FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

小沢一郎の米中との等距離外交と「在日米軍削減論」の真意を読み解く。民主党は「米国命」の外務・財務官僚が画策する米国債の購入を阻止せよ。 

http://blog.livedoor.jp/gold_7777/archives/51124062.html
>なお、一昨年秋、450人ほどを率いて訪中した小沢一
>郎は中国政府の下級官僚から「胡錦涛の子犬」という不
>名誉なあだ名をつけられたのであるが、数か月後、小沢
>一郎は「中国共産党はまもなく崩壊する」という爆弾発言
>を行った。今回のクリントン長官との会談でも「中国共産
>党の矛盾は激化し、表面化する」と断定しているから、
>「中国共産党がまもなく崩壊する」という認識を変えてい
>ないと見るべきだろう。

此れは小沢の認識と言うより
ロスチャイルドの予定と言う事では無いのかだが
鳩山由紀夫もチベット問題で中国を叩いて居たから
大連立後鳩山が民主の党首に成るなら
中国は分裂するかも知れぬが


>なお、来日中の中国共産党中央対外連絡部長王家瑞との会談では和やかな雰囲気で1時間10分も会談したという。

中国共産党も崩壊は不可避と言う事は認識しているかも知れぬし
中国分裂後の共産党幹部の処遇や
一部の日本への移住等に関して
ロスチャイルドの代理人小沢と話したと言う可能性は無いのかだが


>2月24日付け日本経済新聞は「小沢氏、米駐留、海軍
>で十分。在日基地の縮小示唆」と題する以下の記事を
>掲載した。

中露崩壊後米軍は1艦隊だけの駐留と成る事を
示唆していると言う事では無いのかだが


>自民党は、遠くない将来「紙切れ化する」米国債を大量
>につかまされる前に麻生内閣を総辞職させ、選挙管理
>内閣による衆議院解散に踏み切るべきだ。

まあこの程度しかドルが上がらないなら
麻生も100兆等の支援は拒否したかも知れぬし
宮内逮捕或いは中露独が崩壊する辺り迄しか
米は保たないと言う事かも知れぬが


>筆者はこれまで、「小沢一郎は中国共産党べったりの外交を行う危険があること、韓国人の秘書を抱え、永住外国人に対する地方参政権を付与する件につき積極的であること
>並びに部落解放同盟前中央書記長をネクスト法務副大臣に指名するなど、人権擁護法制定に前向きで、同和利権を復活する危険が高いこと」などを指摘してきた。
>現在でも、その危険は少しも減っていない。小沢一郎が政権を奪取すると、我が国の国益を大いに損なうと危惧している。

小沢は大連立後健康問題で引退するなら
鳩山由紀夫・邦夫の影響力が強く成るかも知れぬし
大連立なら民主の政策の全てが通る訳では
無い訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/3985-eb5da57f