Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

12/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

敵の武器が加速する前に間合いを詰めて 鎧や武器で防御と言う様な技は 有るのかどうかだが 後ろや横に逃げるだけが 回避では無いと言う事かも知れぬが
12-18 11:52

http://t.co/NZaz2lvSfd 野太刀自顕流に影響を与えた 野太刀流と言うのも平安期から有る様だが 此れは自顕流の様に 攻撃しか無い様な 野太刀の扱い方なのかだが 野太刀の重量で敵の刀・薙刀・槍の防御を突破する 剣術だった可能性も有るのかだが
12-18 12:15

http://t.co/NZaz2lvSfd >「人斬り半次郎」こと桐野利秋も青年のころ、一時、野太刀自顕流の修練を行っていた。   とは言え実戦で野太刀は 使用して居たのかどうかだが
12-18 12:21

素人の防御・カウンター主体の ドイツ剣術より  素人の自顕流の方が勝率は高いと言う事は無いのかだが 完全鎧を装備されたり ロデレロの様に盾を使用されればどうなのかだが
12-18 12:30

http://t.co/gi4XexDh4V 勤王刀は大型だが 突き用であり 野太刀示現流では 使い難い物である訳だろうか
12-18 13:08

土佐・水戸の長い勤王刀の突きと 示現流の斬りでは 何れが強いのかだが 両者が対決した例は 有るのかどうかだが
12-18 13:13

http://t.co/cdkHDSbmyJ >たとえば示現流が普及した薩摩藩では赤樫などの堅木で造り漆で固めて鉄や銅、真鍮製の蛭金や針金で巻いて補強した武骨な鞘に収めた薩摩太刀といわれる全長約115cm-120cm程度の幅が広く重ねも厚い大太刀(野太刀)が多く腰に差された。
12-18 13:23

https://t.co/cHwMfJwOFh 左の続きだが 幕末迄薩摩武士は 大太刀を使用していたのかだが 此れは野太刀自顕流の影響が 大きいと言う事なのだろうか
12-18 13:24

全長115-120cmの薩摩太刀も 125cm程度と言う勤王刀よりはやや 短いと言う事かも知れぬが
12-18 14:21

土佐藩の剣士岡田以蔵が 勤王刀を使用していたかは 確認出来ない訳だが 有名な剣士で此れを使用して居た者は 居たのかどうかだが
12-18 14:28

http://t.co/KQDyTy6sxF >以蔵の刀は「肥前忠広」という名刀で、龍馬から譲られたものである。  此れは恐らく 勤王刀では無いと言う事では 無いのかだが
12-18 14:57

http://t.co/TQaryLbGOO >半次郎の愛刀は西蓮の作刀と云われており、洒落者であったらしく、その拵えにも金の装飾を施していたと伝わる。  此れは大型の 薩摩太刀では無いと言う事かも知れぬが
12-18 15:13

http://t.co/IXqXNt9gJz >勤皇派の姉小路公知が朔平門で襲撃され斬られてしまった。現場には田中新兵衛の差料「薩摩鍛冶奥和泉守忠重」が残されていたが、   此れは大型の薩摩太刀の可能性も 有るのかどうかだが
12-18 15:22

https://t.co/FlUWvPNsOz 左の続きだが 薩摩製の奥和泉守忠重も  http://t.co/tU1xL8K2zx 左の様な 短い物も有る訳だろうから 田中新兵衛が大太刀を使用していたとは 限らぬ訳だろうか
12-18 15:27

http://t.co/JgyTAMZPwf >付属のカードによると、河上彦斎は幕末四大人斬りの一人で、佐久間象山を暗殺した人物だそうです。 この孫六兼元はその愛刀で、国光の短刀は佐久間象山のものだとか。  此れは果たして 正しいのかどうかだが
12-18 16:29

http://t.co/Ez8t78ql5x この太刀の青貝螺鈿の外装は 鎌倉期の物なのかどうかだが
12-18 17:13

島津義弘の愛刀 西蓮の刀  http://t.co/8S09LyjNdb 此れは鎌倉期の刀だが 戦国期に実戦使用して 問題は無かったのかどうかだが
12-18 17:16

https://t.co/rjhpek9vPB 左の続きだが http://t.co/SRDGjftkSK 西蓮は 鎌倉期の刀工だが 半次郎は此れの大太刀を使用していた可能性も 有るのかだが
12-18 17:20

http://t.co/ReLMkmjPPK 秀吉・毛利輝元も 西蓮の太刀を 所有していた訳だろうか
12-18 18:12

http://t.co/kSromb1duA この浅野長政の甲冑の裏篭手には 鎖が有る様に見えるが 戦国期の物なのか どうかだが
12-18 18:19

蜻蛉の前立て、佐竹義久の東家の甲冑 http://t.co/aUSEJvoHdr 此れの腹部の装飾は独特だが 戦国期の物では無い訳だろうか
12-18 18:40

伊達宗直公の甲冑 http://t.co/pfIhUyAQRb 此れも胸部が独特だが 戦国期の物では無いのかどうかだが
12-18 18:48

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8999-13d83ec0