Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

07/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

http://t.co/iJ4KXLJvL4 脇差にも大切先の物が有る様だが 大切先は先端が折れ易いと言う事は無いのかだが
07-29 07:49

http://t.co/yclCEN5JiY 武将用の高級長巻も有る様だが 槍には対抗可能なのかだろうし 刀を持つ徒武者や馬を叩く為の物の可能性も有るのかだが
07-29 08:04

南北朝時代の刀の大切先の流行は 装甲が完全鎧に近く成ったから 装甲の隙間等への突きを狙った故なのかどうかだが
07-29 09:22

http://t.co/QMEDEtBF9R 此れは妙に飛び焼きの多い 皆焼の刃紋だが
07-29 11:34

http://t.co/2hSgdEm0oD 皆焼の刃紋の入る槍等も有るが 実戦使用されたのは大半は 単純な刃紋では無いのかだが
07-29 11:42

松坂・和田・藤川が日本で投げ続けて居た場合は トミージョン手術等無かったと言う事では無いのかだが
07-29 11:51

星稜の奇跡!全米も驚いた!!「USA TODAY」超異例報道  http://t.co/fcuROtB0la 1イニング最多得点は http://t.co/aKjB9IFGcv MLBでは18点 高校野球では14点である訳だろうが 9回に10点以上は有るのかどうかだが
07-29 12:13

http://t.co/jJlQPWwbeW 豹の紋の様な 中空の丸が有る 皆焼の刃紋も有る訳だろうし 此れは戦国期の物の可能性も有る訳だろうか
07-29 12:16

スイス傭兵の軽装の射撃手が使うバスタードソードなら 完全鎧を装備する騎士の剣やランスに 腕の装甲が無い分スピードで対抗出来るかも知れぬが 彼等は何処迄騎士と戦ったのかだが
07-29 13:13

蟷螂のデザインを入れた 戦国時代の女騎馬武者を やや書き直したが 刀を追加したが ハバキは赤い 銅の物だが 刃紋は鎌の様な線が入るが こうした物が同一方向に多数有る例は 恐らく無い訳だろうか http://t.co/WCBHsFBzqM
07-29 15:46

http://t.co/ZOAHHeoIYK 赤い山銅のハバキ等も 有る訳だろうか
07-29 15:47

http://t.co/HyvU4ecEf2 素銅のハバキと言うのは 余り赤くは無い訳だろうか
07-29 15:50

ジェガンのセラミック装甲はガンダリウムβ並と言うが 同時代にガンダリウムγ装甲も併用されていると言う事は ガンダリウムγと比べると ジェガンのセラミック装甲の強度は 落ちると居う事なのかだが ガンダリウムβがγより強度が無いと言う記述は 無い様に見えるが
07-29 15:56

http://t.co/q21FEOIZnr 柿色仕上げの 赤い胴のハバキが有るが 此れは着色されているのか どうかだが
07-29 16:03

http://t.co/Twhx3gtCQ3 左の柿色のハバキは色揚げをして有ると言うが 此れは http://t.co/agEAkDcIIf 左の銅の 煮色仕上げと言う事で良いのかだが
07-29 16:08

http://t.co/4dIjDRiCRz 色揚げをすると赤く成る 緋色銅等も有るが 江戸中期の物である訳だろうか
07-29 16:25

http://t.co/PgQl0Bx7vm >二号刀  短刀 左文字 此れのハバキは 家紋が2つ入るのかだが
07-29 17:50

http://t.co/4eAT6aAj69 左の様に 多種類の刃紋が入っている刀も有るが 最大では何種類の例が有るのかだが
07-29 17:55

http://t.co/i4N6u6TcoG 鋸の様な尖り刃刃紋も 有る訳だろうか
07-29 18:21

http://t.co/ZnVDIzKvHk この種の均一な尖り刃刃紋は 割に見る物だろうか
07-29 18:29

http://t.co/554QmEMNpW 孫六兼元の三本杉刃紋は 戦国期に存在したと言う事だろうか
07-29 19:02

南北朝期の刀は 幅広で厚さが無いと言うが 鎬部分で刀は 受けられるのかどうかだが
07-29 19:28

西欧剣で日本刀を横から殴っても 折れなかったと言うし 逆は折れたと言う例も有るが 日本刀は側面の鎬で刃を受けるのが基本であるなら 横からの斬撃で簡単に折れては困る訳だろうか
07-29 19:31

最上胴は西国で生じた物では無いし プレートアーマーの影響は無く 槍に対抗する為の物かも知れぬが 桶側胴はプレートアーマー的であるし 銃弾の防御も考慮している可能性も有るのかだが
07-29 19:47

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9120-0ab733e3