Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

11/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

日本の甲冑も当世具足出現直前の鎧では 漆が妙に厚くなるが 弓に対して漆は強いとい事だったかも知れぬが 練皮や鉄に比べてどうなのかだが
11-03 13:18

http://t.co/ypDxkEVmTq >名和氏は南蛮胴、仏胴、五枚胴、なら確実に弓矢は貫通せず槍も多分貫通しないと言ってます。  等と有るが 管槍では厳しいという事は無いのかだが
11-03 13:18

http://t.co/ypDxkEVmTq >日本の甲冑は西洋のそれよりも薄く鉄でも1mmあるかないかです。兜も2mmはありません。 30kgの仏胴も有るし 伊達政宗の胸甲は4mm有る様だが 兜も明珍で2mmの物は 有っただろうか
11-03 13:23

https://t.co/C7jDq2is6w 左の続きだが 漆の量が増えたのは 弓の威力向上と 関連が有る可能性も有るのかだが
11-03 13:34

https://t.co/mg5CsfMks1  左を見ると通常の小札の漆で30kgが止まる程度防御力が増していると有るが 南北朝時代以降の分厚い漆の有る盛上小札ではどうなのかだが 盛上小札も登場時期を考えると モンゴル軍の弓を止める為に開発された可能性も有るのかだが
11-03 15:25

モンゴル軍の皮鎧には漆が無い様に見えるが 明等の綿襖甲の内部の皮或いは鉄札には漆は有るのかどうかだが 小札鎧に関しても漆が無い様に見える銀や金の物も多い様に見えるが
11-03 15:26

当世具足では漆の下に布が有る物も多いが 防御力はどうなのかだが 漆の無い様に見える金色の具足も 漆の上に金が有る可能性も有るのかだが 鉄錆地の鎧は恐らく漆は無いだろうが 防御面に問題は出なかったのかどうかだが
11-03 16:58

現実には盛上小札でさえ 矢に貫通された遺物が 確か残っていると言う事だろうが 通常の弓にやられたのかどうかだが
11-03 17:34

http://t.co/NzOqYhMDId この様な金の馬鎧は 多用されたのかだが 護拳付きランスは 実戦用なのかどうかだが
11-03 18:15

http://t.co/FoxypkD3BM ランスは先が曲がっている所を見ると トーナメント用なのかだが 鹿角の兜飾りも 恐らくトーナメント用と言う事だろうか
11-03 18:24

http://t.co/d99jb9dNJQ デュエリングシールドにメイスと言う様な組み合わせも 有ったのかどうかだが
11-03 18:32

http://t.co/Ed0QrEPEnQ こうも上手く完全鎧の関節部を突けるのかどうかだが
11-03 18:37

http://t.co/Fqr8DDIn09 此れは実戦用の 鎌なのかどうかだが
11-03 19:05

http://t.co/hmVCsHcyvJ 古代ギリシャに同様の武器は有るが 中世ではどうなのかだが
11-03 19:06

http://t.co/yDpptMNsS1 こうした技は 卑怯とは見做されなかったのかどうかだが
11-03 19:14

http://t.co/p8E03aEvf9 西欧にも牛車は 有ると言う事なのかだが
11-03 19:23

https://t.co/Pf8LVu0v4N 一番手前の金の馬鎧は 見ないタイプだが
11-03 19:30

https://t.co/99arQTo8n3 見ないタイプの鎖主体の馬鎧が有るが 此れは鉄板も使われているのかだが 乗っている人間は何故か完全鎧は装備していないが 右の竜が乗っている馬鎧は 現実に存在したのかどうかだが
11-03 20:14

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9214-2fe76192