Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

http://t.co/UnJ6kbe82i 黒田官兵衛の具足が有るが 古頭形兜が使われていると言う事は http://t.co/wQ07EhaNdC 左の甲冑より 古いタイプの物なのかだが
08-02 09:28

http://t.co/a4LlJy1Iis  >一の谷形兜。竹中半兵衛所用の兜の写。  此れの眉庇は 見ない物だが 古頭型兜の系統なのかだが 半兵衛の兜だから やや古いと言う事なのかだが
08-02 10:48

http://t.co/uXubTy9zCA 此れも打眉が無いタイプの 古頭形兜である訳だろうか
08-02 10:56

兜画像 古頭形(こずなり) http://t.co/CXffYGzZ2p 此れは頭頂部が凹んでいるが 石でやられたと言う事なのかだが 木槌付きの槍が有ると言うから 此れでやられた可能性も有るのかだが
08-02 10:59

http://t.co/Psc24w62AK >如水の遺物(左) 長政の遺物(右)孝高は一ノ谷兜を被ったこともあるらしい   此れは見た事が無かったが 現在行方不明の様だが 長政の兜は吹き返しの巨大さを考えると 江戸期の物では無いのかだが 
08-02 11:12

http://t.co/Psc24w62AK >孝高の若い時は一般的な兜 壮年期には大水牛兜を着用していたと思われる   大水牛兜は今の所 所在不明と言う事なのか どうかだが
08-02 11:13

http://t.co/Psc24w62AK >大友義統の国崩しVS黒田孝高の陽流抱え大筒+亀甲車  抱え大砲は棒火矢を装備しているが 此れは慶長年間には有ったと言うが 関ヶ原時点では有ったのかどうかだが 慶長初期の 1596年には 有ったのかだが
08-02 11:23

棒火矢は中国のロケット兵器を参考としたと言うが 慶長の役で 明・朝鮮軍相手には使われたのかどうかだが 大鉄砲より精度は 低いのでは無いのかだが
08-02 11:27

http://t.co/1WUluK7opG  >「陽流抱え大筒」 「陽流」の流名は、藩主黒田如水公が使用していた鎧の紋章が太陽を模った「日輪紋」であったためこの流名がつけられました。  等と有るが この甲冑は現存しているのか どうかだが
08-02 11:32

http://t.co/UUz7SHdJf5 >鉄地革包半頬  革包の面頬も有るのかだが 三分割された垂は 戦国期には有ったのかどうかだが 
08-02 11:51

https://t.co/UUr8akqBUh 左の続きだが   http://t.co/5YMMNYm1as >官兵衛所用の甲冑で、兜の正面には前立て、左右には脇立てが付属していたと考えられています。  此れの脇立は 大水牛だった可能性も有るのかだが
08-02 12:02

http://t.co/Xtcg2KOsLd http://t.co/b9d03Rqrnf 黒田一成(黒田三左衛門)の 根来塗の大水牛脇立等も有るが 戦国期の物なのかどうかだが
08-02 12:11

金鯱のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を やや書き直したが 槍の石突を百足とし 刀を追加したが 波紋は先端が鯱に似ている物 此れの直下は牙を模してか尖り刃 更に下部は湾れ 地肌は波を模してか 綾杉肌である訳だが http://t.co/eYyTcPWNy8
08-02 18:26

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9124-da4645fa