FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

PS3/Xbox 360「バトルフィールド:バッドカンパニー2」、国内でも来春発売と正式発表 

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1256271716/
>もっとも,本作のエグゼクティブプロデューサーを務めるKarl-Magnus Troedsson氏は,
>Activisionの「Call of Duty: Modern Warfare 2」がデディケイテッドサーバーをサポートしないと
>発表したことに対し,自身のTwitterで力強く主張していることもあり,そこまで言って,
>出ないなんてことはまずないんじゃないかしら。

この問題が原因で
ロスチャイルドEAがFPS支配と言う可能性は
有るのかどうかだが

>歩兵戦闘だけではなく,ヘリコプターや戦車といった
>破壊力抜群の大型兵器が次々に登場してくることに加
>え,マップ上の多くのオブジェクトが
>破壊可能というシステムを楽しみにしている兵士も多い
>ことだろう。うざい狙撃兵などは,
>隠れている場所ごと木っ端微塵に吹き飛ばしてしまえば
>いいのだ。

壁の背後に隠れても現実にはM2で
遠距離からやられるかも知れぬし
穴に篭っても遠距離から
迫撃砲やエアバーストグレネードで
やられる可能性も有る訳だろうが
ゲリラはM2やエアバーストグレネード等は無いだろうが
NATO正規軍側で此れが出て来ないのは
どうなのかだが

ボディーアーマーが有る相手を
ライフルで簡単に無力化可能なのかだろうし
ゲリラも一部の兵にはボディーアーマーは有る訳だろうし
5.56mmでは特に威力不足が言われている訳だろうし
近接戦用にもボディーアーマーを着た相手用には
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89M14
SOCOM16等の7.62mmのライフルが使われる例が有る様だし
装甲の有るゲリラ精鋭部隊に対しては
近接戦にも対応可能な様に

上の様に全長の長い7.62mmをブルパップ化して
近接戦時には火薬の量をやや減らした弾も
使える様にすると言う方向も有る訳だろうか
M16等は全長1mも有るし
http://homepage3.nifty.com/sweeper/gun/s_rifle/wa2000.htm
狙撃銃並みの銃身長を持たせても
ブルパップ化すれば上の様に
90cm程度で収まる可能性も有る訳だろうし
現代の技術なら可也軽量化も
可能である訳だろうが
不意の近接戦に備えて弱装弾を基本的に装填し
狙撃が可能な状況では通常弾を利用と言う方向で
良いかも知れぬが
M4の様にフォアグリップを装備すれば
反動は可也制御出来ないのかだろうし
弱装弾で無く共フルオート射撃は
問題無い可能性は有る訳だろうか
(単なるフォアグリップでは無く
 FN-SCARに装備されて入る様な
 バイポッド内臓のフォアグリップとして
 狙撃時に此れを利用すると言う
 方向も有る訳だろうか)

上を見る限りフォアグリップを持っても
反動は可也有ると言う事は無いのかだが

上のFN-FAL等を見ると
反動は余り問題が有る様には見えないが


FN-SCARのぶれの方が
FALやG3より大きい様にも見えるし
此れは重量が1kg程度軽くなったのが
影響しているのかどうかだが
此れは実用上問題無いのかだが
本体が重いと装備品を付け難く成るだろうし
装備品が無い場合は予備弾倉等を付けて
重くすると言う方向も有る訳だろうか

20mmグレネードランチャーを装備する場合は
5.56mmで無いと重過ぎるかも知れぬが
今の所この種の銃を大量配備する計画は
無い訳だろうか
(パワードスーツなら7.62mmと
 20mmグレネードの同時装備も可能だろうが)

パワードスーツが配備されれば
M2・迫撃砲やエアバーストグレネードが
1名で簡単に運用可能と成るかも知れぬし
此れは厄介と言う事は無いのかだが


迫撃砲やエアバーストグレネードの破片には
ボディーアーマーは何処迄対抗可能なのかだが
装甲の無い部分に破片が刺さって
可也戦闘力は低下する可能性も有る訳だろうが
完全に無力化と言うのは何処迄可能なのかだが
(軽量タイプのボディーアーマーでは
 大型の破片は防げないと言う事だっただろうか)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/5412-f596b37e