FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

AH-64DはAH-1Zより上か・他 

http://www.geocities.jp/eaglet_f15/MILITARY/Ka-50.htm
>スチール装甲と複合材が機体各部に使用されているため離陸重量は9.8トンに達し、NATO諸国の標準的重機関銃の12.7mm砲弾の直撃に耐えることが可能。
>特にコクピット周辺は念入りな防弾装備が施されており、複合材とセラミック防弾板による2重の防弾鋼板計300kg以上で囲まれ、100m距離からの23mm弾の直撃に耐えられる。
>風防とキャノピーは55mm厚の平面防弾ガラスでできており、12.7mm弾に耐えられるという。

キャノピーが12.7mmに耐えられるとは知らなかったが
25mmチェーンガンを受ければ
コクピットは
保つのかどうかだが


>スタブウイング後端にレーザー警戒装置が装備されている。これらの機器は連動しており、レーザー照射を受けると自動的にチャフ・フレアカートリッジを一定間隔で放出する。

レーザー誘導ATMに対する
警戒装置迄有る訳だろうか



>これらの要素によりホーカムは非常に高い機動性を得ており、例えば宙返りやロールは勿論のこと、機体をターゲットの方向に固定したまま垂直・水平高速機動を行うことで対空砲火を逃れながら目標に火力を集中できる、通称「ファンネル」と呼ばれる特殊機動が可能だという。

まあ此れでも対空砲やミサイルは
回避可能なのかだろうし
意味の有る物なのかどうかだが



http://www.geocities.jp/eaglet_f15/MILITARY/AH-1W_Z.htm
上を読む限り
AH-1Zの方がAH-64Dより上と言う事は
無いのかだが


戦車がステルス化されればレーダーは役に立つのかだろうし
赤外線センサーなら目標の識別迄
可能な訳だろうが
光学迷彩の様な物を利用される可能性も
有る訳だろうか


>AH-1Zの照準システムには第三世代のロッキードマーチン
>社製AN/AAQ-30ホークアイ目標照準システム(TSS)が搭載さ
>れた。これはAH-1WのNTSやAH-64AのTADS/PNVSなどの第一
>世代システムと比較して2倍の捕捉能力を持ち、AH-64Dの
>アローヘッドシステムをも超えると言われている。
>目標の探知、分類だけでなくAH-64Dに出来なかった目標の
>識別、認識も可能となっている。
>AH-64D等に搭載されるミリ波レーダーは進歩が激しいた
>め、あえてAH-1Zではレーダーを搭載しなかったのだが、
>これらの第三世代照準システムによりレーダー無しでも高
>い捕捉能力を得ることに成功した。

タイガー攻撃ヘリもレーダーは無いだろうが
同様の物は無いのかだが
打ち放し式のミリ波レーダー誘導ミサイルは
妨害されないなら欲しいかも知れぬが


目標の識別と言う点では赤外線センサーの方が上だろうし
レーダーを切ったSAM等を
先に殲滅すると言う事も
可能かも知れぬが


ヘリ型の攻撃UAVと言うのは
見ないが
何れ出て来るのだろうか


ロシアの様に機動性を増しても
ミサイルや機関砲に対抗出来るのかだろうし
脱出装置や衝突安全性・センサー性能を増すと言うのが
妥当な訳だろうか


AH-1Zの赤外線センサーと
ロングボウのレーダーの捜索範囲は
何れが広いのかだが
自衛隊のロングボウも全てレーダーを搭載する訳では
無い訳だろうし
レーダー搭載機以外はAH-1Zにすると言う様な
方向も有ったかも知れぬが


http://www.geocities.jp/eaglet_f15/MILITARY/STRYKER.htm
>IBD/Deisenroth Engineering社製の軽量セラミックス複合装甲パネルが溶着されているため、ある程度の防御力は持っている。
>14.5mmマシンガン程度なら完全に防ぐことが可能で、榴弾砲や迫撃砲弾の至近炸裂よる破片も防ぐ。オプションとして対RPG用に高密度セラミック複合装甲板パネルが存在するが、
>装備すると重量の大幅増加によりC-130による輸送が出来なくなる。

RPGを止める装甲車用の
セラミック装甲等が有るとは知らなかったが
柵の代わりにセラミック板を放して
付けるだけかも知れぬが
タンデム弾頭には対応可能なのか
どうかだが


http://www.geocities.jp/eaglet_f15/MILITARY/GEPARD.htm
オランダのゲパルトはXバンドレーダー装備と言うが
ステルスやミサイルに対抗は可能なのか
どうかだが


http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1158506475/
>TRDIの公開研究発表会の演目に「電磁懸架の研究」なんて
>もんがあるにょ
>油気圧じゃ応答が悪いからって事なんかすぃら?


FCS等は路外でも100km出ると言うし
この様な性能を出すには電磁的なサスペンション等が
必要と言う事かも知れぬが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/503-cf363c1a