FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

米軍の垂直離着陸機「V-22オプスレイ」、開発が難航した最大の原因“ボルテックス・リング”とは 

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1170829185/
>「800フィート/分」の制約条件に関して海兵隊ではUH-60>「ブラックホーク」でも
>大した変わらないと言っている。
>しかし、これにも実は、含みがあって、同じ「800フィー
>ト/分」であってもオスプレイの
>「800フィート/分」の場合は運用限界のギリギリの数字を
>表しているのに対して、
>ブラックホークの「800フィート/分」場合はかなり余裕を
>持たせた数字となっているのだ。

ブラックホークも実戦では800フィート/分を超える
降下速度を出して居ないなら
問題は無いと言う事は無いのかだが
オスプレイは限界ぎりぎりの800フイート/分で
果たして降下するのかどうかだろうし
実戦での降下速度は
安全を考慮して更に遅く成ると言う事は無いのかだが
特殊部隊のヘリは発見を避ける為に
低空飛行をするなら降下速度は問題とは成らぬ可能性も
有るだろうが
輸送部隊のオスプレイはミサイルの射程外の
高高度を飛行した後
飛行場上空で急降下するなら
この時間が長いと言うのは問題には
成らぬのかどうかだが

オスプレイにミサイル妨害装置を装備した上で
飛行場周囲をRPGや機関砲の射程外迄
制圧すれば
問題は無いと言う事かも知れぬが


http://encyclopedia.masdf.com/pukiwiki.php?SA-14
ゲリラが持って居る上なら
射程・到達高度は5km程度だろうし
ヘリに妨害装置等無く共
飛行場の周囲5km程度を制圧すれば
SAMは防げないのかどうかだが


まあしかしUH-60では
http://ja.wikipedia.org/wiki/UH-60_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF
>実用上昇限度:5,790 m

であるし
5000m迄上がれば航続距離は
どう成るのかだが
オスプレイは1万m程度には
上がれただろうか


http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/message00/ah64d.apache.htm
アパッチなら6400迄上がれるだろうが
6400m上からATMは兎も角
ロケットや機関砲を当てられるのか
どうかだが


http://military.sakura.ne.jp/aircraft/4_v-22.htm
>上昇限度(実用) 7,924m

オスプレイも1万は
上がれない訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/842-301ea52b