FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

10/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

馬の速度を利用した 両手持ちの大太刀や薙刀での斬撃は可能なのかだが 日本の鐙は立ち乗りが可能だから 此れを行ってもバランスは保てる可能性も有るのかだが
10-12 10:25

http://t.co/Ncu8KctA77モンゴルの鐙も立ち乗りが可能と言うが 此れを利用した薙刀等の長物の斬撃は有るのかだろうし 日本の鐙と比べどうなのかだが
10-12 10:30

http://t.co/36eV9pwesq >戦国時代の騎馬武者も当初は騎乗突撃をもって敵陣に突入していた様である。しかし足軽の増大と彼らが繰り出す対騎馬隊戦法により、 先ず西国から、後には全国的に馬から降りて徒歩で突撃する様になった。
10-12 11:15

https://t.co/EYyFXwd4LS 左の続きだが 蒙古襲来絵詞では歩兵を伴わぬ騎馬武者が密集突撃している様に見えるが 戦国時代には此れは廃れていた訳だろうか
10-12 11:16

http://t.co/zbKM3klH3c 手綱が2本有る 軽騎兵も居たのかだが
10-12 11:41

http://t.co/JR6oITHk9S ヌビア王シルコの馬の馬具は ローマの物なのかどうかだが
10-12 14:48

http://t.co/vV3xCssU4b >多々良浜の戦いでは道雪自ら陣頭に立って先に鉄砲八百挺を二隊に分けられ、自分が発案した「早込」(「早合」ともいう。1発分の火薬を詰めた竹筒の束を鉄砲隊の肩にかけさせる工夫)を用いて  1569年には早合は 有ったと言う事なのかだが
10-12 21:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9194-e3034fa8