FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/b90GOkqHvh 妙に巨大な 龍の前立である訳だろうか
04-27 08:33

結城合戦絵詞に有る様な 完全に騎射をせぬ時代では 胴丸・腹巻は鉄札がほぼ全面に 革札と交互に混ぜられた可能性も有るのかだが 大袖やしころの吹返し部分は 鉄札は無い可能性も有るのかだが
04-27 10:10

南北朝時代では 未だ騎射をしているから 騎射時に正面と成る 胴の左側や草摺は 革札のみの可能性も有るだろうが 薙刀を使用する兵はこの部分に鉄札を混ぜた場合も 有るのかだが
04-27 10:14

弓歩兵は結城合戦絵詞でも出て来るが 彼等は射撃時正面と成る 左側は革札の腹巻・胴丸を使用していた可能性も有るのかだが
04-27 10:17

https://t.co/PeGY7rVGL7 月の頭立と言うのも 見ない訳だろうか
04-27 10:54

https://t.co/rFcZBP1xCI 此れも可也巨大な 龍の前立である訳だろうか
04-27 11:09

http://t.co/UO1vhbgCRQ 妙に高い位置に付いた 後立も有る訳だろうか
04-27 11:50

http://t.co/q3hABftJED 曲がった天衝の様な脇立が有るが 此れは何なのだろうか
04-27 12:41

佩楯と脛当の立挙の間に 隙間の有る戦国期の絵と言うのは見ないし 漫画等で隙間が有るのは 間違いでは無いのかだが
04-27 12:52

http://t.co/uq0xRHjlDr >3.亀井茲矩(これのり)所用 牛頭前立て兜 5.津軽信政所用 麒麟像と大鹿の角の付いた 前立ての兜 6.土屋家所蔵 麒麟の前立ての兜   此れ等は今の所 確認出来ぬ訳だが
04-27 13:01

https://t.co/812JeSlMZi 左の続きだが >津軽信政所用 麒麟像と大鹿の角の付いた 前立ての兜  此れは http://t.co/abFKjOfPZs 左の龍頭の付いた 兜では無いのかだが
04-27 13:20

https://t.co/hmJ1eaFVUu 左の続きだが >亀井茲矩(これのり)所用 牛頭前立て兜  此れは http://t.co/i9yzu48NHX >初代茲矩の甲冑 左の物では無いのかだが 前立は獅噛と言う事かも知れぬが
04-27 13:25

http://t.co/iX5f5E9V77 >井伊ニ代藩主後上州安中藩祖直継所用 この兜はライディーンの頭部に似ているが ライディーンが果たして参考としたのか どうかだが
04-27 13:32

http://t.co/cMFcJMAyHv 纓が中空と成った 井上之房の唐冠形兜が有るが http://t.co/zDkyO8qyXc 左の肖像画では 中空では無い訳だが 実物の兜の纓は 元は中空では無かった可能性も有るのかだが
04-27 13:52

大日本絵画 日本甲冑史 引用45  http://t.co/9Z06Eax1ER こうした馬鎧の記述が出て来るのは 古代を除けば 太平記が初の様だが この様な形状であると言う証拠は 有るのかどうかだが 鎌倉期でも馬が射撃されていたと言うから 使われて居た可能性も有るのかだが
04-27 15:41

https://t.co/34LrxWcP51 左の続きだが 長い立挙の脛当てと言うのは この様な形状だったのかだが 尖った此れで攻撃をしていた可能性も 短い立挙の物も含め 有るのかどうかだが
04-27 15:51

http://t.co/8KGYPqgswN 蝶の出しの付いた指物等も有るが 可也複雑な形状の出しも 有ると言う事なのか どうかだが
04-27 16:25

http://t.co/TYH8qmGPt6 ガンダムUC最終話 冒頭7分も ヤクトドーガのファンネルの威力が 妙に小さい様に見えるし スタークジェガンにフルアーマーZZの様な対ビーム装甲が有る訳でも無いだろうが バウも 下半身がミサイルであるのは コスト的にどうなのかだが
04-27 20:25

バウは恐らくZガンダムと同等程度の 機体であるなら リゼルでは勝てないと言う事なのか どうかだが
04-27 20:48

ガンダムUC7話のバウも 上半身が対空砲火で呆気無くやられた様だが 下半身は http://t.co/FLGDuXjtnK 基本的に上半身に遠隔操作されている様だが 通信が途絶した場合は コンピューターの自己判断で飛行すると言うし 此れでネエルアーガマに突入しようとしたのかだが
04-27 21:01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9026-8cd16e5c