FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

依然角質培養中だが 顔の側面の皮が 左側だけ 何故かむけなく成ったが 特に左右で水を流す量は 変えていない訳だが
09-17 08:24

http://t.co/xmDcl6CY この様に湾曲した太刀の場合は 腕をあまり上に上げず共 切り下ろせると言うメリットは 有るかも知れぬし 重い太刀を 上に持ちあげるのは 力が要ると言う事だろうか
09-17 09:57

此れは平治物語絵巻の 一部だが 肩に弓を掛けて 太刀に手を掛けている 徒士が書かれているが 騎馬武者も同様の構えは 行なっているのか どうかだが http://t.co/Y55hvNaj
09-17 10:40

猪のデザインを入れた 戦国時代の 騎馬武者を ざっと書いたが 前立は http://t.co/34QLnU0K http://t.co/Qb5Soi6x 左に有る様な 猪の目の紋である訳だが http://t.co/5J2bisvh
09-17 13:50

https://t.co/3GqjxKDw 左の続きだが 後立は http://t.co/9nAkKakQ 左の藤堂高虎の具足に有る 猪毛の物 指物の紋は http://t.co/10A3F0zn 左の 河原田盛継の 物である訳だが
09-17 13:53

https://t.co/NVKZz70a 左の続きだが 胴の紋は http://t.co/AsVIIuOa 左の 八田金十郎の具足の物であり 具足の表面は http://t.co/sZITKSXI 左の家康の具足の様に 猪毛で覆われていると言う事だが
09-17 13:56

https://t.co/scaNnHAb 左の続きだが 佩楯は http://t.co/cMVHwR2c 左に有る様な 腿全周を覆う 宝幢佩楯 臑当は 立挙の巨大なタイプであり 鎖帷子を 篭手の内側に 着ていると言う事だが こうした着方は 実際有ったのかどうかだが
09-17 14:02

https://t.co/7nNrfwyK 左の続きだが 斧は http://t.co/ugFCYDpy 左の様な 猪目紋が入った 大斧だが 此れは儀式用の物だろうし 戦闘用の実物は 見当たらない訳だが 槍と同等の長さの物は 有るのかどうかだが
09-17 14:23

https://t.co/qoWwO8IP 左の続きだが http://t.co/cMVHwR2c 左には 戦闘用斧が書かれているが 此れの現物は 有るのかだが 戦国時代の絵に書かれている 戦闘用斧と言うのも 全く見ない訳だが
09-17 14:54

https://t.co/sy2IlY1D 左の続きだが http://t.co/sxwkOUSv 斧の家紋と言うのも有るが 此れは戦闘用斧と デザインは同じなのか どうかだが
09-17 15:02

http://t.co/NX6VNlbO 前紹介したのとは別の 入峰斧が有るが 此れは戦闘用に使うには 刃に細過ぎる部分が 有るのでは無いのかだが
09-17 15:08

http://t.co/DJfElpa2 猪の毛皮の 尻鞘と言うのも 一応有る様だが 鹿や豹・熊の毛皮の物同様に 実物は全く 見ない訳だが
09-17 17:34

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8584-3542f118