Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

3/4鎧も 半甲冑と比べ 胴をコンパクト化して 脚部の防護を 増やしたと言う事かも知れぬが コンパクト化された胴は 防弾は一定程度可能だが 槍には弱く ウイングフッサー等の槍で やられていた可能性も有るのかだが 西欧同士の戦いでは 騎兵の槍は この時点では無かった訳だろうか
05-10 07:51

https://t.co/4bI6uyMuLu 左の続きだが ウイングフッサーの場合 3/4鎧より 脚部や腕の装甲は無いが トルコ騎兵等の槍に対抗して 胴部の装甲は 厚い可能性も有るのかだが 機動性を強化して 銃弾を回避する事を考えた可能性も有るのかだが
05-10 07:58

16-17世紀のトルコ重騎兵の甲冑も 胸部は兎も角 腹部は装甲が出ているから 騎兵槍を防護可能だったかも知れぬが
05-10 08:03

小泉時代の様な 長期円安での 欧米での住宅バブルは再燃せず ベンジャミンの言う様な クリントン関連の物への大規模な攻撃と 此れを利用した共和党のクーデターで 米は近く暴落と言う事に 成るかも知れぬが
05-10 09:22

大日如来が 天照大神と同一視されていると言う事なら 大日如来の化身と言う 不動明王も 天照大神と 同一であると言う解釈なのか どうかだが
05-10 10:03

永遠の目標だったフェデラー撃破!錦織「一番うれしい時かも」 http://t.co/ODWaGjuYZr 佐藤琢磨のインディ勝利等と同様に 欧米がやられた後 日英が世界のスポーツ界を支配する 伏線では無いのかだが
05-10 10:23

http://t.co/R48yvHtHh4 此の恐らく貸具足に 篭手が有るのは 小頭用だからなのかだが
05-10 10:53

http://t.co/Yje2Kr9UlN >非常に簡単ではあるが全身を被うように出来ている。  此れも高位の徒歩武者用の 貸具足だろうが 篭手や脛当て・面具が 有る訳だろうし 胴の装甲も2mmと 貸具足としては 厚めかも知れぬが 佩楯が無いのは 歩兵用だからと言う事だろうか
05-10 11:04

西欧の16-17世紀の 重騎兵用板金鎧の胴部正面の厚さは 騎馬武者用の桶側胴や最上胴と較べて そう厚いのかだが 3-4mmが 多いのかどうかだが
05-10 11:21

http://t.co/uMyGmawsH2 左の江戸期の具足の胴は 厚さ2mmと言うが 戦国期の具足も 同程度なのかどうかだが
05-10 11:24

http://t.co/lWUxszw4bj >伊達正宗の甲冑である「黒漆五枚胴具足」の胴部の厚さは4mm厚であり、現代の22口径の銃弾にも耐えられるとされる  騎馬武者用当世具足の 装甲の厚さは この様な物も有るが 此れは例外的と言う可能性も 有るのかだが
05-10 11:45

 http://t.co/lWUxszw4bj 左に 10匁弾で 3mmの鉄装甲は貫通出来ぬと言う様な記述も有るが http://t.co/KYyVBawnjd 左の実験を見る限り 一匁五分の銃でさえ 50mで3mm程度の鉄板を 貫通している訳だろうか
05-10 11:55

http://t.co/VMi7hFcaPn >日本刀の前では革甲が無力であった事が証明されている。律令制崩壊後に登場した日本刀により革甲が無力となり、鉄甲が再び改良された結果としての大鎧  日本刀が無かった大陸諸国では 重装歩兵以外では 皮の綿襖甲が 残ったと言う事かも知れぬが
05-10 12:10

https://t.co/JnyItjD9W4 左の続きだが 伊達政宗以外でも 同種の五枚胴具足は有るし 此れも正面の鉄の厚さは 4mm有った可能性も有るのかだが 一般兵用ではどうなのかだが
05-10 13:16

http://t.co/RDfyAOZyzX >分厚い鉄板で作られておりかなりの重量があるが、伊達家では足軽の御貸具足に至るまでこの形式で統一していたという。  とは言え足軽の五枚胴正面の厚さは 伊達政宗の物の様な 4mm等は無く 一般騎馬武者用も 同様の可能性も有るのかだが
05-10 13:18

http://t.co/CMmMBSlakR 伊達政宗の五枚胴は 胴正面装甲が4mmでも 他の部分は鎖や練皮で軽量化され 22kgと言う事なのか どうかだが
05-10 13:31

http://t.co/JKIIIIPaWX >Breastplate: 3-4mm thick on the centre, thinning down to 1mm at the sides.  等と有るが 当世具足の胴も 此れとほぼ同様の可能性も 有るのかだが
05-10 13:38

3-4mmの鉄装甲の桶側胴・五枚胴・和製南蛮胴なら 遠距離の銃弾は 止まるかも知れぬが 胴は3/4鎧同様 コンパクトなので ランスの攻撃は 防ぎ難い訳だろうか
05-10 13:44

https://t.co/ah6vzGYnNz 左の続きだが >Head: about 2.5mm - 3mm thick.  等と有るなら ヘルメットの正面は 防弾を考慮している可能性も有るのかだが
05-10 13:48

https://t.co/zmwlZo3gmo 左の続きだが バイザーは呼吸穴が多数有る物も多いし 防弾は考慮されているのか どうかかだが
05-10 13:51

サッカー=デポル会長、「スペインでは八百長が横行している」 http://t.co/ahOxi89gpY 欧米デフォルト後 こうした不正や 薬物の大量使用が 発覚するかも知れぬが
05-10 14:07

http://t.co/qZ8Bl0zXoY 井伊直政の具足の重量も 伊達政宗の五枚胴とほぼ同様の 24kgであるし この具足の胴部正面の厚みも 4mm程度有る可能性も有るのかだが
05-10 14:12

http://t.co/p2QEY5uD1z >日本一大きな甲冑は伊達家にあった!宇和島藩伊達家三代伊達宗贇所用 此れは戦国期の物では無いだろうが どの程度の サイズなのかどうかだが  http://t.co/mjQwYb4BMV 左の物より 大きいのかどうかだが
05-10 14:32

https://t.co/lFpeAWBTXs 左の続きだが 伊達宗贇の具足は http://t.co/HeblaUVZeL 左を見る限り 胴回り140cmと言うし http://t.co/mjQwYb4BMV 左の130cmの物より 大きいと言う事だろうが 身長はどうなのかだが
05-10 14:42

http://t.co/pMubCrPxJc >上杉謙信、あるいは越前の朝倉家では、特に大きな体格の武士を集めて、総大将親衛隊を組織していたようで「力士隊」と呼ばれていたようです。  等と有るが 巨大な者は何処迄 居たのかだが 平均身長は 180cm超等は 有ったのかだが
05-10 15:01

http://t.co/pMubCrPxJc >上杉謙信が、数十人の「力士隊」に護衛されて、数千の北条軍が囲む味方の城に悠然と入城したという逸話があります。  飛び道具で此れを倒すと言う事は 北条軍は考えなかったのか どうかだが
05-10 15:02

http://t.co/zNqZjnWkbv >真柄直隆ひとりが馬上で大太刀を振るっていたわけではない 彼の部隊(真柄家力士隊)は全員同じスタイル。 というかいわゆる力士隊はどこでもそう。 上杉謙信んとこの力士隊も大太刀を馬上で振るう部隊だった。
05-10 15:19

https://t.co/TEEgum5ZCe 左の続きだが 力士隊が大太刀を使用していたと言う証拠は 何処迄有るのかだが 怪力と大太刀で敵の槍を斬る事を 狙っていた可能性も有るのかだが
05-10 15:20

https://t.co/DP2hXXuulK >多くの戦国大名が巨身の「力士」を雇い入れることに熱心であったのは、彼らでなければ振り回せない長刀を装備した上で、力士隊として編成して身辺警護や特殊兵力に用いるためであった。  此れは大太刀を 使用していたと言う事なのか どうかだが
05-10 15:27

http://t.co/oyFXJvyNHs 関東五枚胴と言うのも 厚みはどうなのかだが 胸板が此処迄巨大だと 腕の動作に支障は出ないのかだが
05-10 16:00

朝倉・上杉の力士隊も 現在の幕内力士の様に 平均身長185cm等は無いのかも知れぬが 170cm程度以上は 有った可能性も有るのかだが
05-10 16:35

三方ヶ原の合戦地 - 戦国情景 -   http://t.co/HA2ZryaCJK 現実の備の槍足軽は この様な縦深は有ったのかどうかだが 狭い場所への布陣では 縦深が有ったかも知れぬが
05-10 18:22

関ヶ原 再び・・・ - 戦国情景 -  http://t.co/mMaqYDL6hl >ラストは、大鉄砲を三人掛かりで放つ!!!  此れは現実に存在した 射撃法なのか どうかだが
05-10 18:29

村上水軍、此処にあり - 戦国情景   http://t.co/Ofbkz0DGoh >関船クラスに積まれたという大砲。   関船に 大砲迄積んでいたのかだが 船首に1門程度の 装備なのか どうかだが
05-10 18:38

雑賀孫市まつり - 戦国情景 -  http://t.co/fIRpctRPeo このイラストの具足は 現実に有るのかだが
05-10 18:44

馬防柵を組み立てる! - 戦国情景 http://t.co/Aovn6hqpzq この柵は プラスチック製には見えない 出来だろうか
05-10 20:22

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8815-67553319