FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

佩楯は革・鎖の物も多いが 草摺には革の物は有るが 鎖は見ないのはどう言う事なのかだが 此れは腹部の矢に対する防御を 考慮した故なのかどうかだが
04-24 09:08

http://t.co/V2Za3fw6zS 此れは麒麟の 打ち出しの有る胴である訳だろうか
04-24 09:12

http://t.co/EnToowzuyz 此の前立は 飛竜である訳だろうか
04-24 09:37

http://t.co/5FZVkHheti この様な雲の蒔絵も有るのかだが 縦剥桶側胴も 騎馬武者用の物は見ないが 草摺部分は糸が使用されていないが 此れは西欧甲冑の影響なのか どうかだが
04-24 09:46

雑魚足軽も 敵が崩れた後以外の 戦闘参加は困難なら 武家奉公人同様に 作業に使う事が 主だった可能性も有るのかだが防壁の後ろからなら 鉄砲・弓足軽は敵が崩れる前の射撃も期待出来た可能性も有るのかだが
04-24 09:53

http://t.co/5NRsI9vMsq 此の兜鉢は銀では無く 白い様に見えるが 江戸後期辺りの甲冑なのか どうかだが
04-24 10:16

14世紀の西欧甲冑も スカート部分は鎖であるから この部分は矢や短剣で やられていたと言う事では無いのかだが 14世紀の騎馬武者用鎧なら 草摺部分は鉄札が入る可能性も有るのかだが
04-24 10:46

http://t.co/0h1kMLy8Ii 星形鋲の付いた畳兜等も 有る訳だろうか
04-24 11:03

http://t.co/jBnTUcMjdu 孔雀の羽根の付いた 胴や袖も有るのかだが 戦国期の物では無い様に見えるが 戦国期に同様の物は 有ったのかどうかだが
04-24 11:29

http://t.co/qBsAArmchk 揺糸が妙に短い 貸し具足だが 江戸初期辺りの物なのか どうかだが
04-24 12:34

鉄札と革札を重ねるより 革札だけにした方が 弓には強いと言う事だったかも知れぬが 格闘戦では草摺等の革小札は 特に突きでは貫通していたと言う事なのか どうかだが
04-24 12:41

http://t.co/KkDHMVDGLv 恐らく兎の前立の顔は 脱落したと言う事なのか どうかだが 長い吹き返しが尖っているのは 兎の耳を模した可能性も 有るのかだが
04-24 13:01

http://t.co/etpLtwTJEi 富士山と山の文字が入った前立等も 有る訳だろうか
04-24 14:11

反則投球事件の裏にあるメジャーの不文律 http://t.co/T2EZN37Ydc まあしかしダルや田中等の日本のPは 松脂等使用しているのかだが
04-24 14:37

http://t.co/H2YgPG9opP 初期のプレートアーマーに似た様な構造の 畳具足も有る訳だろうか
04-24 14:59

http://t.co/oQo45KNsVe 妙に派手な色の 亀甲胴である訳だろうか
04-24 15:27

http://t.co/7L7QAs7nil 雨龍紋や 花紋の多数入る畳具足も 有る訳だろうか
04-24 15:40

精鋭の銃を持つ徒武者や 騎馬武者の胸甲や兜は 敵との銃撃戦を想定して 分厚かった可能性も有るのかだが 徒武者は下馬しての移動を考慮して 装甲は薄かった可能性も有るのかだが
04-24 16:00

皆銃を持つと言う島津軍騎馬武者の胸甲や兜は 銃撃戦に対応して 厚かったのかだが 古い具足を使用していたと言う意見も 有った訳だろうか
04-24 16:10

http://t.co/p7gFD8d5aF 内部が小物入れと成って居る 瓢篭手も有るが 戦国期にこの様な物は無いと言う事かも知れぬが 胴に付いた鼻紙袋は 有る可能性も有るのかだが
04-24 16:44

http://t.co/4u0RMW80cZ  >A black-lacquer armor with a yokohagi okegawa do, 18th-19th century  旋回式の吹返し等も有るが 戦国期にこの様な物は 有ったのかどうかだが
04-24 16:54

http://t.co/ayyijCEjGI 亀甲の内部に 兎が仕込んである前立等も 有る訳だろうか
04-24 17:05

伊達軍で大量に使用されたと言う 仙台胴も 耐弾性を考慮していると言う意見も有るが 伊達軍騎馬鉄砲隊は耐弾性の有る仙台胴を装備していた可能性も有るだろうが 通常の騎馬武者の仙台胴は 防弾は考慮されているのかどうかだが
04-24 17:22

http://t.co/gxDy4B4016 見ない構造の 鎖帷子が左下に有るが 強度を増す為の構造なのかだが 幕末辺りでこの様な物が 実戦に投入された可能性は 有るのかどうかだが
04-24 17:30

http://t.co/p1EtqtNXLv この指物は http://t.co/GvGvHyHNmW 左の日足と言う可能性も 有るのかだが
04-24 17:39

http://t.co/l2O37jLK0Q 妙に丸みの有る 亀甲佩楯が有る訳だろうか
04-24 17:50

亀甲金も 斬る攻撃には鎖帷子より強いが 突く攻撃には当たり所に依っては 鎖より脆く成る可能性も有る訳だろうか
04-24 17:53

http://t.co/wEAbNyPsn9 此れは見ない構造の 佩楯である訳だろうか
04-24 20:12

http://t.co/GAIr5RLdV1 頭形兜に試し撃ちと言うのも 見ない訳だろうか
04-24 20:23

http://t.co/mj3LwjyFZX 天頂部に葵紋の入った 兜等も有る訳だろうか
04-24 20:44

http://t.co/GIYP9bf0gj シコロや 喉輪迄魚鱗札が使用されている具足は 余り見ないが シコロの最上部が上に向いているのは 間違いでは無いのかだが
04-24 20:52

http://t.co/IMLf4IazBK 鬼の顔の付いた 袖等も有るのかだが プレート型の袖は 江戸中期以降の物では無いのかだが
04-24 20:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9023-933e1066