FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

シリーズ「三つの柱」その5 

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10268225117.html
>はっきり言って欧州諸国は、アメリカ式に厳格なストレ
>テストを行った場合、国がどこか飛んでしまうカタストロフ
>ィが発生しないか、心配になるほどデンジャラスな状況
>です。国のGDPの何倍もの対外資産を各国が抱え込ん
>でおり、その多くがアメリカ製証券化商品だったりするの
>で、まともに評価損の試算をした瞬間に、各国で銀行の
>債務超過が続発するのではないかと予想しているわけ
>です。(カリブのタックスヘイブンを含めると、アメリカ製証
>券化商品の七割以上は欧州金融機関が購入していま
>す。)
>IMFは、最新(09年4月)GFSRにおいて、欧州の不良債
>権額を(2010年までに)1兆1930億ドル(およそ100兆円)
>と予想しています。
>しかし、ドイツのシュタインブリュック財務相が自国の不
>良資産の概算を「8530億ユーロ(約108兆4300億円)」と
>言っている状況で、欧州全域の不良債権100兆円など、
>あり得ないだろう、というのが感想でした。
>また、イギリスにしても、すでに金融システム支援の総額
>が1兆4000億ポンド(約198兆円)に達しているのです。

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPnTK026980120090525
>総裁はこの後、フィンランドのテレビMTV3とのインタビューで、ストレステストは欧州では米国ほど有益ではないとの認識を示した。
>「ストレステストを欧州レベルで有意義なものにすることは格段に困難となるだろう」と述べ、欧州の銀行はリテールと投資銀行双方の業務を行っている場合が多いと指摘した。
>「こうしたストレステストに対して期待し過ぎないよう警告しておく。有益ではあるが、すべての問題解決にはつながらない可能性がある」と語った。

欧州の致命的な損失が発覚するのを
恐れてのストレステスト拒否では無いのかだろうし
英も結果は開示していない訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/4395-0eace8d4