FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

AN94アサルトライフル 

http://www3.ocn.ne.jp/~tokkaken/an94_M-F.htm
>序説でも述べたとおり,AN94では最初の2発と3発目以降で発射レートが異なる.
>これは,射手に一発目の反動が伝わらない内に(弾道に大きな影響を及ぼすほどの反動が来る前に)2発目を発射することで,2つの弾丸をほぼ同軌道に乗せることが目的である.このダブルインパクトが標的の受けるダメージを大きくする.

此れは5mm弾を防ぐ防弾チョッキ迄貫通可能なのか
どうかだが
まあ2発目が1発目と
全く同じ位置に当たるとは思えぬし
困難である訳だろうか

まあ矢張り最初の二発の反動がほぼ無いと言うのは
精度を考えれば脅威では無いのかだが
狙撃銃に同様の機構は
装備されないのだろうか


http://www.f6.dion.ne.jp/~gun45/an94.htm
>同様に銃の劣った人間工学も不十分であると非難される。このライフルはライ
>ト、レーザーポインター、グリップ等を取り付けられるはずのマウントレールも
>持たない。左のレシーバー側面へのマウント可能性は技術的に時代遅れである。

この辺りは何れ
改修される訳だろうか


http://ja.wikipedia.org/wiki/7.62mm_NATO%E5%BC%BE
>これらの事態が続く間、アメリカ軍はサルヴォ計画 Project SALVO という名で、射撃に関する研究を行っていた。
>4発の弾丸をバトルライフルからバースト射撃した場合、弾丸が20インチ(約50cm)範囲に着弾すれば、負傷者の数を倍にするが、
>弾薬の口径は結果に変動をもたらさない、という結論に到達した。彼らはまた、0.22口径(約5.5mm)の弾頭が2発入った弾丸(二重装填 duplex load )の採用の提案を行い、
>別の研究者は、フレシェット弾であれば軽量化でき、.30-06弾より小さい口径でもより強力な貫徹力を示すとした。

この手の弾丸が採用される可能性は
有るのかどうかだが


http://mltr.e-city.tv/faq09b03.html
>この間,作動部分は無反動砲的に宙に浮いているため反動はほとんどなく,慣れた射手は100mでワンホールショットを普通に決めることができます.
>下手な射手でも二発の命中弾を与えることは容易でしょう.

矢張りAN-94と言うのは脅威では
無いのかだが
ヒズボラには出回って居るのか
どうかだが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/517-46b1389e