Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

テルシオの場合銃兵や半分程度の槍兵には 胸甲は無いが 日本の貸具足の桶側胴の様にコートオブプレートの様な作りなら 全兵士に胸甲は 配備出来た可能性も有るのかだが
08-15 08:16

大砲が関ヶ原合戦では 使用されたと言うが 通常の野戦では 備は散開しているから 大砲は有効なのかだろうし 竹束等を備えた陣地を攻撃する為に 使用されたと言う事なのかどうかだが
08-15 09:18

散開した18-19世紀の兵に対しても ナポレオンの場合は 敵の中枢等に集中砲撃を加えて 撃破して居たと言う事だろうか
08-15 10:53

赤蟹のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を やや書き直したが 前立を http://t.co/M2hlqyRthV 左の物 脇立は http://t.co/fpBPvV4LRi 左の物とし 佩楯を伊予札素懸威の物としたが http://t.co/QXVyRF439e
08-15 11:11

http://t.co/6hQcy5ajnB 対大筒用の竹束も有る様だが 10匁筒は止まるのかも知れぬが 其れ以上はどうなのかだが 移動式の物は有るのかどうかだが
08-15 13:23

http://t.co/HNWXIaDX8B 左の木慢と言うのは 吊るした盾で矢を止めると言うが 防弾効果は有るのかだが 銃登場後には 廃れたと言う事なのかどうかだが
08-15 13:42

http://t.co/6hQcy5ajnB >竹束を記述した兵書として、竹中半兵衛著の『軍法極秘伝書』があり、魚鱗の陣形の如く、逆V字に立てられた形状の絵図も見られる。 『軍法極秘伝書』内に描かれる「車竹束(くるま - )」が車輪付き竹束である
08-15 14:07

https://t.co/O4JXAkpYrP 左の続きだが 軍法極秘伝書は http://t.co/FVTAKIbCom 左に有る様だし 車竹束も http://t.co/MHlJtF1Lul 左に有るが 狭間が上下二段有るのは 二階式の構造なのかどうかだが
08-15 14:10

http://t.co/dxSPKo1L47 >足利義晴が天文19年(1550年)2月に築城した中尾城は、鉄砲玉を防ぐ為に礫(こいし)を入れた白壁が塗られ[1]、  日本の城も妙に早い段階で 防弾が考えられて居たのかだが 後には石を入れずに 土壁を分厚くしたのかどうかだが
08-15 16:19

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9136-40924c0b