FC2ブログ

Category

2020.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

役所で描く!超大作「山本五十六」撮入へ 

http://www.sanspo.com/geino/news/110513/gnj1105130506016-n1.htm
五十六は長州閥を米に叩かせる為
プロテスタントと組んで真珠湾攻撃を仕組んだ
薩摩閥の人間では無いのかだが
役所広司は長崎の人間だから
長州閥かも知れぬし
長州閥が薩摩閥勢力の取り込みを図る為に
長州閥の役者を用いて
五十六を良く描いた映画を作らせると言う事では無いのかだろうし
米がデフォルト後に
プロテスタント勢力が真珠湾攻撃を仕組んだ事が発覚しても
旧海軍を支配していた薩摩閥が彼等と協力していた事は伏せられ
旧海軍も米プロテスタント勢力に嵌められて
やられた事と成り
米プロテスタントと組んでいた五十六や他の薩摩閥勢力も
靖国に残れるシグナルと言う事かも知れぬが

五十六を良く描く映画が作られる等と言うのは
米がデフォルトして北京・韓国もやられる
シグナルでは無いのかだろうし
映画公開の12月迄に
米や北京・韓国はやられていると言う事では無いのかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%85%AD#.E6.88.A6.E6.AD.BB.E3.81.AB.E9.96.A2.E3.81.99.E3.82.8B.E3.82.82.E3.81.AE
>また、他の遺体が黒焦げで蛆虫による損傷が激しいにもかかわらず、この二名だけは蛆も少なく比較的綺麗な形で残っていた。

>軍医の遺体検死記録によると「死因は戦闘機機銃弾がこめかみから下アゴを貫通した事によるもの」という結論が出され、ほぼ即死状態であったと推察されている。しかし山本が搭乗していた一式陸上攻撃機を銃撃したP-38戦闘機の機銃の口径は12.7mmであり、検死記録の事実通りであれば頭半分は吹き飛ぶはずである。こういった疑問点から山本の頭部を打ち抜いていたのは、拳銃弾などの小口径の銃弾であった可能性が否定できず、これが「山本自決説」「第三者による射殺説」が論じられる根拠になっている。

山本五十六もプロテスタント薩摩閥のスパイであるなら
撃墜を装って逃亡したのかも知れぬし
遺体はピストルで撃った跡を付けた別の者を
置いておいたと言う事は無いのかだろうし
同様にプロテスタントのスパイと言う
ヒトラーも本物の遺体は
発見されて居ない訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/7801-5297ac87