FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

財務省の主計官補佐が国家戦略室に 「英国出向経験」で起用 

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090928/plc0909282108012-n1.htm
英に居た官僚等を国家戦略局で使うと言う事は
矢張りロスチャイルドの政権への影響が
強い事を伺わせると言う事かも知れぬし
此れは英の様に政治が上手く行っている・
政官財の癒着は無いと見せ掛けて
経済を支配するユダヤに攻撃が行かない様にする為の
ノウハウをユダヤの逃げる日本に移転する為と言う事かも知れぬが
日本の政治を英国化している間は
英の権威を保つ必要は有るかも知れぬが
此れが終わった後英は
ネオコン地盤のアイルランドを叩く為の戦争に
北アイルランド防衛を口実に突入し
此れの影響でスコットランド等が独立・
解体される可能性も有る訳だろうか


英の様な
国民に政治が上手く行っている様に見えるシステムを導入し
経済を支配するユダヤに攻撃が行かない様な構造を作った後で
ユダヤが日本に逃げると言う事は無いのかだろうし
此れの構築前に
直ぐにユダヤが逃げて来るのかだろうし
日本の政治が英国化する迄は英は生かされて
ユダヤも英・欧州に留まると言う事は無いのかだが


管・小沢が英を訪問
英に居た官僚が政権で重要視されると言う事は
ロスチャイルドは日英同盟時の様に
日本を重視していると言う事なのかだが
英はシェル売却問題に見られる様にユダヤを差別して来たし
仏もドレフュス事件等に見られる様に
ユダヤ差別は有る訳だろうから
何れロスチャイルドも欧州を捨てると言う事は
無いのかだろうし
米も反ユダヤ的な連中は可也多い訳だろうか


http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/m20090928022.html
>小沢氏は英国訪問が多いことで知られる。平成5年から5年連続で訪英したほか、少なくとも11、12、16年にも訪問している。

小沢もジェイの対ロスチャイルド交渉役として
使われていたと言う事は無いのかだが
一度目の細川を利用しての
ネオコンからの政権奪取は
ネオコンの抵抗で失敗したのかどうかだが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/5276-170dfd15