FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

燕・小川監督、由規に「話にならない」 http://t.co/UUX5KKG 由規出身地の ジェイ小沢旧仙台藩勢力が スファラディーフジヤクルトに 攻撃されていると言う可能性も有るのかだが
08-21 07:29

muslim cavalryman http://t.co/fa7Y4fR 此れはウマイヤ朝騎兵の様だが 7世紀中盤の物の様だし シャルルマーニュ時代よりは 前の物だろうか
08-21 08:18

muslim warriors http://t.co/39i2TXi 此れは8世紀の ウマイヤ朝歩兵の様だが 女の衛兵等も 書かれている訳だろうか
08-21 08:24

Sultan Saladin http://t.co/9INwMRv 此のサラディンも キングダムオブヘブン等とは 随分違う格好だが この様な格好をしていたと言う 証明は有るのかだが 此の鎧は鎖帷子+綿入れのアクトンなのかだが
08-21 09:38

何れ資料が十分集まった後 シャルルマーニュ伝説の イスラムの戦士ロジェロ・マルフィサを書く際には スケイル或いはラメラーのほぼ完全鎧の上に イスラム風衣装を装備していると言う様な 格好としたいが 以外と当時のウマイヤ朝騎兵は 鎧の上に服は着ていない様に見えるが
08-21 09:59

リビア 反体制派と首都で戦闘 http://t.co/qrwrPTG リビア・シリアの現政権打倒後 米デフォルト後に中国でも此れの勢いを駆って 蜂起が起きると言う事に 成るのかだが
08-21 10:09

東名で車横転…子ども死亡、9人が重軽傷 http://t.co/b5VUwUO 此れも プロテスタント旧幕軍旧徳川本拠静岡への 攻撃では無いのかどうかだが
08-21 10:33

スケイル・ラメラー完全鎧の上に カフタンの様な 前開きの服を着ている 如何にもイスラムの重騎兵と言う格好は ウマイヤ朝の時代には無かったと言う事なのかだが
08-21 10:41

米格下げ後は 米を評価している者が多い日本人でさえ 米国万歳論者が可也減っている様に見えるし 米がデフォルトし分裂すれば 絶滅すると言う事に成るのかだが
08-21 11:21

http://t.co/ZmWO0Q7 左のオスマントルコ兵の様に 完全鎧の上に 前開きの服を着ている様な物は ウマイヤ朝には有ったのかどうかだが http://t.co/5tXRGqX 左の様なタイプの 前開きの服も イスラム兵には有る訳だろうか
08-21 11:37

http://t.co/iOwEnWb 左には7世紀のウマイヤ朝重騎兵のフィギュアが有るが 此れもラメラー鎧の上に 服は着ていない訳だろうか
08-21 13:56

http://t.co/ofTz1V5 左の続きだが http://t.co/GLW53Yq 左にも フィギュアの物に非常に似た ウマイヤ朝重騎兵が書かれているが ラメラー鎧の下に 鎖帷子迄着込んでいるし 当時のキリスト教重騎兵よりは 重装備では無いのかだが
08-21 14:09

学研 戦国武将 家紋・旗・馬印FILE100 引用1 http://t.co/uffatcL この大久保忠世の蝶の指物は http://t.co/Gft9tSE 左とは随分違うが 何れも何か絵を参考としているのかどうかだが
08-21 15:14

学研 戦国武将 家紋・旗・馬印FILE100 引用2 http://t.co/fUTDgq1 此れは徳川秀忠の 使番だが 指物は母衣では無く 団扇を使用している例も有るのかだが
08-21 15:27

学研 戦国武将 家紋・旗・馬印FILE100 引用3 http://t.co/oxLGQ5I 左に蜂須賀家政の 指物や陣旗が有るが 武家奉公人は左の様に 陣旗を持ちながら 指物も付けていたのかだが
08-21 15:43

プロテスタント米が完全にスファラディーに敗北したから スファラディーが操っていた カダフィー等の米の敵も用済みと成り 粛清されていると言う事かも知れぬし 米がやられる前に 彼等がスファラディーに始末される訳も無いなら プロテスタント米は矢張り 完全にやられたと言う事だろうか
08-21 15:54

学研 戦国武将 家紋・旗・馬印FILE100 引用4 http://t.co/UVzERib 左は前田利家の 鍾馗の馬印だが 此れは一人で持つには 巨大過ぎないのかどうかだが
08-21 16:03

ザックジャパン、ウズベキスタンで合宿も http://t.co/04BnbqZ 11月では米も可也やられているかも知れぬし ウズベキスタンでの合宿は 中央アジアへの日本のプレゼンス確保の為も 有るかも知れぬが
08-21 16:11

学研 図説 戦国合戦図屏風 引用1 http://t.co/aoRpsVV 左は 川中島合戦図屏風の岩国美術館本だが 江戸前期に作られたからか 他の新しい物より上杉謙信の太刀が長く 実戦用の大太刀に成っている訳だろうか
08-21 16:32

学研 図説 戦国合戦図屏風 引用2 http://t.co/KaR5heU 岩国美術館の川中島合戦図をテストで読み込んだが 図が手持ちのA4スキャナでは巨大過ぎて浮いて仕舞い ピントが合っていない所が出来て仕舞ったが ピントが合っている場所は A4の本だが可也細部迄見えるだろうか
08-21 17:03

http://t.co/zwqyrau 左の続きだが 今日はもう時間が無いので UL・資料分析は此処迄とするが 左の川中島合戦図もざっと見る限り 盾を持つ兵が書かれていないが 実際は居たのかどうかだが
08-21 17:05

http://t.co/kt6juKU 左の続きだが 通常は一つの備の槍足軽は30名だが 左の川中島合戦図を見ると 槍足軽が30名より可也多く 横一列に並んでいるが 此れは1つの備の槍足軽が多いのか 複数の備の槍足軽が 横一列に並んでいるのかだが
08-21 17:28

http://t.co/kRcApW5 http://t.co/KaR5heU 左の川中島合戦図も 両翼に鉄砲・弓足軽 中央に槍足軽を配置しているし イングランドのロングボウ戦術と 同様の構えをしている訳だが 此れは実際に使われた陣形なのかだが
08-21 17:39

http://t.co/3nb48rg 左の続きだが http://t.co/KaR5heU 左の川中島合戦図の場合は 足軽は何故か 指物は無いし 指物の有る騎馬武者もほぼ全て下馬している訳だし 馬は後方に下げられている様だが
08-21 18:43

http://t.co/XkzvcAF 左の続きだが 黒田屏風では 足軽も指物は有るから 川中島の足軽も 実際は指物は有ったのかも知れぬが 戦国時代の騎馬武者は絵を見る限り 学者の言う様に 下馬戦闘が主体と言う事かも知れぬが 追撃時や逃走時は 馬に乗っていたと言う事だろうか
08-21 18:46

http://t.co/ImhjsfD 左の続きだが http://t.co/KaR5heU 左を見ると 指物の有る下馬した騎馬武者の槍は 足軽よりやや短いが 此れで足軽に対抗出来るのかだが 長く槍を持つ等して 対抗していたのかだが
08-21 18:53

http://t.co/nWFjrNP 左の続きだが http://t.co/KaR5heU 左の指物の有る騎馬武者の背後には 通常は槍を持っている 武家奉公人が居るが 武家奉公人は騎馬武者一人辺り2?3人は居ただろうが 槍を持つ者以外は 後方に退避している訳だろうか
08-21 19:04

http://t.co/tLGrdr0 左の続きだが 旗を背負ったり 騎馬武者の背後に居る武家奉公人も 具足を着ているが 実際は無かったと言う事は無いのかだが 陣笠の無い貸具足も有っただろうから 此れは装備していた可能性も 有るのかだが
08-21 19:08

http://t.co/2GLmi22 左の続きだが http://t.co/2RbpZIL 左の黒田屏風では 大きな旗を背負う武家奉公人には 陣笠は無いし 武家奉公人は胴だけの貸し具足しか 実際は装備していなかったと言うことは無いのかだが
08-21 19:13

http://t.co/CBVyyZp 左の続きだが 黒田屏風には 具足が無い奉公人が 少数は書かれているから 実際は貸具足を装備していない奉公人も 多かったのかだが 刀は皆一応 安物は装備していたのかどうかだが 
08-21 19:16

コストの安い桶側胴普及以前は 足軽は腹巻或いは腹当・+陣笠或いは半首・或いは何も無しと言うのが 基本だったと言う事は無いのかだろうし 武家奉公人は装甲は 基本的に無かったと言う事は無いのかだが
08-21 21:11

http://t.co/d4TpAzT 左の様に コストの安い桶側胴出現前は 盾や旗を持つ武家奉公人は 高価な甲冑は装備していのかだろうが 槍足軽は腹巻+陣笠も有るのかも知れぬが 弓足軽は接近戦は余り無いから 腹当て+反首も多かったのかどうかだが
08-21 21:59

コストの安い桶側胴出現以前の武家奉公人も 革製の腹当て程度なら 装備出来た可能性は無いのかだが 槍足軽や弓足軽の具足は 革製だったのかどうかだが
08-21 22:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/8205-5520ac58