Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

男系遺伝子の影響が最も強く出ているかも知れぬ 尚武の薩摩閥が 最終的に日本・世界を支配すると前に書いたが 鹿児島とか島津と言う名称は シーパワー的である訳だろうし 鹿児島県は東京付近に地形が似ているから 此れは薩摩閥が日本・世界を最終的に支配する 聖痕では無いのかだが
03-29 07:59

クロスボウも精度はロングボウより低いと言うし ロングボウより腕力が要らないから 使用されていると言う事では無いのかだが 銃も腕力は要らず 弾のコストも矢より低い訳だろうか
03-29 08:19

http://t.co/V3wNE3nMUU 鳥居元忠が 鈴木重朝と一騎討ちして やられたと言う記述も有るが 雑賀衆の鈴木重朝が 一騎討ち等したのかだろうし 鳥居元忠は足が不自由だった訳だろうか
03-29 08:28

http://t.co/lPi42tSy79 ローマ帝国の将軍も 敵の王と一騎討ちしている者が 居ると言う事だろうか
03-29 08:41

騎馬鉄砲隊の銃の精度は 鉄砲足軽をアウトレンジ可能な可能性も有るだろうし 島津軍の銃を持つ騎馬武者も 同様の可能性も有るのかだが 騎乗しての射撃は したのかどうかだが
03-29 08:56

ビーム兵器技術が連邦に劣る筈のジオンが ビグザムやアプサラスの様な大出力ビーム砲を 果たして作れるのかどうかだが Iフィールド技術は連邦の方が 劣ると言う事は無いのかだが ミノフスキークラフトもアプサラスには有るが 此れの技術も連邦の方が 上では無いのかだが
03-29 10:30

3/4鎧も40kg程度有ると言うから 此れを装備しての下馬戦闘は 何処迄していたのかだが アルベドのミラノ下馬騎士は 40kg程度の甲冑を 装備していた可能性も有るのかだが
03-29 10:35

徒歩で長距離行軍する ドッペルソルドナーの胸甲は騎士より軽量であり 防弾性は低いと言う事は無いのかだが 日本の騎馬武者も 下馬戦闘を余りしない備大将以下の者の具足は 防弾性は低い可能性も有るのかだが
03-29 10:40

騎馬鉄砲隊も 射撃後直ぐに敵の射程外に移動し再装填・銃撃と言う様な事はしたのかだが 西欧のピストルを使用するカラコール騎兵とは違い射撃精度が有るから 此れは厄介では無いのかだが 西欧の騎銃兵の射撃精度は ライフル銃出現迄は 低かったと言う事かも知れぬが
03-29 11:18

西欧の精鋭騎銃兵 カラビニエや猟騎兵シャスールの射撃精度は 散兵より上と言う可能性も有るのかだが
03-29 11:26

島津軍の銃を持つ騎馬武者は 射撃の高精度で 鉄砲足軽10名以上分等の戦力と言う可能性も 有るのかどうかだが 装填は武家奉公人が恐らく 行っているなら 発射速度も高速と出来る訳だろうか
03-29 14:00

http://t.co/1SR8nd3nbP 無二斎の十手は サイより横に長いが 何れが有用なのかどうかだが 此れは単独では用いられず 刀と同時に使用する様だが 戦場では使用されたのかどうかだが
03-29 14:23

http://t.co/4h1GHQLHjE 左の武田信玄の肖像画は 短い刀が無いが 実際は組討用に馬手差を装備していた可能性も 有るのかどうかだが
03-29 14:27

強固な胸甲正面で 敵の攻撃を受けた後で 敵の弱点等を突くと言う様な格闘術は 有るのかどうかだが 15世紀後半では ランスは分厚い胸甲で受け流していたと言う事かも知れぬが 他の武器はどうだったのかだが
03-29 14:34

http://t.co/6Hh4Pn066Q >ウィングフサールの甲冑は非常に強固で「カノンの弾もはじき返した跡がある」とか言ってました。  等と有るが 同時期の3/4鎧や胸甲と較べて 防御力はどうなのかだが 鉄板が分割されてい無ければ 耐弾性は更に 増したのでは無いのかだが
03-29 14:37

http://t.co/6Hh4Pn066Q >馬を狙うということは今回ありませんでしたが、普通はすれ違いで失敗したら馬の尻を斬り暴走させます。   東洋の重騎兵の場合馬の尻に装甲が無い場合も有るし こうした技は何処迄 使われたのかだが
03-29 14:40

新人物往来社 武将 引用8  http://t.co/C0W2k56UMU 此の本田忠勝の絵は 良く見ると裏篭手にも鎖が有るが 実物の甲冑では確認出来なかったが 忠勝も只鎧を軽量化した訳では 無いと言う事なのかだが
03-29 15:49

新人物往来社 合戦絵巻 合戦図屏風 引用11  http://t.co/w3qs2V9fXJ 此れは蒙古襲来絵詞の一部だが 良く見ると騎馬武者が太刀で 蒙古軍の槍を斬っている場面が書かれているが 実際はどの程度斬って居たのかどうかだが
03-29 16:19

塚原卜伝が薙刀を刀で斬ったと言うが 薙刀の柄は槍より太いだろうが 茎や蛭巻の無い部分なら太刀や打刀で切断は 可能なのかどうかだが
03-29 16:29

新人物往来社 合戦絵巻 合戦図屏風 引用11  http://t.co/w3qs2V9fXJ 槍を斬っている騎馬武者は良く見ると 左手を前にして太刀を構えているが 此れは誤りでは無く 篭手の有る左手を前にして 槍の攻撃に対処する為なのか どうかだが
03-29 19:34

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/9001-28e35775