FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

戦った者では無く上手く逃げた者が次の大きな進化のステージに進んでいるか 

まあ競争から上手く逃げた生物と言うのが
大きく進化していると言う事は有るかも知れぬし
魚は外骨格を捨てて逃げ足を速くした生物
両生類は沿岸に逃げ
爬虫類は陸地に逃げた者達と言う事かも知れぬし
鼠は昼の競争を避けて夜間に活動時間を移した者達
サルは地上の争いを避けて
木の上に逃げた者達と言う事かも知れぬし
人間は食糧難等で木から下りた猿の内
海辺に逃げた者の子孫かも知れぬし
其処から洞窟に逃げた者の子孫が進化したと言う可能性も有る訳だるおし
現代の人類でもユダヤは
一番逃げ隠れしている連中かも知れぬし
日本もユダヤや大陸の戦争から逃げてきた者の国であるなら
逃げに徹する事が生き残って次の進化を主導する鉄則であると言う事は無いのかだが


中東和平後ロスチャイルドが日本人をユダヤ人認定して
(中東和平前のユダヤ人認定は 
 日本とアラブの関係悪化を招くから
 日本が拒否していると言う意見も有る訳だろうか)
イスラエルからスファラディーが日本に逃げるかも知れぬし
ある予言に有る様に
イスラエル12氏族が全て日本に集結すると言う可能性も有る訳だろうが
其処から又逃げた者が次の進化に進めるのかも知れぬし
環境汚染やイエローストーン爆発等で地球がやられて
日本に居る人間が宇宙に逃げて
彼等が次の進化を担うと言う可能性も有る訳だろうか
(12氏族が真の約束の地=日本に集合した時
 次の進化のステージ=宇宙への扉が
 開くと言う事かも知れぬが)


D系統遺伝子がユダヤの遺伝子と言うなら
日本の4割はユダヤと言う事かも知れぬし
5000万のユダヤが日本に居ると言う事かも知れぬし
日本以外のユダヤ1400万より
多いと言う事かも知れぬし
日本以外のユダヤ1400万の内
真のユダヤであるスファラディーは何処迄
居るのかだが
(イスラエルでは500万の内スファラディーは半分程度だろうし
 米はスファラディーは更に少ないと言う事は
 無いのかだが)


http://en.wikipedia.org/wiki/File:Y-Haplogroups-1500AD-World-Map.png
ユダヤのE系統遺伝子は欧州にも結構有るが
モロッコやエチオピアの方が多いだろうが
此れはバビロン捕囚時にイスラエルから出来るだけ遠い所に
ユダヤが逃げようとした所為かも知れぬし
故に当時の世界の端であるモロッコやエチオピアに
ユダヤの遺伝子が多いと言う事かも知れぬし
東の果てに逃げようとした連中が
日本に辿り着いたと言う事かも知れぬが

モロッコに逃げたユダヤがイスラムのイベリア半島侵攻で
スペインに上陸し
此れがスファラディーと成り
後でスペインに追い出されて
ドイツに行った連中がロスチャイルドに成った訳だろうか

コメント

日本古代史を、もう情報公開してもいい時期なのか?

本物のユダヤ人は黄色人種であって
イエスキリストも浅黒い顔であったなんて研究結果もありますが
テレビの地上波も大新聞も取り上げませんね。

映画おくりびと
が、アカデミー賞をとりましたが
遺体を洗うのは、ユダヤ人の伝統風習によく似ている
と、映画評論家のアラン・シルバーマンさんは、はっきり
テレビで明言してます。

だから、ユダヤ系の人々は「おくりびと」にひきつけられるのです。
共通の何かがあるから


とも言ってます。

この指摘が、地上波のTBSテレビで
深夜のニュースで数十秒間流れた、だけでも進歩でしょう。

Re: 日本古代史を、もう情報公開してもいい時期なのか?

>本物のユダヤ人は黄色人種であって
>イエスキリストも浅黒い顔であったなんて研究結果も
>ありますが
>テレビの地上波も大新聞も取り上げませんね。

ユダヤのE系統遺伝子を持つ人間も
分類上はモンゴロイドでは無いだろうが
中東やモロッコに居る人間と同じ顔と言う事かも知れぬし
日本人のD系統遺伝子は
中東ユダヤのE系統よりモンゴロイド的であると言う事かも知れぬが
中東から逃げている間に形質が変化した可能性も
有る訳だろうか


>だから、ユダヤ系の人々は「おくりびと」にひきつけら
>れるのです。
>共通の何かがあるから

ロスチャイルドに拠る日本人のユダヤ認定が
もう直ぐ有ると言う事の伏線かも知れぬが
此れを今発表すると日本人がアラブ人に敵視され
原油輸入が阻害されるかも知れぬし
ハタミ・リブニ等に拠る中東和平達成後と言う可能性も
有る訳だろか

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/3976-77ba8f02