 此れは両刃の短刀の様だが http://t.co/zSMDwN7mIc 室町中期から両刃の短刀は 作られていたと言う事だろうか
12-21 16:34

https://t.co/v0vsK26ENT 左の続きだが 両刃の短刀も脇差登場後は 廃れたと言う事なのかどうかだが
12-21 16:36

http://t.co/kXE98Wh2V3 米開発のパワードスーツ TALOSも 硬質に見える部分は装甲では無く 油圧式のフレームなのかだが 恐らくフレーム部分にも ライフル程度を防ぐ装甲は有るかも知れぬが リキッドアーマー同様に 同一箇所に多数被弾すれば 保つのかだが
12-21 18:25

草摺に弾痕の有る具足も有るが 此れは試し撃ちでは無く 相当遠距離の弾が命中したと言う事なのかどうかだが
12-21 19:07

http://t.co/hs9YHH3m8D >桐山信行が秀吉から頂戴したという《金瓢箪頭立蟹爪脇立六十二間星兜》  http://t.co/kh1ChNwGZL 秀吉から貰ったのは 左を見る限り瓢箪部分だけと言う可能性も有るのかだが 兜は形式からして 戦国期の物なのかだが
12-21 19:24

小星兜も 対弾性は高そうだが 10匁筒迄止まるのかどうかだが
12-21 19:30

亀甲金が多数付いた 亀甲帷子等も有るが 此れが籠手の脇に装備される例は 有るのかどうかだが
12-21 20:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9261-f446ade5