FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/06のツイートまとめ 

boukenkyuu

pixivに投稿しました 騎馬武者(白兎) デザイン画1 #pixiv http://t.co/fo0ydoqVw1 白ウサギのデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を やや書き直したが 石突と指物を 変更したが
06-06 08:40

pixivに投稿しました 騎馬武者(火炎) デザイン画1 #pixiv http://t.co/G2v0qbEjHl 炎のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を こちらにもULしたが
06-06 10:14

http://t.co/iqbo2yjetk >MSとの白兵戦を想定したハンド・ガン、ダガー・ナイフをマウントしている。  ハンドガンは http://t.co/jrBT3AMmMW ジムスナイパーカスタムに 似た様な物が有る訳だろうし 装備位置迄同じな訳だろうか
06-06 12:37

エコーズのジェガンの胸部増加装甲は スタークジェガンの物より面積が大きいが 胸部以外は追加装甲が無いのは 機動性を確保しつつ 乗員やジェネレーターの保護を 考慮した故と言う事なのかだが ビームが止まる装甲では無く グレネードランチャー・バズーカ対策なのか どうかだが
06-06 12:56

指揮官用のネモやマラサイに 完全ガンダリウム装甲が有るなら 特殊部隊用の機体にガンダリウムが 余り使われて居ないのは どうなのかだが
06-06 13:10

http://t.co/KJyK9KqEiU ジム3には一応一部にガンダリウム装甲が有る様だが ネモやマラサイよりは下の機体と言う事なのかだが
06-06 13:26

10匁筒には恐らく 早合は有るだろうが此れ以上の口径の物は有るのかだが
06-06 14:26

ジェガンの増加装甲は グレネードランチャー対策と言う事かも知れぬが νガンダムの追加装甲は高級品かも知れぬし フルアーマーZZと同様に ビームを数秒程度なら 耐えられる可能性も有るのかだが
06-06 14:31

pixivに投稿しました 騎馬武者(金鯱) デザイン画1 #pixiv http://t.co/cmWq2YBuYE 金の鯱のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を やや書き直したが シコロ部分も 魚鱗札としたが
06-06 15:01

燕のデザインを入れた 戦国時代の騎馬武者を やや書き直したが 馬の後ろ足の黒色の部分を 筋肉に沿う形としたが http://t.co/qxwRlJlMV7
06-06 16:21

http://t.co/LCjS21Q6F1 スウェーデン軍は歩兵9000、騎兵2000から成る大軍で、共和国は重騎兵2600を主体とした総勢3600の圧倒的少数であったが、スウェーデン王国軍を20-30分のうちに完全粉砕した
06-06 17:02

https://t.co/Hiva2lXaWu 左の続きだが 恐らくスウェーデン騎兵とは異なる槍騎兵である騎馬武者が 3000居る30000の日本軍なら フサリア3000にも対抗可能なのかどうかだが
06-06 17:04

https://t.co/Y6HHCGqUge 左の続きだが フサリアと言っても 全員が胸甲や 5mの槍を装備している訳では無く 鎖帷子を着て 3mのやや短い槍を持つパンセルニも 半数程度居たから 此れは騎馬武者の敵では無い可能性も有るのかだが
06-06 17:21

ポーランドフサリアにやられたスウェーデン軍が フサリアを完全には模倣せず サーベル騎兵を使用したのは ポーランドに対抗する事は 考えて居なかった故と言う事なのか どうかだが
06-06 17:29

パンセルニは 合成弓を装備していると言うが 此れは実戦では何処迄使われたのかだろうし 17世紀初頭辺りで ピストルに置き換わった可能性も有るのかだが
06-06 17:45

http://t.co/vqDBWVMXAk >ホーニッヒヘルデの戦いで、コニェツポルスキ率いる1300騎のフサリア有翼重装騎兵団、1200騎のコサック騎馬隊、2000騎の黒騎兵団から成る総勢4500騎の機動部隊   此れは胸甲騎兵コムラーデは 500程度だったのかどうかだが
06-06 18:23

http://t.co/JEuzuftz7Y 偵察によってカラ・ムスタファの本営の位置を正確に把握していたポーランド・リトアニア共和国軍精鋭の有翼重装騎兵「フサリア」の3000騎はオスマン軍陣地の中央突破を敢行しこれを分断、そのままムスタファの本営までまっすぐ突撃し大混乱に陥れた
06-06 18:39

https://t.co/OxCatzKMb1 左の続きだが フサリアも3000以上投入された戦いは見ないし 胸甲騎兵コムラーデは 2000も居ない可能性も有るのかだが
06-06 18:40

http://t.co/XVzPnPyhO4 … >1610年にはクルシノの戦いで、ポーランド騎兵「フサリア」5,000騎でモスクワ・ロシア側の40,000の大軍を撃破  フサリアもこの戦い以上の数は 投入されて居ない様に見えるし 胸甲騎兵コムラーデは最大2500程度なのかだが
06-06 19:28

新紀元社 武器甲冑図鑑 引用55 http://t.co/Y2gDqsMvwe フサリアのパンセルニも 装甲はこの程度であり 騎馬武者の槍を防げるのかだが 弓や盾は後では廃れた可能性も有るのかだが
06-06 20:34

パンセルニの甲冑も http://t.co/HQuCGAZp7N http://t.co/OW4QShVrEs 左を見る限り 種類は有る訳だろうか
06-06 20:49

パンセルニでは乗馬突撃しても 足軽や徒武者にさえ やられる可能性も有るのかだが
06-06 21:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9068-646516c9