Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

07/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

(W杯データ主義)優勝導いたラームのパス http://t.co/JDfOAg6TDN >延長を含めた120分の決勝で繰り出したパスは797本。同じく延長を戦った前回のスペインを164本も上回るパスワークを見せた。  此れはカウンターと比べ 非効率だった可能性は無いのかだが
07-15 07:40

西欧で使用されている様な直刀は 斬撃命中時の衝撃が逃げないので 思い切り振ると剣や腕がやられると言う意見も有るが WEB上では直刀が折れた事は見た事は有るが 腕がやられている例は見ないが 衝撃を和らげる為に剣速を落とせば 命中率が下がると言う事だろうが
07-15 08:16

https://t.co/9IHAbW98Rf 左の続きだが 直刀で突く事を重視して 斬る攻撃の速度低下は止むなしとする方向も有るのかだが 曲刀と何れが有用なのかだが
07-15 08:19

曲刀の突きで板金鎧の上からダメージを与えるのは 可能なのかだが 打刀程度の湾曲であれば WEB上の画像を見る限り 問題は無い様に見えるが より湾曲したシミターや太刀の突きでは板金鎧の隙間を狙うしか ダメージを与えられぬ可能性も有るのかだが
07-15 08:22

https://t.co/RuaytHagH0 左の続きだが 日本刀も 太刀から湾曲の余り無い打刀に移行したのは 最上胴や桶側胴に対して 突きでダメージを与える為と言う可能性も有るのかだが 小札鎧なら太刀やシミターの突きでも ダメージを与えられるかも知れぬが
07-15 08:24

イスラムの場合板金鎧に及び此れに近い物に対しては 直刀では無くメイスを使用する事を考えたのかだが
07-15 08:27

フサリアが装備して居る様な厚さ7mm等の胸甲には 剣・刀での突きや斬撃は通用せぬ可能性は無いのかだが 両手剣ならどうなのかだが 装甲の薄い或いは無い部分を斬るか メイスや斧等で胸甲を殴るしか無い可能性も有るのかだが
07-15 08:41

ダル、中4日は「絶対に短すぎ」 相次ぐ肘故障に持論 http://t.co/nty8rUvewJ >「スプリットぐらい(握りが)浅ければ(負担は)ツーシームと変わらない」と否定。  スプリットを多投している 野茂や黒田は 肘を痛めていない訳だろうか
07-15 12:44

虎のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者の頭部を ざっと書いたが 虎皮の投頭巾を 兜に装備するが 虎の髭の様に長い髭と言うのは 面頬には有るのかどうかだが http://t.co/vgLZzzmYEp
07-15 13:23

虎のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者と 使用する刀をざっと書いたが 刀の肌は 縞状の柾目肌 刃紋は瓦の目乱れ 樋は三筋樋であるが 三筋樋の入る刀と言うのは http://t.co/Qro6HW5nvG 左の物しか見ないが http://t.co/k8Ud7eFl8b
07-15 18:56

ダルビッシュ、肘の靭帯損傷について持論…中4日は「絶対短い」  http://t.co/L6zscVsfpS 「スプリットは肘に負担がかかるとは僕は思わない。むしろチェンジアップの方が薬指がかかっている。薬指は尺骨につながってるからチェンジアップの方が関係あるのかな、と。 
07-15 19:10

https://t.co/tcLj8mPSzA 左の続きだが 米投手はチェンジアップを多投すると言うし 此れの影響も有りトミージョン手術が多いのか どうかだが
07-15 19:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9106-89b64f1a