Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

ナイキ史上最速のスパイク「マーキュリアル スーパーフライ」が誕生 http://t.co/j7TjkYLGiy 他のスポーツのスパイクも 同様の足首迄有る形状と成る可能性も有るのかだが 100m走では どうなのかだが
05-24 07:34

ビグザムのクロー型ミサイル等 意味があるのかと言う意見も有るだろうが 此れが飛んで来るとは予想出来なかったから スレッガーがやられた可能性も有るなら 果たして無意味なのか どうかだが 地上では使えない武器かも知れぬが
05-24 08:02

http://t.co/3VsPeMuxZJ 左を見る限り 草摺と鞍・佩楯と馬の間に 隙間が無い 馬の乗り方も有る様に見えるし そうで無い物は 鎧のサイズや乗り方を 間違えていると言う事かも知れぬが
05-24 09:53

大鎧の場合 射撃時に体を右側に捻ると 草摺と馬の隙間は 埋まる様にも見えるが
05-24 12:29

http://t.co/lttonhKMiR >イギリス艦隊の大砲は、火打ち石を使った撃発式点火を採用していたので照準を決めるとすぐに発射することが出来たため、イギリス艦の砲撃の命中精度はフランス艦よりもはるかに高かったとする説があるが、いずれも瞬間的に発火することが可能である。
05-24 13:57

https://t.co/VjSBFD1QPx 左の続きだが 西欧の砲もフランキ砲の時点で 瞬発式の様に見えるが 固定式の艦砲では 手持ちの大砲に比べ 精度・発射速度はどうなのかだが
05-24 14:03

日本の場合 http://t.co/PyXf53yh4O 大砲である左の芝辻砲に迄 照準器が有る訳だろうから 同様に照準器の有る 手持ち大筒の遠距離射撃も有ったと言う事かも知れぬが 最大でどの程度の重量の砲弾が 使われたのかだが
05-24 14:16

http://t.co/3QMDJ9UtdL >百匁玉陣筒は幕末に造られたことから、外国船の脅威に備えたものだと推測される。  此れは船上からの射撃を 考慮して居るのかどうかだが 余り数は作られて居ない訳だが 此れより小さい大筒なら どうなのかだが
05-24 14:36

秋月藩砲術林流保存会の皆さんによる『秋月林流抱え大筒礼射』: http://t.co/aEBEkfRn5T  左では百匁筒を射撃しているが 反動は実弾を入れたら コントロール可能なのかだが タンネンベルグガンの様に 鉤爪でも有ればどうなのかだが
05-24 14:53

十匁筒でも 竹束が貫通しているなら 船を攻撃するには 数が有れば十分な威力は有る可能性も有るのかだが
05-24 14:55

焼夷弾である焙烙玉は 小型火縄銃では撃てない可能性も有るだろうが 最小の物は どの程度の径なのか どうかだが
05-24 14:58

十匁筒より恐らく威力の有る 西欧の20mmマスケット銃では 竹束は50mでは貫通するかも知れぬが 照準器も無い遅発式火縄銃では 50mから何処迄当てられるのかどうかだが
05-24 15:02

http://t.co/lp5ZC9RrAd 猟兵は17世紀初め頃にスウェーデン陸軍で創設された“騎馬猟兵中隊”が始まりとされている。この部隊は、日頃から銃の扱いに慣れている森林労働者や、猟場監視人を集めて編制されており、 
05-24 15:12

https://t.co/pDssLyRGBG 左の続きだが スウェーデンの猟騎兵の銃は 下馬しての射撃が基本なら マスケット銃程度のサイズが有る可能性も有るだろうし 此れは竹束を遠距離から貫通する可能性は 有る訳だろうが 瞬発式火縄銃は使用して居たのか どうかだが
05-24 15:15

http://t.co/t6bqhgMjqR >久時は鉄砲術に優れ、文禄・慶長の役において島津軍が無類の強さを見せつけたのは、久時の鉄砲におけるところも大きいといわれている。  等と有るが 一人で何処迄戦局が変えられるのかだが 敵の大将を遠距離から狙撃していた可能性も有るのかだが
05-24 15:20

http://t.co/GmHmcA1I4h 「泗川の戦い」では、10倍の敵軍に対して百発百中の鉄砲の腕前と銃を次々取り替える事で速射する技での一斉射撃を家臣と共に披露して、史上最大規模の釣り野伏せを成功させるのに尽力し、 
05-24 15:28

https://t.co/N1KT1nVJ91 左の続きだが 種子島久時も 指揮官を狙撃していたと言う記述は見ないし 一人の射撃では何処迄 戦局に影響したのかどうかだが
05-24 15:30

ワールシュタットでも 騎士が70kgの弓を引く モンゴル重騎兵の腕力で捻じ伏せられた可能性も有ると言う事なのかだが
05-24 16:23

組討に移行するには恐らく時間が有るとしても モンゴルの片手剣を 騎士は片手剣で受けられたのかと言う疑問は有るだろうが 両手持ち日本刀なら 対抗出来た可能性も有ると言う事だろうし モンゴル重騎兵は指揮官以外は 皮装甲な訳だろうか
05-24 16:30

ASEANも島国インドネシアが最大人口だろうし フィリピンを合わせると 島国に半数以上の人が居るから シーパワー的勢力と言う事だろうか
05-24 16:42

侍筒と言うのが有るなら 騎馬武者の銃運用は 騎馬鉄砲隊と島津軍の騎馬武者しか 果たして無かったのかどうかだが
05-24 18:58

WINDOWS7・8の新機能も エクスプローラーのお気に入りとタスクバーのピンは 使える様に見えるが 他は果たして どうなのかだが
05-24 19:06

https://t.co/FyhZ59mJch 左の続きだが 信長が自分で銃を撃っていたと言う記述も 確か有るだろうし 種子島久時も自分で銃を撃っていた訳だろうから 島津軍以外も少数の騎馬武者や大将が 銃を放っていた可能性も有るのかだが 抱え大筒は足軽等が 運用するのかどうかだが
05-24 19:26

https://t.co/UZHZZlIGPF 左の続きだが 西欧の場合も グスタフアドルフやパッペンハイム等が ピストルを放っていた可能性は 有る訳だろうか
05-24 19:27

http://t.co/Oj9jsH4G6v >しかし、この戦傷は重く、以後グスタフ2世は金属製の甲冑を着る事が出来なくなり、右腕も不自由となった。  グスタムもこんな状態でも 白兵戦をして居たのかどうかだが ピストルだけ放っていた可能性も有るのかだが
05-24 19:33

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9054-f89cb5e0