FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

オリオン座の赤色超巨星「ベテルギウス」に異変、15年間で15%縮小 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200906111853
> ベテルギウスに何が起きているのはまだ明らかとなっ
>ていないが急激な縮小は、超新星爆発の前触れではな
>いかとする見方もでている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A6%E3%82%B9
>ベテルギウスが超新星爆発を起こした際には地球にも若干の影響が出ると言われているが、地球から距離が離れすぎているためにガンマ線の威力は弱まり(地球からは640光年も離れている)、
>オゾン層が多少傷つく程度で惑星および生命体への影響はほとんどないと予測されている。ただし超新星爆発の際のガンマ線放出については近年では指向性があることが指摘されており、偶然地球方向を向いて爆発した際の地球への影響は未知数である。

ベテルギウスは既に爆発している可能性も有るだろうが
人類が大打撃を受ける可能性が有るなら
宇宙人が人類を助ける為に
コンタクトして来る可能性も有り得るだろうが
宇宙人の介入とは分からぬ形で助ける可能性も有る訳だろうか


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313237898
>極超新星になるかも可能性がある星は、近いところで、
>下記の星です。

>アルニラム オリオン座 1,340光年 40太陽質量
>ナオス とも座 1,399光年 59太陽質量
>OB2-12 はくちょう座 5,500光年 92太陽質量

この3つが爆発したら
人類は壊滅する可能性も有るだろうが
当面爆発はしないのかどうかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AC%E5%BA%A7VY
上等の太陽の質量の40倍の物が
5000光年先でハイパーノヴァ化すれば
アウトかも知れぬし
後1000年有るとしても果たして逃げられるのかどうかだが
1G航法なら1年有れば光速に到達は可能だろうし
物質転送機が有れば瞬時に光速移動は
可能である訳だろうか


http://www.astroarts.co.jp/news/2005/10/18supernova_mammoth/index-j.shtml
>研究グループによれば、超新星爆発で吹き飛ばされた
>ちりが、集まってかたまりとなり、太陽系に隕石の雨を降
>らせ、その一つが北アメリカ大陸を直撃したという。この
>隕石は密度こそ小さいものの、直径はなんと10キロメー
>トルと見積もられている。

イデオンで隕石が宇宙から地球に
大量に降って来ると言うのが有っただろうが
此れを想起させる訳だろうか
ソロシップのエンジンから隕石が生じたと言う様な
描写も有るだろうが
宇宙船のエンジンの出力が強力なら
現実にこの様な事が起き得ると言う事かも知れぬが


>爆発で放出されたちりが250光年移動するのにかかる時
>間は7000年と見積もられており、ちょうど3万4千年前の
>炭素14の増加やマンモスの牙の傷と一致する。

ベテルギウス爆発で隕石が生じても
此れの到達には可也時間は
掛かる訳だろうが
ハイパーノヴァの爆発なら
隕石も可也の量に成る危険は無いのか
どうかだが

コメント

ベテルギウスがハイパーノヴァに成ると言う意見も有るし
早急に1万光年程度先に逃げる必要は有るかも知れぬが
バザードラムジェット程度なら
100年も有れば作れ無いのかどうかだが
太陽系外の強力な宇宙線の
プラズマ等を利用した防御シールドの技術も
必要である訳だろうか

宇宙人が太陽系を1万光年先に転送したり
超新星の電磁波を物質転送機等を使って
他所に転送或いは
シールドで防御すると言う様な可能性も有るだろうが
彼等を以ってしても
其処迄出来るのかどうかだが

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/4490-386ab6c5