FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

10/23のツイートまとめ 

boukenkyuu

無人機攻撃の停止要求=「対テロ戦に有害」―パキスタン首相 http://t.co/M4sAYxeXaF 違法情報収集問題・核兵器不使用宣言等 世界的な反米国の流れを オバマでは止められぬとして 米右派がクーデターを起こすという事では 無いのかだが
10-23 08:58

フサリアの剣も片手持ちであるから 此れも日本の両手持ち槍や打刀に 対抗出来るのかどうかだが フサリアのピストルも此れを撃つ前に槍や打刀でやられたり 足軽が脚の止まった馬上のフサリアに向かって 近距離で鉄砲や 弓を放つ可能性も有るかも知れぬが
10-23 09:39

士大将の護衛の 士分である徒武者の主武器の刀は 粗悪な数打物では無いかも知れぬし フサリアも此れで装甲の無い脚部等を斬られれば 致命傷を負う可能性も有る訳だろうか
10-23 09:43

テルシオのドッペルソルドナーと 士大将の護衛の徒武者では 何れが強いのかだが ツヴァイハンダーでも 日本の茎式槍は簡単には折れず 徒武者の軽い打刀のスピードに ツヴァイハンダーでは付いて行けない可能性も有るのかだが
10-23 09:47

https://t.co/wBGAsbvPcB 左の続きだが スイスのバスタードソードを持つ兵と 士大将の護衛の徒武者では 何れが強いのかだが 前者は装甲は余り無い兵も 多いのかどうかだが
10-23 09:53

弓や両手持ち武器を使う兵が パワーを軽視している共思えないが 士分の徒武者や騎馬武者の体力は 強弓を使いフィジカルが強いと言う モンゴルや清の兵士と比べ どうなのかだが
10-23 12:57

モンゴルや清の兵も 強弓を使う関係で 体力は有るのかも知れぬが 日本の両手持ち槍や刀に 片手用剣で対抗出来たのかどうかだが 組討で体力を生かされる危険は 有るかも知れぬが 体力差は果たして何処迄 有ったのかだが
10-23 13:03

https://t.co/tIs51OBtnz 左の続きだが モンゴル・清の兵も 指揮官以外装甲は革か綿だろうから 組討に持ち込む前に 槍や刀でやられる可能性も 有ると言う事かも知れぬが
10-23 13:05

Ⅳ:宮古馬ー馬の歩様 - 「日本在来馬」歴史研究会  http://t.co/wLQv3jqFT2 和鞍も 左を見る限り 鎧の草摺で 後部は隠れると言う事かも知れぬが 前部は http://t.co/L91jzKQ1yq 左の木俣守勝や 酒井忠次の様に 草摺の外側に出る訳だろうか
10-23 13:24

https://t.co/k9ThLu2HVR 左の続きだが 組討に持ち込まれる前に  モンゴル・清の兵士を 槍や刀で即時に倒さず共 組討で倒されない程度の傷を与えられれば 勝利は可能と言う事だろうか
10-23 13:58

第12回三増合戦まつり: http://t.co/pk1KA2THG0 此れは木曽馬の非純血種に乗っている様だが 機動性は特に 問題は無い様に思えるが
10-23 14:23

「いいともやめないで!」出演者が土下座 爆問・太田も懇願  http://t.co/8ZlBTYC5aO 大田・尾形共に プロテスタント側地盤であるから プロテスタント勢のメディアへの影響力が 此れで低下すると言う事なのか どうかだが
10-23 17:00

http://t.co/xnK4AvLHUT >別場面の家康勢の絵として大太刀の進化系である長巻を肩に担いだ部隊も。 馬の攻撃用共言う 上の様な長巻兵を増やして フサリアの馬を狙う様な方向も有るだろうが 此れは確か雑兵であるなら 馬を何処迄攻撃出来たのかだが
10-23 17:57

http://t.co/EhZ9gI28YJ 楠木正成が用いた様な 金具で連結可能な垣盾と言うのは フサリアを何処迄阻止出来るのかだが 戦国期には此れは無かったと言う事なのかだが
10-23 17:58

明や朝鮮の兵士が 大量に装備した 日本式火縄銃と日本刀で 清の騎兵を阻止するのは無理だったと言う事だろうが 具足は日本式の桶側胴では無く 鎖や札鎧であれば 清の片手剣も防御出来なかったと言う事だろうか
10-23 18:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8974-7d01f33c