FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

http://t.co/0qzvfswE 此れは仏の アフガン用ギリースーツの様だが アフガンの山岳地帯に対応して 茶色なのかどうかだが
09-20 09:22

[CL]決勝アシストの香川、「こうやって勝ち切るのが典型的なビッグクラブ」 http://t.co/cibA9KRN 香川システムは 未だ使われる様だから 欧米デフォルト後 次に世界を支配する日英の 再同盟の象徴として 香川が利用されると言う事だろうか
09-20 09:30

http://t.co/3U34dgNC WW2終戦後も フィリピンで29年戦っていた 小野田寛郎も 慰安婦は捏造と見 右翼を支持している様だが 彼の生きている内に恐らく 米はデフォルトして WW2を仕組み 慰安婦を捏造した事も 発覚すると言う事では無いのかだが
09-20 09:54

9月は半分以上が長打…“進化”青木が左手首に施した工夫 ― http://t.co/zXNy9mJL これだけ長打が多いと 来季HRは 15-20本 打てる可能性も有るのでは 無いのかだが
09-20 10:42

ジェスタや イフリートシュナイド等 部分的にガンダリウム装甲が使用されているMSも 有る訳だろうが ガンダリウム装甲は 炉やコクピットの有る 胴正面だけと言う可能性も有るのかだが 胴正面も バズーカが通用せぬ ガンキャノンの様な防御力は 無いと言う事では無いのかだが
09-20 11:05

ランバラルのグフは 胴でガンキャノンの砲を防ぐ等 ガンキャノン並みの防御力は無いのかだが 量産型は バルカンを止めるのが 限界の様だが グフカスタムも ランバラルのグフ並みの防御力が 有る可能性は無いのかだが
09-20 11:07

リックドム等 バルカンでやられているし 量産型のドム・ドワッジも 同程度の防御力しか無いのかだが 黒い三連星のドムは バルカンは通用しないと言う発言も有るが ライフルや砲は 防げるのかどうかだが
09-20 11:12

ザクやリックドムが バルカンでやられていると言っても 胴体正面等は 同一箇所に多数被弾したから 装甲が保たなかったと言う可能性も 有るかも知れぬし NTのアムロが バルカンを 動力炉やコクピット正面の装甲の 同一箇所に多数命中させたから 撃破出来た可能性も有るのかだが
09-20 11:26

08小隊等を見ると ライフルでもザクを仕留めるのには 手を焼いているから バルカンでは 同一箇所に多数命中させないと 撃破出来ぬ可能性も有るのかだが
09-20 11:40

UCのマラサイ・デザートゲルググも 2対1であれ 機動性の高い バイアランカスタムに 空中戦を挑む等 無謀では無いのかだろうし 地形を利用していれば 勝算は有ったのでは無いのかだが 海ヘビの電撃がバイアランに通用しなかったのは 不可解では有る訳だろうか
09-20 11:51

IGLOOでは マシンガンで陸戦ジムがやられていたが 陸戦ジムはルナチタニウム装甲であるなら 此れはどうなのかだが チタン合金装甲の 陸戦ジムも 後で配備されていたと言う事なのかどうかだが
09-20 12:11

依然角質培養中だが 顔の右側面の皮は 下しかむけなく成ったが 目の鼻側の横の部分の平坦性が 余り無いが 眼鏡の重量で この部分の皮が伸びて 皺が目立っている部分も有るが 眼鏡を外しても 横に段が有るから 矢張り平坦では無いと言う事かも知れぬが
09-20 12:34

赤鬼のデザインを入れた 戦国時代の 騎馬武者を ざっと書いたが 槍と同程度の長さの 木材に鉄板を部分的に貼った 金棒を装備したし http://t.co/e1W9ODQO 左の長谷堂合戦図には 槍と同等の長さの 金棒が書かれている訳だが http://t.co/oehNJHaE
09-20 12:59

https://t.co/Kn03cAHK 左の続きだが 金棒も標準的素槍と同等の 3.5mの物は兎も角 5m等の長柄槍と 同じ長さの物等は有るのかだが 竹製で先端だけ太くして 先端だけ金属板を貼るだけなら 重量も嵩まぬ訳だろうか
09-20 13:01

http://t.co/ufWNmgYE 全金属製の金砕棒は 重量を考えると この程度のサイズが 限界だった可能性も有るのかだが
09-20 13:07

http://t.co/z5QdVdKE 左の十二類合戦絵巻に有る様な 南北朝時代以降の 大立挙臑当は 何故登場したのかだが 下馬戦闘多用で 騎馬武者の足が狙われる様に成った故なのかだが 立挙が巨大化したのは 大太刀や薙刀で 膝を割られぬ為の 措置の可能性も有るのかだが
09-20 13:26

http://t.co/Gvsqhiqq 左の  室町時代の 結城合戦絵詞では 臑当の立挙は 南北朝の物より やや小型化している様にも見えるし 此れは武器が大太刀・薙刀から 槍に変化したから 膝を割られる事が 減った故と言う可能性も有るのかだが
09-20 13:32

前に 日本の戦闘用斧が 書かれている 近代以前の絵は 見ないと書いたが http://t.co/5JhAAnZt 左の 室町時代の 十二類合戦絵巻に 武器の斧らしい物が書かれているが 短い物だし 戦闘用では無く 扉を破砕する為の物の可能性も有るのかだが
09-20 13:40

http://t.co/rnI5QCcr 十二類合戦絵巻は 左にも 斧が書かれているが 此れは背中に携帯しているから 扉破砕用の物の可能性も有るのかだが
09-20 13:45

http://t.co/iRkLymh6 左等を見ると 大立挙の臑当でも 大太刀や薙刀が クリーンヒットすれば 膝がやられる可能性も有るのかだが
09-20 13:55

http://t.co/smRRKat2 左を見ると 標準的素槍と同程度の長さの 3.6mの 金砕棒も有る様だが 木製或いは竹製で 先端だけ鉄板で 補強してあると言う可能性も有るのかだが
09-20 13:58

http://t.co/5JhAAnZt 一番左に有る 棒の様な物は 戦闘用なのかどうかだが 金棒では無く 只の棒の可能性も有るのかだが
09-20 14:06

http://t.co/OLwQgUBY 長い打刀も 15世紀中盤の 十二類合戦絵巻に 既に書かれているが 太刀を持たぬ 下級の徒士用の物の可能性も有るのかだが
09-20 14:18

http://t.co/Bw9GadfX 左の ピックの様な物は 一体何なのかだが http://t.co/qVQlEHJN 左には 攻城用の 突鍬と書いてあるが 此れは戦闘用に 使われた可能性は 無いのかだが
09-20 14:34

http://t.co/wY5r1RLC 0だった角質層が 完全に再生する迄 28日程度は 掛かる様だし 私の場合は 角質培養開始から 3週は経ったから もう少しで 角質層は完全に 完成するかも知れぬが 鼻の側面上部が 段が出来て 余り平坦では無い訳だが
09-20 14:56

乾燥で 角質層が水分不足と成り やられると有るが 私の場合 扇風機を右側から浴びているから 顔右側面の皮が 妙にはがれている可能性も 高いかも知れぬし 背中から扇風機を浴びれば 良いかも知れぬが
09-20 14:58

http://t.co/wY5r1RLC >この肌サイクルは、ハタチ頃までは約28日周期で行われますが、歳を重ねると少しずつ長くなってきます 等と有るから 私の場合は 肌サイクルは 28日より長いと言う事だろうし 顔右側は扇風機の乾燥で 可也サイクルは 遅れると言う事かも知れぬが
09-20 15:02

http://t.co/OERa7czt >「肌サイクル」は、 >加齢と共に新陳代謝も滞り、そのスピードは遅くなり、40代では約40日とも言われています。  こうも年齢で 肌サイクルは 遅く成る訳だろうか
09-20 15:21

http://t.co/OERa7czt >肌サイクル」が長くなると、古い細胞が肌にとどまって出て行かないため新しい細胞が作られにくくなります そのため肌が乾燥し、ゴワつき、透明感が失われ、くすみの原因となってしまいます 年齢と共に 肌の透明度が消えるのは 此れが理由な訳だろうか
09-20 15:24

http://t.co/OERa7czt >ポイントは、夜10時~深夜2時まではしっかり眠ること。 >この時間に心地良く熟睡できていることが大切なのです。 10時に寝ても すぐに睡眠できる訳では無いから 遅く共9時30分頃には 寝る必要が有ると言う事では 無いのかだが
09-20 15:29

ボクシング界から称賛の嵐 「最大の夢」実現に期待 http://t.co/PZlDv2n5 欧米デフォルト後 再び世界を支配する日英が ボクシングも支配と言う事では無いのかだが
09-20 15:39

カフェインや運動等で 代謝スピードを速くして 肌サイクルを速くすれば 高齢でも 古い角質は 早期に入れ替わる可能性も有るのかだが 28日等には 戻るのかどうかだが
09-20 16:02

日本刀と西欧の剣では 甲冑を叩いても 凹むのは 同程度だが 突く攻撃では西欧の剣は 薄く 先が細いから 貫通力は低く 日本刀は 厚く 先が太いから 西欧の剣より 可也貫通力は 高かったかも知れぬし 甲冑相手では 突き主体で日本刀が使われていたと言うのは 正しい可能性も有るのかだが
09-20 18:20

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8587-c7441d69