FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

腿部全周を覆う 宝童佩楯は http://t.co/4h1GHQLHjE 左の武田信玄の肖像画にも書かれているから 16世紀中盤辺り迄は 使われていたのかだが 銃の登場で此れは 廃れたと言う事なのかだが 末期には素懸縅の物も有ったのかだが
08-14 12:33

http://t.co/ZmQClnaUSk 前面だけの素懸威の宝童佩楯なら 左に有るが こうした物が出現した後 宝童佩楯は 完全に廃れたのかだが
08-14 12:54

http://t.co/EHxBJW5mib 見ないタイプの 袖の素懸威の配色だろうか
08-14 13:09

光芸出版 日本刀の彫物 引用1 http://t.co/EpZhmgdTVC  樋の内部に彫物の有る刀も 有る訳だろうか
08-14 15:36

光芸出版 日本刀の彫物 引用2 http://t.co/f0nyRRI3iy 棟部分に彫物の有る刀も有る様だが 幕末の物だろうし 戦国期に同様の物は有ったのかどうかだが
08-14 16:00

光芸出版 日本刀の彫物 引用3 http://t.co/li1nCiTMms  薙刀状の樋の中に 彫物の有る短刀も有る様だが 薙刀直し形式の打刀には 同様の物は有るのかどうかだが
08-14 16:34

光芸出版 日本刀の彫物 引用4  http://t.co/Zsftyl9Xfm 此れは鉄の籠手を斬り落としたと言う 籠手切正宗と言うが  http://t.co/s4fx3S83bc 左を見ると 籠手では無く 弓懸を斬ったと言う事なのかだが 妙に樋の幅の広い刀で有る訳だが
08-14 17:09

https://t.co/UvnDViU60E 左の続きだが 籠手切正宗は 元は1mの大太刀であるから 軽量化の為に 樋が大型化されて居たと言う可能性も有るのかだが
08-14 17:12

光芸出版 日本刀の彫物 引用5   http://t.co/uYN4CMylMh 松喰鶴は兎も角 羽根喰鶴の図柄と言うのは他に見ないが ペルシャや中国の紋に羽根を咥えた鳥が 書かれている物も有ったかも知れぬが 此れの影響は有るのかどうかだが
08-14 18:39

光芸出版 日本刀の彫物 引用6 http://t.co/GDWqX1Smvr 風神・雷神の彫物の入る 江戸期の脇差等も有るが 戦国期に同様の物は 有ったのかどうかだが
08-14 20:17

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9135-a01ee83c