FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

Z・ZZ時代のMSのセラミック装甲も ジェガン程では無いが 防御力は一年戦争の物より向上している可能性も有るのかだが
08-03 08:14

http://t.co/qiRFgj6Niu >当時の槍勝負が穂先による突きあいではなく、殴り合いだと気づいた武田家は槍の先端付近に木槌を取り付け、打撃の応酬を有利にし、槍兵の能力を底上げしました。   この槍の現物やイラストは見ないが 形式は不明と言う事なのか どうかだが
08-03 09:37

pixivに投稿しました 騎馬武者(金鯱) デザイン画1 #pixiv http://t.co/iSFqcO2g0t 金鯱のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を こちらにもULしたが
08-03 09:46

http://t.co/omEYhjrrF5 鶴の蒔絵の入った 江戸期の兜も有る様だが 具足には此れは 有るのかどうかだが
08-03 10:06

http://t.co/iUdhdCp0ET  https://t.co/IaVp1JyZuQ  模造刀では 黒いハバキが有るが 実物の刀では 今の所見ないが
08-03 11:51

燕のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を やや書き直したが 刀を追加したが 波紋は燕の尾や嘴を模してか 尖り刃 樋は二筋樋 ハバキは柿色仕上げの物だが http://t.co/EyoTCjVgAX
08-03 13:37

http://t.co/poSpr46qB8 >歴史的には、鎌倉期の元寇以降の日本刀は、それまでの華奢な体配ではなく豪壮な形状に発展変化しました。これは一説にはそれまでの太刀では蒙古軍の革胴を切れなかったからだとも言われています。
08-03 13:47

https://t.co/UYrg1cG5QA 左の続きだが >ところが質量を増やすと重くなりますから、それほど強度を下げないままで軽量化を図るために作られたのが樋(ひ)という溝だとされています。  等と有るが 古い刀でも革鎧は完全に斬れなかった訳では無い可能性も有るのかだが
08-03 13:49

https://t.co/XwHhEIATZF 左の続きだが 鉄札を使用して居ないモンゴル軍の革鎧を斬り易くする為に 太刀が幅広と成り 軽量化の為に樋が彫られたと言う事なのかだが
08-03 13:51

http://t.co/poSpr46qB8 鎌倉・南北朝・室町期の健全な日本刀というのは「え?」と思うくらいに重ねが厚いものです。甲冑着用時代の刀剣ですから、頑丈さが求められたため、9ミリ超くらいの厚みというのは当時の常識だったのでしょう。現在は6~7ミリ程度の厚みです。
08-03 13:59

https://t.co/GA3mXIet9I 左の続きだが 実戦期の刀に此処迄厚みが有るとは 知らなかったが 打撃力向上だけでは無く 革札の切断を狙っての物なのかだが
08-03 14:01

http://t.co/6yyNGaxzW1 >樋のある刀は一度曲げると曲がり直しが困難になる。樋の両側にあるチリと呼ばれる土手が歪んで直らなくなってしまうのだ。 刀も曲がった物を直す事は 行われて居なかった可能性も有るのかだが
08-03 14:14

pixivに投稿しました 騎馬武者(燕) デザイン画1 #pixiv http://t.co/fqANBLyCeb 燕のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を こちらにもULしたが
08-03 14:51

日ハム・大谷 日本人公式戦最速タイの161キロをマーク http://t.co/T9SSu7qVf4 大谷も投手専念ならチャップマンの169km/hは困難としても 165km/h程度なら出る可能性も有るのかだが
08-03 17:21

16世紀以降の西欧の新型要塞の城壁は 破城槌で崩せるのかどうかだが 官兵衛の亀甲車も 新型要塞に似て傾斜している日本の城の城壁は 崩す事は可能なのかだが
08-03 18:50

マケドニアの攻城兵器 ヘレポリスは高さは40m有るが 此れが投入されたロードスの城壁も 同程度の高さが有ったと言う事なのかだが
08-03 19:01

http://t.co/M9FIKFAVd7 攻城塔は紀元前11世紀には存在していたと言うが ヘレポリスの様なサイズの物は 存在して居たのかどうかだが
08-03 19:20

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9125-07774fdf