FC2ブログ

Category

2020.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

イラン民主革命は欧米で暴動が起きれば頓挫しないのかだが 

破綻後のカリフォルニアで
移民や貧困層の暴動が起き
これをFEMAが武力で鎮圧し
欧州や米の他の地域にも暴動が拡大し
犠牲者が多数出る様な事が有れば
欧米は自由や民主主義を主導すると言う大義名分を
完全に失うかも知れぬし
この場合はイランで革命は成功するのかどうかだが
暴動が起きる前に改革派が政権を
掌握出来ればだろうし
日本が改革派を支援する可能性も有る訳だろうし
中国の民主勢力も日本が支援する可能性は
有る訳だろうし
中東の王政等も日本が民主勢力を支援して
打倒される可能性も有る訳だろうか


日本がイラン改革派を支援する場合は
イスラムの全否定には動かないかも知れぬし
宗教と自由の共存を上手く模索すると言う事に
成ると言う事かも知れぬが
各国が日本のシステムを真似て
象徴としての国王を軸とした民主化に移行する可能性も有るなら
中国・イラン等で王政復古は有るかも知れぬし
中東の王族も象徴としての存在に成り
生き延びる可能性は有るだろうか

日本主導の中東・中国の民主化
経済システムの変更と言うのが
ラビバトラの言う光は日本からと言う
意味かも知れぬが

バランスを欠いたシステムは長期に存続出来るのかだろうし
長期に存続出来ないシステムは
理屈の上では正義であるとしても
この世界では果たして正義なのかと言う事は
有る訳だろうか


宗教政治や民主主義も王政に比べたら
人間的では無いかも知れぬし
長持ちするシステムなのかだろうし
スペインや英も国王が居なければ分裂しているだろうが
中東に見られる様な王の独裁は問題である訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/4533-beea6fda