Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

日本刀の場合 素人の犯罪者等が 腕を切り落としている例も有るが 西欧のロングソードやダマスカス刀では どうなのかだが 数打物の打刀を雑魚足軽や武家奉公人が振るっても 腕等は落とせるのか どうかだが
04-15 09:50

http://t.co/4ZVn1WdZGT  >『日本幽囚記』 鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、 世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している。  『日本事物誌』 日本刀は、その名も高いダマスコ剣やトレドで鍛えた剣をも凌駕する。 
04-15 19:16

https://t.co/uZxIid1Bak 左の続きだが ダマスカス刀も片手持ちであるから 両手持ち日本刀に比べると 威力はどうなのかだが イスラムに有る二刀流を使えば 或いはどうなのかだが
04-15 19:18

http://t.co/4ZVn1WdZGT >西洋甲冑は30~40kgあるというが、重さが分散するつくりになってるので 現代の運動をあまりしない人が着ても動き回れるくらい楽らしい 欠点は熱で、騎士が全力で動ける時間は3~5分くらいと言われてるから 日本側は数分走り回れば勝てる。
04-15 19:20

https://t.co/rGozJjm9J2 左の続きだが 西欧甲冑以外でも ラメラー甲冑や桶側胴は密閉されている訳だろうが 首の隙間や手足の装甲の無い部分等で放熱は何処迄有利と成っているのかだが インドやトルコの甲冑の肩から上が鎖なのは 放熱を考えての事なのかだが
04-15 19:23

https://t.co/vW5aP8asY0 左の続きだが ムガル朝重騎兵の兜の 鎖の部分が多い物は 放熱の為と言う記述が 武器甲冑図鑑に有るし 印やトルコ・ペルシャ等の鎖部分が多い兜は 放熱を考えてと言う事なのかどうかだが
04-15 19:28

50kg以上の宋の歩人甲と言うのが 確か有っただろうが これは放熱は何処迄 考えられて居るのかだが
04-15 20:29

雑魚兵の補助武器も 刀等持たせても 此れを使いこなせるのかだろうし 短槍を使うと言う方向も有る訳だろうか
04-15 21:57

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9015-05e4113a