FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

足軽用火縄銃の工作精度は 徒武者・騎馬武者用の物より低いと言う事なのかだが
11-07 09:18

http://t.co/gzMm0YuW31 大阪冬の陣図屏風では土俵を防弾用に積んでいるが 西欧はこの時点で土嚢は有ったのかどうかだが 竹束も無いなら防弾能力は日本軍より基本的に劣るのかだが
11-07 09:51

https://t.co/QCbedzKdDh 左の続きだが ヴォーバンが発明した様な攻城戦用の塹壕(仕寄り道)も 大阪冬の陣図屏風では既に書かれている訳だろうか
11-07 09:52

通常の竹束も10匁筒では50mで貫通すると言うし 同サイズの西欧の銃も止まらないと言う事では無いのかだが 竹の内部に土や石を詰めた物等も存在していた訳だろうか
11-07 10:58

集英社 絵で知る日本史 引用43 http://t.co/dbqMkfCCxW 大阪冬の陣では 城壁の屋根の上からも 射撃をして居たのかだが 此れは狙撃されて可成り 損害を出した可能性も有るのかだが
11-07 11:38

http://t.co/eE8qSR8YT1 大阪冬の陣に投入された鉄盾も 上を見ると貫通している跡が有るが 10匁筒は防げたのかどうかだが http://t.co/iOYVRYOBRZ 車装備の巨大な鉄盾も有る様だが 此れなら10匁筒でも防げた可能性も有るのかだが
11-07 12:21

鉄盾も10匁筒では貫通する可能性も有るかも知れぬし 土俵を分厚くするか 竹束に土や石を入れる方が 実戦では有用だった可能性も有るのかだが
11-07 12:22

http://t.co/WOMg7LMfjH 欧の火縄銃と弾はほぼ同サイズの10匁の狭間筒も有るが 此れでも銃身は106cmと欧の銃の115cmよりは短い訳だろうか
11-07 12:58

http://t.co/fHCRI8SeAG 左の狭間筒は欧の火縄銃とほぼ同一口径の11匁で 全長が170cmも有るとすると 銃身は恐らく全長150cm・銃身115cmの西欧の火縄銃より可成り長いかも知れぬが
11-07 13:00

安宅船等の側面の盾板は 移乗白兵戦時には外せる様だが 此れは10匁筒は止まらないと言う事なのかだが 六匁筒も防げぬ可能性は無いのかだが 関船の盾板は装甲は薄い様だし 六匁筒は止まらない可能性も有るのかだが
11-07 13:13

http://t.co/xO71JCVJI8 >安宅船の盾板は厚さ6~10センチくらいあるぞ。 一般の安宅船でも、鉄砲弾を無力化させるくらいの防御力は十分あるって言ってるだろう。   等と有るが 5-10cmでは10匁筒では 50mでは貫通するのでは無いのかだが
11-07 13:19

http://t.co/xO71JCVJI8 >中世以来使われている対弓矢用の一般的な木盾の厚さでは それ、厚さ3センチくらいの奴だろう。  関船の盾板はこの程度かも知れぬし 六匁筒でも50mでは 貫通する可能性も有るのかだが
11-07 13:20

http://t.co/K3JbldCtL2 >安宅船は戦艦に相当する重厚・巨大な船で、厚さ三寸にも及ぶ堅牢な盾板=総矢倉で船体をぐるりと防御しており、浮かぶ城とも言うべき存在です。  安宅船の盾板も 基本的に三寸程度なのかだが
11-07 13:29

安宅船は兎も角 関船に10匁狭間筒等が 大量に搭載されていたのかどうかだが
11-07 13:30

十匁狭間筒は果たして関船は大量に搭載しているのかどうかだが 大筒を船首に装備している物も有る様だから 或いはだろうか
11-07 13:53

http://t.co/xO71JCVJI8 >徳川家御座船安宅丸は、厚さ一尺の盾板表面を厚さ3ミリの銅板を貼り装甲している。 この安宅丸について水戸光圀は「鉄砲いかほどあたりても船やぶる事なき也」『西山遺聞』 と評している。
11-07 13:55

https://t.co/LkzdpPbqAA 左の続きだが 10cmの盾板+3mmの銅板程度では 10匁筒の防弾効果は無いと言う事では無いのかだが
11-07 13:56

http://t.co/9TsSHgQBKG >この他にも、九鬼水軍が囲船(かこいぶね)に大量の竹束で船壁や屋根を覆って、軍船の防弾を高めるのに利用した[2]。   此れは大筒は防げないが 10匁筒程度は止まった可能性も有るのかだが
11-07 13:57

http://t.co/9TsSHgQBKG  >対大筒用の大型のもので長さ八尺(約240cm)・幅四尺(約120cm)程のものが使用された。  等と有るが幅120cmの竹束でも土や石を入れなければ 50m程度の10匁筒を止めるのが限界の可能性も有るのかだが
11-07 13:59

http://t.co/5frgNTBRt6 盾板の無い小早には 狭間筒は装備されて居るのかどうかだが http://t.co/USEyWfPmp4 左の小早には盾板は有るが 此れは正しいのかだが
11-07 14:12

http://t.co/USEyWfPmp4 >上原船は体当たり攻撃を行う構造を持っている。箱型の船首に、「衝角」とも言える鉄のバンバーがある。 等と有るから 一部の和船は 体当たり可能だったと言う事なのかだが
11-07 14:16

http://t.co/YdMzcXqgsE >「李忠武公全書」によると、亀甲船の構造は底板の長さ14.2m、舷板最下第一板20.6m、舳板上4.4m.頭の広さ3.6m、最上級第七板34.2、下の広さ3.2m、腰の広さ4.4m、高さ2.3m、尾の広さ3.2m、厚さ0.12mと
11-07 14:39

https://t.co/pkRItZNJ6Y 左の続きだが 亀甲船も盾板の厚さは12cm程度なら 10匁狭間筒では50m程度では貫通していたかも知れぬし 砲を精度の高い狭間筒でアウトレンジされていた可能性も有るのかだが
11-07 14:40

http://t.co/M1wyC37uEn >日本軍、小型船による快速包囲戦術を使用。 (艦艇を広く分散配置し、小型船で四周から包囲し、近接小銃射撃をする戦術。はじめて正面切った海戦で李舜臣に大きな被害を与えたことになる)
11-07 15:10

https://t.co/VmqiecXfJv 左の続きだが 此れは砲の射程外から10匁狭間筒を大量に射撃したのか 通常の六匁筒を近距離で射撃して盾板を貫通した可能性も有るのかだが
11-07 15:13

http://t.co/M1wyC37uEn >日本軍、松を使用した朝鮮式戦艦を生産、自軍に配備する。 (休戦期間を利用して、日本軍は大きく海軍力を高めた形になる。  等と有るが 松を使用しても竜骨は無いと言う事なのかどうかだが
11-07 15:14

http://t.co/M1wyC37uEn >李舜臣、碇を下ろして持久防御し、敵の撤退まで耐え抜く。 >(包囲して勝利を狙う日本軍に対し、李舜臣は徹底的な防御戦を展開。装甲船である亀船の防御力のため、日本軍は攻撃に失敗し、
11-07 15:16

https://t.co/t3zvPJRAhK … 左の続きだが 現実には関船の狭間筒等で 特段防弾装甲の無い亀甲船がダメージを受けていたと言う事は無いのかだろうし 日本側の方が大量の銃でダメージは与えたが潮の流れの問題で接近戦には移れなかった可能性も有るのかだが
11-07 15:23

来島通総は砲で果たしてやられたのかだが 鳴梁では盾板の薄い関船しか使用していないから 朝鮮側の火縄銃や 火矢でやられた可能性も有るのかだが
11-07 15:53

http://t.co/PbyKZOGI9c 十一面観音の何故か背後に http://t.co/VyQFXX8OLZ 左の大笑面が付いているのは どう言う理由でなのかだが
11-07 18:01

http://t.co/soZ8vQf24D >宝誌和尚立像  十一面観音を内部に含む様な像も 有る訳だろうか
11-07 18:19

明・朝鮮水軍の艦艇も 瞬発式火縄銃を全く装備して居ないのかだが 大型の狭間筒の様な物は 何処迄有ったのかだが
11-07 18:47

安宅船等の日本軍艦艇の砲は フランキ砲だけなのかだが 精度の問題で銃のアウトレンジは期待出来ず 近距離で散弾を高速連射する程度が 関の山と言う事は無いのかだが 明・朝鮮海軍もフランキ砲装備なら 同様の運用しか効果的では 無かった可能性も有るのかだが
11-07 18:51

陸戦でのフランキ砲の発射速度を利用しての 大量の散弾の発射も フランキ砲の装填速度が如何に高速としても 銃はアウトレンジ出来ず 地形を利用せねば備の高速な前進を阻むのは困難と言う事なのかどうかだが
11-07 18:53

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9218-6347e1b7