FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

スペースの無い集団戦で 上に刀を 大きく振り上げる余裕等が有るのかだが ファルクスやツヴァイハンダーは この様な攻撃をしていたと言う事かも知れぬが 乱戦に成る前の 使用と言う可能性も有る訳だろうか
12-13 08:47

戦国時代の騎馬武者・足軽も 槍は兎も角 刀での打ち合い等は 現実には殆ど無く 槍で決着が付かぬと見れば 刀での打ち合いでは無く 組討ちに移行したと言う可能性も 有るのかだが
12-13 08:54

三井物:世界最大ファンドしのぐ投資-ポスト資源で競争激化  http://t.co/l5Q53Xzo 欧米デフォルト後の 日英の世界支配の 下準備と言う事では無いのかだが
12-13 10:00

https://t.co/AObYy1GT 左の続きだが 槍で決着が付かぬと見た後は 大刀での ソードレスリングに移行し 腰刀・脇差は二刀流や首を跳ねる以外 使わなかった可能性も有るのかだが
12-13 10:06

https://t.co/B2usBgq3 左の続きだが 大刀でのソードレスリングの際に 腰刀・脇差を 奇襲的に抜刀して 敵を倒すと言う方向は 有ったのかどうかだが
12-13 10:14

https://t.co/bKoXudM5 左の続きだが http://t.co/P3kDCbiZ 抜刀術は 戦国時代以前にも有る様だから 大刀でのソードレスリングの際に 脇差や腰刀を 奇襲的に抜刀し 敵を倒すと言う事は 行われていた可能性も有る訳だろうか
12-13 10:37

https://t.co/eoejm15g 左の続きだが 敵の脇差・腰刀を 大刀でのソードレスリングの最中に抜いて攻撃したり 小柄や笄を 奇襲的に抜刀し 敵を倒すと言う事は 有ったのかどうかだが
12-13 10:39

脇差・腰刀は左腕でも抜刀は 脇差を左の順手で抜刀していた 長七郎江戸日記等を見る限り 可能かも知れぬが 西欧の短剣は左手では抜けるのかどうかだが 西欧の甲冑剣術で右に長剣・左に短剣を持つ構えが確か有るから 可能かも知れぬが
12-13 12:51

http://t.co/neyOdAY8 西欧の17世紀の短剣も この様な装備位置では 左手での抜刀は無理であり 銃・ピストル戦が多いこの時代は剣が軽視され 戦場での二刀流は無かったと言う事なのか どうかだが
12-13 13:12

http://t.co/woqJ4xBZ 1550年頃の絵でも 西欧の短剣は左手が 届かない位置に有る訳だろうし ピストル戦に対応した 15世紀中期のハーフアーマー登場と同時に 剣術が軽視され 戦場での二刀流が無くなったと言う事なのか どうかだが
12-13 13:22

http://t.co/mfamT0r1 このパレードアーマーの 膝部分は 山羊を模しているのか 悪魔を模している可能性も 有るのかどうかだが
12-13 13:32

http://t.co/Ba3sUu7R 此れは左肩が ベルセルクの グリフィスの甲冑に 似た様にも見えるが パレードアーマーも含め 現実の甲冑の意匠では 無いと言う事だろうか
12-13 13:47

http://t.co/enCcvz7K 1530年頃には 左手でも抜ける 短剣の付け方も 残っていたと言う事なのか どうかだが 1550年代には 廃れていた訳だろうか
12-13 14:18

戦国時代で 敵が突然 槍を捨てて飛び込んできたら 太刀や打刀の抜刀術も 有用なのか どうかだが
12-13 14:58

抜刀術も 余り重視されている様には見えぬ訳だろうから 戦場での使用も 限定されていたのかどうかだが
12-13 15:06

槍での打ち合いの最中に 敵が槍を捨て 二刀をいきなり抜刀術で抜刀され 懐に飛び込んで来た場合 此れに素手で 何処迄対応出来るのかだろうし 1刀相手でも 厳しいと言う事は無いのかだが 1刀でのソードレスリングの間に 短刀をいきなり抜刀されても 対応出来るのかどうかだが
12-13 15:19

宮崎アニメ新作は「風立ちぬ」 来夏、高畑作品と同時公開  http://t.co/Vq4nDAWV 米が共和党クーデターでやらられた後の 安倍ー石原・橋下の 日本の再軍備を阻害する様な作品とは 成らぬと言う事では無いのかだが
12-13 17:36

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8670-5faa641d