FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

「中国大乱 その2」  

http://green.ap.teacup.com/kyusiro/510.html
>小生の立てた21世紀の五路侵攻作戦は
>①北朝鮮と中国東北部の朝鮮族が同時に蜂起して北京を目指す、
>②南京、上海などの長江デルタが独立を宣言する 
>③台湾が独立を宣言する 
>④香港を含む広東省および珠江デルタが独立を宣言する 
>⑤ ウイグル族とチベット族が連携して独立を宣言し、中央アジアのイスラム戦士の協力も得て独立闘争を展開する.

>この作戦によって、中国共産党王朝は完全に瓦解するであろう.すでに中国の外交は、機能不全に陥りつつある.

早期の台湾独立はリスクが有るかも知れぬし
軍を完全に上海閥が押さえているのでは無いなら
可也後と言う事は無いのかだが
インド軍のチベット独立支援や
ロシア軍の北京侵攻と言うのは無いのかどうかだが
ベトナム軍が越人地域に侵攻したり
トルコ軍がウイグルに侵攻する等も有るのかどうかだが


>自民党の二階、野中などの旧来の媚中派は、上海閥との繋がりが深かった.実は日本の親中派も一枚岩ではなく、上海閥派と北京閥派に分かれている.旧橋本派、経世会は上海閥派であり、福田総理や民主党は北京閥と繋がりが深い.

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112752031
まあしかし鳩山由紀夫・岡田・小沢も元経世会なら
上海閥=ロスチャイルド側と言う可能性は無いのかどうかだが
非ネオコン系の彼等は民主に逃げて
小渕や橋本の様に粛清されるのを
免れていたと言う可能性も有る訳だろうし
ネオコンが実質的に打倒されたから
民主に粛清を逃れて逃げていた
旧竹下派・経世会系の人間が
与党で復活すると言う事かも知れぬが


http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/06/200.html
竹下も米にやられたと言う意見も多いが
果たしてどうなのかだが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%8B%E7%99%BB#.E7.B7.8F.E7.90.86.E5.A4.A7.E8.87.A3.E9.80.80.E4.BB.BB.E5.BE.8C
>第42回総選挙期間中の同2000年6月19日、北里研究所病院にて膵臓癌、発表では脊椎変形症による呼吸不全のため死去、76歳没。

竹下も森の選挙中に死ぬ等と言うのは不可解だろうし
ネオコンが小泉を出す為に
森を脅したのでは無いのかどうかだが


http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/keiseikai.htm
>【竹下派七奉行】

>小渕恵三→重体

>梶山静六→引退表明

>橋本竜太郎→○

>小沢一郎→自由党党首(もはや影響力なし)

>羽田孜→民主党幹事長

>渡部恒三→衆議院副議長

>奥田敬和→死去

7奉行も今生き残っているのは3人だけだし
4人はネオコンにやられたと言う可能性も有るだろうし
民主に行った奥田敬和と言うのも
やられたと言う事は無いのかだろうし
石井紘基も経世会系である訳だろうか


民主分裂時には旧経世会系の人間は自民・鳩山新党に合流するかも知れぬし
左寄りに見える山岡も一応経世会系である訳だろうが
経世会系では無い菅や社民党系の人間は
分離されると言う事は無いのかどうかだが

石井一も経世会系だから
或いは潰されない可能性も有るかも知れぬし
生き残って公明を潰す可能性も
有る訳だろうか


http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/572.html
>津島派は、竹下登元首相が昭和62年、田中角栄元首相に反旗を翻し結成した竹下派(経世会)が源流。
>最大派閥として長く党内を支配してきた。
>だが平成13年に小泉純一郎政権が発足後は「反主流派」「抵抗勢力」として徹底的に叩かれ、往時の勢いを失ってしまった。(水内茂幸)

引退する津島もネオコン小泉蜂起後は粛清を恐れて
余り行動は起こさなかったと言う事かも知れぬが
後は鳩山邦夫が継ぐのかだが
当面は鳩山邦夫では無く
民主内部の経世会勢力が主導権を握る事に
成るのだろうか

二階・野中は経世会勢力だから
粛清は無いと言う事かも知れぬが


米がWW2を仕組んだ事が
ネオコン捜査等で割れた後
民主の旧社民党系・日教組系の人間は力を失い
次の選挙で落選と言う事に
成る訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/4692-04d1ebf5